2018年10月一覧

100円均一や300円均一でキャンプ道具を揃える隠されたメリットとは?

キャンプに使える道具を100円均一や300円均一で買う人は多いと思います。均一ショップはコスパが抜群なのは言うまでもないですが、ただ値安くキャンプ道具が手に入るだけでなく、キャンプならではの楽しみがあります。今回はそんな楽しみについて書いてみました。

【無料キャンプ場】茨城県の道の駅かつら ふれあい広場の感想

茨城県の無料キャンプ場、道の駅かつら ふれあい広場に行ってきました。アクセス抜群で車の乗り入れが可能、更には徒歩圏内にコンビニまで有り、非常に使いやすいです。那珂川の美しい流れを見ながら無料でキャンプができる、素敵なキャンプ場です。

冬キャンプって何するの?冬キャンプの楽しみ方おすすめベスト3

冬キャンプって何するの?何が楽しいの?と聞かれることがあります。答えは人それぞれ違うと思いますが、私が冬キャンプでやること、楽しみにしていることをご紹介します。勝手ながらランキング形式で書いていきますので、ご参考にしてください。

安定力の高いスノーピークの焚き火ツールハンガーの魅力!

ランタンハンガーとして人気の高い、スノーピークの焚き火ツールハンガーを購入しました。パイルドライバーとセットで買いましたが、相性は抜群です。巻きつく蔦のような構造で安定性も高いので、キャノピーポール等に取り付けるランタンハンガーとしてもおすすめです。

耐熱・高耐久!100均のステンレス皿がキャンプに便利!

キャンプで最もよく使うお皿は、100円均一のダイソーで買ったステンレスのお皿です。工夫もデザインも何もないシンプルなお皿ですが、その分耐久性も高く、雑に扱っても問題ありません。元々100円しかしないので、壊れても痛くない、というのもメリットの一つです。

LOGOSのインフレートまくらとcolemanのインフレーターピローを比較!

自動で空気が入るキャンプ用枕として人気の、コールマン(coleman)のインフレーターピローⅡとロゴス(LOGOS)のインフレートまくらを比較しました。私は両方持っているので、実際に使用した感想も含めてどちらがおすすめか、ブログに書いていきます。

【ロースタイル】キャンプのミニテーブルはあればあるほど便利!

ロースタイルのキャンプはチェアに深く座るため、立ち上がるのが面倒になります。そのため、手の届く場所にミニテーブルがあると非常に便利です。ロースタイルのキャンプを満喫するためには、ミニテーブルは最低でも一人一個、できれば一人二個欲しいところです。