スポンサーリンク

キャンプの面倒な洗い物は、折りたたみバケツで家に持ち帰ろう!【ブログ】

楽しいキャンプをした後に必ず待ち受けているのが片付け(撤収)です。

子供が積み木で遊んだ後に片付けをしなければならないように、大人も片付けをしなければなりません。

その中でも一つ面倒なのが、食器類の洗い物です。

洗い物は必ずやらなければならない事の一つですが、天気が悪くて乾きにくかったり、冬季でお湯が出なかったりすると、非常に苦労する場合があります。

そんな時、汚れた食器を家に持ち帰ってゆっくり洗うというのも選択肢の一つであることを覚えておいてください。

家でキャンプ道具を洗う様子

スポンサーリンク

キャンプの洗い物は大変!

キャンプにおいて、食事はメインイベントの一つです。

ついつい色々な調理器具を出したくなりますし、可愛い食器を使いたくなります。

しかし、後で待っているのは面倒な洗い物

使いたい調理器具はあるけど、洗い物が面倒だから使わない、なんてこともあります。

食器洗いは面倒ですが、使ったものは片付けなければならないのは使命です。

それは大人になっても変わりません。

その中でも特に食器洗いが面倒なのが、以下の条件に当てはまる時です。

  1. チェックアウトまでの時間がない時
  2. 炊事場が混み合ってて使えない時
  3. 冬キャンプでお湯が出ない時
  4. 天気が悪くて食器が乾かない時

広い炊事場で、時間にも余裕があって、ハンギングドライネットでゆっくり乾かす時間がある場合は、洗い物もそこまで苦ではありません。

※ハンギングドライネットとは食器類を吊るして乾かすことができるコールマンのギアです。

リンク : 洗い物の乾燥に!コールマンのハンギングドライネットで食器を乾かそう

しかし、天気が悪い時はキッチンペーパーやタオルで水分を拭きとらなければいけないですし、チェックアウト時間が迫っている時にはそんな余裕はありません。

そのような場合の時は、無理にその場で洗おうとせず、家に持って帰ってからゆっくり洗うのも一つの選択肢です。

折りたたみバケツ(洗い物カゴ)に入れて、家で洗うという選択

時と場合によりますが、先程ご紹介したような環境の時は、一度家に帰ってからゆっくり洗った方が良い場合もあります。

しかし、持ち帰ると言っても、そのままビニール袋に入れて持ち帰るのはあまりお勧めできません

ビニール袋は密封できないので、車の揺れ等で倒れた時に油や水等が車に溢れ、車が汚れる可能性があるからです。

なお、家に持ち帰って洗う場合でも、家庭で水桶に食器を突っ込んでおくように、まずは簡単に汚れを落としておく方が良いです。

これをするだけでも、家で洗う時の負担は大きく軽減します。

欲を言えば、水につけた状態で持って帰りたいとさえ思っています。

そこで私が購入したのが、シリコン製の折りたたみコンテナです。

蓋付きなので密閉でき、中に水を入れても問題ありません。

蓋付きのシリコンコンテナ

コンテナ型なのでビニール袋と違い、そう簡単には真横に倒れることはありません。

上から他のギアを乗せて積み込めば、さらに安定感が増します。

また、シリコンボックスなので完全に平らになるように折りたたむことができますので、持ち運びにも最適です。

折りたたんだ状態の洗い物カゴ

しかし、このシリコンボックス、私はアウトドアショップのワイルドワンで購入したのですが、インターネットで探したところ、楽天市場やamazonにも同じ商品は売っておらず、こちらの通販サイトでしか手に入りませんでした。

上記の通販サイトは少し割高になっており、ワイルドワンで約2,000円で売っていたものが、こちらでは約3,000円です。

どうしても欲しい場合はこちらで買っても良いですが、急がないのであればワイルドワンの店舗に行くことをおすすめします。

(ワイルドワンがない地域の方はすみません。また、取り扱いがない店舗もございます。)

とは言え、洗い物を入れて持って帰る、という発想は他のアウトドアメーカーにもあり、類似品はたくさん販売されています

個人的にコスパが良さそうと考えたのが、ロゴスのアクアFDバケツか、キャプテンスタッグのベンチャーバケツです。

ロゴスのアクアFDバケツは写真で見ると蓋がないように見えますが、蓋の半分が透明になっているだけで、しっかりと閉まります。

また、キャプテンスタッグのベンチャーバケツは10Lと20Lがあり、大容量なら20Lが良いでしょう。

私が使用しているコンテナが16.5Lなので、それよりも大きいサイズです。

16.5Lを使っている感想としては、もう少し大きい方がいいと思っているので、買うなら20Lの方がおすすめです。

蓋はチャックで閉まるタイプなので、並々水を入れると溢れる可能性があります。

まぁ、コンテナ型だったとしても、水を入れすぎると溢れる可能性があるのは同じです。

これらのバケツは見た目よりバランスが良いので、途中で倒れることは考えにくいと思います。

さすが、よく考えられていますね。

しかし、バケツ型とコンテナ型との違いは、コンテナ型は上に物を乗せられるのに対し、バケツ型は乗せられません。

収納時に嵩張らないのはバケツ型の方なので、好みに合わせて選ぶのが良いでしょう。

(あとお洒落なのもバケツ型です。)

なお、食器を洗う洗剤についてはこちらでまとめていますので、参考にしていただけると幸いです。

リンク : キャンプで使う洗剤と容器!環境に配慮しながら百円均一を有効活用!

スポンサーリンク

折りたたみバケツ(洗い物カゴ)は蓋付きにしよう

折りたたみバケツはアウトドアメーカー以外にも色々なものが発売されていますが、必ず蓋付きのものにするようにしましょう。

水をたくさん入れて車に積み込むことはないですが、濡れた食器をそのまま入れるので、少なからず水は入ります。

また、あえて少しだけ水を入れて、車の振動で水をかけるということもできます。

食器についた食べ物の汚れは完全に乾くと落とすのが大変になるので、水がパシャパシャとかかるだけでも効果があります。

蓋があれば、車の振動で飛ぶ水しぶきくらいでは漏れることはまずありません。

キャンプ道具を洗い物カゴに入れた様子

そもそも少量の水が、車の振動だけでバケツの天井まで跳ねることはそうそうありません。

もし蓋を閉めても水が漏れるようであれば、それは水の入れすぎです。

水は全く入れないか、入れても1〜2cm程度が無難です。

それでも、油汚れの激しいものを下の方に置いておけば、家に帰って洗うときに楽さが全く変わります。

ただし、蓋付きのものであっても、水が入った状態で倒れてしまうと、当然水は漏れてしまいます。

そのため、車に積み込む際は倒れないような工夫が必要です。

基本的には車の端、角に当たる場所に置いて、安定性の高いボックスで挟む等の対応が必要です。

運転の荒さや積み込みの上手さも人それぞれなので断言はできませんが、蓋をした状態の洗い物カゴから水がこぼれたという話は聞いたことはありません。

まとめ。時間がない時や天気が悪い時は食器を持ち帰ることも考えよう

キャンプ道具は必ずその場で洗わなければならないわけではありません。

家に持ち帰って洗うことも選択肢の一つです。

特に天気が悪い時、時間がない時などは無理する必要はありません。

そういう時は大人しく家に持ち帰ることで、撤収の負担は大きく軽減されます。

なお、使った食器類を家に持ち帰る時は、専用のバケツ(洗い物カゴ)を用意するようにしましょう。

ビニール袋で代用したり、他のボックスと兼用することはあまりおすすめできません。

最低でも水を入れる必要がありますし、油汚れ等でボックス全体が汚れるからです。

ハードクーラーボックスであれば代用が効くかもしれませんが、大きすぎるとボックス自体を洗うのが大変です。

大きなハードクーラーボックスを家の流しに置くのはなかなか大変ですからね。

そのため、洗い物を持ち帰るのには基本的にはバケツやコンテナ型の専用の洗い物カゴを使用することをおすすめします。

洗い物用のカゴには使った食器類を次から次へと入れておくこともできるので、一つ持っておくと非常に使い勝手が良いですよ。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク