スポンサーリンク

【無料キャンプ場】巾着田はバーベキューも川遊びもできる!【ブログ】

埼玉県日高市にある無料キャンプ場、巾着田に行ってきました。

利用料は無料と言っても、駐車料金という形で若干お金がかかりますが、トイレや炊事場は綺麗なので破格です。

公共交通機関や自転車キャンプ、知人の送迎等で来れば完全無料でキャンプを楽しむこともできます。

巾着田の様子①

埼玉県にはいくつか有名な無料キャンプ場がありますが、寄居町にあるかわせみ河原、児玉郡にある神川ゆ〜ゆ〜ランド(かんなの湯の裏)と並んで有名な無料キャンプ場です。

個人的には巾着田は広々としていて景色も良く、他の埼玉県の無料キャンプ場よりも気持ち良かったです。

無料キャンプ場でありながら、お風呂に入れるかんなの湯も魅力ではありますが・・・。

リンク : 【無料キャンプ場】埼玉県寄居町のかわせみ河原に行ってみた感想

リンク : 【無料キャンプ場】かんなの湯の裏、神川ゆ〜ゆ〜ランドの様子と感想

スポンサーリンク

巾着田の基本情報

まずは巾着田の基本的な情報を書いていきます。

一時期だけキャンプができない期間がありますが、冬でもキャンプができるのは魅力ですね。

川沿いの静かな眺めが魅力のキャンプ場なので、冬の方が楽しめるかもしれません。

住所 埼玉県日高市大字高麗本郷125-2
営業期間 曼珠沙華の時期(9月〜10月中旬)、年末年始(12月28日〜1月3日)を除く、通年
利用料 無料
駐車料金
  • 大型バス : 3,000円
  • 車 : 500円
  • バイク : 100円

※夜中0時を過ぎると同額が追加料金として発生

トイレ 綺麗
その他 直火、ドローンは禁止。

利用料は無料ですが、駐車料金がかかります。

自転車でキャンプを楽しんでいる方もいましたが、その場合は駐車料金はかかりませんので、完全無料になります。

巾着田の駐車場

また、近くにはコンビニ(セブンイレブン)があります

少し遠いですが、10分程度歩けば徒歩でも行ける範囲ですので、忘れ物やちょっとした買い足しに便利です。

実際に私はキャンプの最中、酔い覚ましも兼ねて2回ほどコンビニまで歩きました。

※営業情報等は予告なく変更されている場合がありますので、行く前に必ず公式サイトや市役所等でご確認ください。

駐車料金が1日車で500円、バイクで100円発生

利用料は無料ですが、駐車料金が車で500円、バイクで100円かかります。

これは24時間あたりではなく、駐車から夜中0時までの料金になります。

つまり、一泊二日でキャンプをするのであれば、車で1,000円、バイクで200円かかります。

仮に23時から車を停めはじめたとしても、1時間足らずで料金が追加されることになります。

巾着田の駐車料金

だからと言って格安なので、どこかで待機して時間調整するような必要もないでしょう。

最初から、一泊二日のキャンプは駐車料金は車で1,000円、バイクで200円と考えておきましょう。

曼珠沙華(彼岸花)の時期はキャンプ禁止

巾着田と言えばキャンプ場!・・・と言うのはキャンパーのみで、一般的には曼珠沙華で有名な場所です。

曼珠沙華とは彼岸花のことなので、9月〜10月頃に見頃を迎えます。

そのため、その時期はキャンプ禁止となりますのでご注意ください。

音楽ガンガンでバーベキューなんてやられたら曼珠沙華の雰囲気が崩れるので、当然と言えば当然です。

某キャンプ場のように、3人以上のキャンプ禁止!とかにすれば良いかもしれませんが、無料キャンプ場なので管理面で現実的ではないですね。

なお、公式サイトには9月1日〜10月中旬と書いてあり、実際は曼珠沙華の咲き具合によって前後します。

キャンプ解禁のお知らせも公式サイトで行われるので、要チェックです。

静かさを楽しみたいキャンパーの方は、まさに解禁後から本番ですね。

また、年末年始(12月28日〜1月3日)もキャンプはできません。

いざ行ってみて使えないのは非常に悲しいので、予め営業情報はチェックしておくようにしまきょう。

トイレや炊事場も綺麗で快適!

巾着田は利用料無料のキャンプ場でありながら、設備はなかなかに綺麗です。

巾着田のトイレ

もちろん、ウォシュレット付き温便座!というわけにはいきませんが、どこも清掃が行き届いており清潔です。

ドアは締め切りではないので虫は入ってきてしまいますが、都会に近いキャンプ場なので大した虫はいないのでご安心ください。

もちろん蛾やクモのようなどこにでもいる虫はいますが、量もそれほど多くありません。

普通のキャンプ場が大丈夫な人であれば、まず問題ないでしょう。

また、トイレに併設して炊事場もあり、こちらもとても綺麗に整備されています。

炊事場は少し奥まった場所で暗いですが、ちゃんと電気がついているので問題ありません。

ただし、炊事場は片方に3つずつしかないので、大変混雑します。

チェックアウト時間が分散するのが不幸中の幸いですが、キャンプ場自体がとても広いので、明らかに炊事場の数が足りません。

上手く炊事場が使えても、後ろで順番待ちしている人も多いので、少し忙しないです。

個人的には夜のうちにある程度洗っておき、残りは家に持ち帰ってから洗うのも選択肢の一つだと思います。

リンク : キャンプの面倒な洗い物は、折りたたみバケツで家に持ち帰ろう!【ブログ】

スポンサーリンク

デイキャンプやバーベキューも多く、混雑する

巾着田はキャンプができる河原ではありますが、日帰りのバーベキュー場としても利用できます。

宿泊していくキャンパーも多いですが、デイキャンプをしたり、タープだけ張ってバーベキューをする人も多いです。

そのため、昼と夜の混雑具合はだいぶ違います。

巾着田の様子②

昼は混雑して騒がしくても、夜になると皆帰って静かになる場所もあります。

そのため、サイトの場所はタープだけ張っている人が左右にいる場所が狙い目です。

タープだけ張っている人は日帰りの可能性が高いので、夜になるといなくなることが多いです。

明らかにバーベキューをしに来ているようなグループのところも、夜はいなくなるのでおすすめです。

(昼の間は騒がしい可能性がありますが。。)

おすすめの場所は奥側

上述のように、左右がデイキャンプやバーベキューっぽい場所は、夜に静かになるのでおすすめです。

また、その他には、駐車場から少し離れた奥側が比較的空いています。

巾着田は川沿いに長くテントが張れるスペースが伸びているので、行こうと思えば結構奥まで行くことができます。

ただし、奥に行けば行くほど駐車場から離れることになるので、荷物を持って歩かなければなりません。

そのため、ほとんどの人が手前の駐車場近くにテントを張り、奥側には行きません。

しかし、荷物を持って歩かなければならないのは自分も同じなので、もし奥側にテントを張りたいのであれば、荷物を最小限にするか、キャリーワゴンで運ぶことをおすすめします。

キャリーワゴンなしで駐車場から全ての荷物を運ぶのは結構大変です。

特に少人数でキャンプをする場合は手分けして運ぶこともできないので、キャリーワゴンの有無で大変さが大きく変わります。

スポンサーリンク

感想、まとめ。無料とは思えない快適なキャンプ場!

埼玉県にある代表的な無料キャンプ場、巾着田へ行ってきました。

巾着田は若干駐車料金がかかりますが、その分トイレ等の設備も綺麗で快適です。

また、公園内には自動販売機があり、少し歩くだけでセブンイレブンに行くことができます。

忘れ物をした場合はもちろん、ちょっとした食材やお酒、氷等を買い足すことも可能です。

河原なので、バーベキューで盛り上がる雰囲気も良いですが、眺めがなかなか良いので静かな冬キャンプも楽しめると思います。

私も別の季節に、また行ってみたいと思います。

なお、関東近辺の無料キャンプ場はこちらでご紹介していますので、ご参考にしてください。

リンク : 東京近郊(埼玉・群馬・山梨・静岡・長野、他)の無料キャンプ場を紹介!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク