スポンサーリンク

並べて使える、ロゴス(LOGOS)の並ぶんデスクを実際に使用した感想

コンパクトに畳むことができ、背の高ロゴス(LOGOS)の並ぶんデスクを使用してみました。

背が高いので、バーベキューグリルやツーバーナーと並べて使えます。

並ぶんデスク

出典 : LOGOS

私はこの記事を書いて初めて「並ぶんデスク」という商品名を知ったのですが、何とも言えないネーミングセンスです。

ちょっとフフッとなってしまいました。

果たしてこれは「デスク」なのでしょうか。

とは言え、使い勝手はなかなか良いので、商品には満足しています。

スポンサーリンク

並ぶんデスクの基本情報

まずは簡単に製品仕様をご紹介します。

並ぶんデスクの製品仕様は次の通りです。

  • 総重量 : 約3.8kg
  • 使用時サイズ : 約80×40×70cm
  • 収納サイズ : 約80×40×3.5cm
  • 耐荷重目安(静止荷重) : 約40kg
  • 主素材 : [天板フレーム]アルミ
    [天板]プリント紙化粧合板(ウレタン樹脂塗装)
    [脚フレーム]スチール

重量は3.8kgしかないので、女性でも簡単に運ぶことができる軽さです。

フレームがアルミで作られており、天板もプリント紙化粧合板なのが軽い理由でしょう。

しかし、重量は3.8kgと比較的軽いですが、天板を折りたためないため、80cm×40cmがそのまま残ってしまいます。

後述しますが、これはメリットでもありデメリットでもあります。

耐荷重は40kgと十分です。

40kgあれば、通常の調理器具はもちろん、ダッチオーブンを置いても特に問題はありません。

しかし、熱には弱いので、熱せられたダッチオーブンを乗せることはできませんのでご注意ください。

(あくまで調理前のダッチオーブンに限ります。)

ただ、実際に使用すると、本体が軽いため本当に40kgも耐えられるのか不安になります。

アルミフレームなので、軽くて弱そうな見えるためです。

しかし、今まで使用して破損することはありませんでしたので、公式サイトで掲載しているとおり、40kgまで耐えられるのだと思います。

丁度いい高さで折り目がなく、料理に使いやすい

並ぶんデスクはバーベキューグリルに並べて使うことを目的としているため、立食に適した高さになっています。

立った状態でバーベキューをして、お皿やタレを置くのに適した高さです。

この高さが立って料理をするのに非常に適しています。

私は身長が180㎝弱あるので、低いテーブルだと非常に調理しにくく、困っていました。

しかし並ぶんデスクであれば、疲れずに調理することができます。

ツーバーナーとキッチンテーブル

写真の一番右が並ぶんデスクです。

一緒に写っているSOTOのハイパワー2バーナー、及びキッチンテーブルについてはこちらで紹介していますので、ご参考にしてください。

リンク : SOTOのカセット缶(CB缶)ツーバーナーを実際に使ってみた感想

リンク : ツーバーナースタンドはキッチンテーブル付きがおすすめ

なお、このテーブルには天板に折り目や溝がないので、切った野菜等が落ちることはありませんし、包丁が切りにくいということもありません。

折り目による高さや段差がない点は料理用テーブルとして使用する上で高ポイントです。

トマトや卵等、丸く転がりやすい食材を置く際に、折り目があると若干の傾斜ができ、転がりやすくなってしまうのです。

スポンサーリンク

折りたためないため、薄いがデカい

並ぶんデスクは折り目がなく料理がしやすい反面、折りたためないため収納時にも天板のサイズがそのまま残ってしまいます。

その代わり、折りたたまない分、収納サイズは薄くなっています。

持ち歩くことを考えると折りたためた方が良いですが、車への積載は薄いため空いた隙間に差し込むことができます。

ただし、縦長にスペースが空いていないと車には乗りづらいのが実態です。

正直、折りたためないより折りたためた方が良いですが、天板に折り目がつかないこととはトレードオフの関係なので、これは我慢するしかありません。

折り目がついてしまうと、どうしても天板が平らにならず、転がりやすい食材を調理するときに不便です。

調理することだけに機能を特化すると、こちらの観点では折り目があるより折り目がない方が便利です。

サイズは大きくて少し運びにくいですが、重量は軽いので、車にさえ載ってしまえばそれほど気にはならないと思います。

まとめ、感想

料理用テーブルにおすすめなロゴス(LOGOS)の並ぶんデスクをご紹介しました。

元々はバーベキューを想定して作られたテーブルですが、バーベキューの立食に適したサイズが、料理用テーブルに最適です。

また、並ぶんデスクには天板に折り目や溝がないので、料理がしやすいです。

その反面、折りたためない分収納サイズは薄く大きくなってしまい、少しだけ持ち運びが不便です。

とはいえ、並ぶんデスク自体は軽いのでそれほど気にならないと思います。

脚が収納できるようになっているので、個人的にはこれ以上折りたためるようにならなくても別に構わないかな、と思ってしまいます。

しかし、この商品名だけはどうしても少し気になってしまいます。笑

「並ぶんです」と繋がるので、デスクという単語はとても響きが良いのですが、やはりこれはテーブルだと思うんです。

機能が良いので何でも良いのですけどね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク