スポンサーリンク

東京都心から約1時間!森のまきばオートキャンプ場の感想【ブログ】

千葉県にある森のまきばオートキャンプ場に行ってきました。

都心から非常にアクセスが良いにもかかわらず、広大な土地でキャンプできるのが魅力です。

まさに、「都会の喧騒を忘れて」という表現がぴったりのキャンプ場です。

まきばの森オートキャンプ場①

スポンサーリンク

森のまきばオートキャンプ場の営業情報

森のまきばオートキャンプ場は千葉県の袖ヶ浦市にあります。

東京湾アクアラインを降りて少し走ったところなので、東京近郊からのアクセスも良好です。

ICを降りた直後はスーパーがありますが、少し進むと一気に田舎になります。

そのため、ICを降りたらまずスーパーを探して買い物を済ませてしまいましょう

なお、営業情報は次のとおりです。

住所 千葉県袖ヶ浦市林562-1-3
電話 0438-75-2966
サイト フリーサイト、AC電源サイト
通常料金 ソロ:2,200円、2名:4,300円、3〜5名:5,400円
連休等料金 ソロ:2,800円、2名:5,300円、3〜5名:6,400円
チェックイン 10:00〜
チェックアウト 〜17:00
その他 ペット、バイク別料金。

ドッグラン有(有料)。

チェックインが早くてチェックアウトが遅いので、チェックアウトの日は丸一日ゆっくりできます。

フリーサイトならではの嬉しい時間設定ですね。

森のまきばオートキャンプ場②

※営業情報は変更されている可能性がありますので、行く前に必ず公式サイトでご確認ください。

首都高・東京湾アクアラインが大混雑するので、結局3時間くらいはかかる

都心から1時間!というのが魅力のキャンプ場ですが、これは東京湾アクアラインを渋滞なく走った場合です。

東京・埼玉・神奈川の多くの地域では土曜の朝は首都高やアクアラインで物凄い渋滞に巻き込まれ、結局3時間くらいはかかります。

私は東京と埼玉の県境あたりに住んでいますが、結局3時間半かかりました。

特に首都高の渋滞は神経使うので、行くだけでどっと疲れましたね。

チェックアウトも17:00までと遅く設定されていますが、渋滞に巻き込まれるのが嫌で12:00前には出てきました

早い時間に出発したため、帰りは1時間強で帰ることができたので、非常に快適でした。

物理的な距離は近く、アクセスが良いのは事実ですが、東京湾アクアラインを通る方は結局とてつもない渋滞に巻き込まれるので、その点は覚悟しておきましょう。

広大な牧場でのどかなキャンプができる!

森のまきばオートキャンプ場の最大の魅力は、元々牧場だったと思われる広大な土地でキャンプができることです。

遠くには牛乳を貯蔵するタンクがあったり、実際に受付付近では羊を飼っていたりと、牧歌的な雰囲気が漂うキャンプ場です。

森のまきばオートキャンプ場の羊

都会から近い場所にありますが、サイトからビルや建物が見えるという事は一切ありません。

キャンプ場に入ったら一気に牧場の世界に引き込まれ、まるで北海道に来たかのような感覚にしてくれます。(少し大げさですが。笑)

また、サイトは完全フリーサイトで広々しているので、冬などのオフシーズンであれば周りを気にせずのどかなキャンプができます。

ただし、森のまきばオートキャンプ場は非常に人気のキャンプ場なので、夏季は大変混雑します。

フリーサイトのため、隣との距離は物凄く近くなる可能性があります。

夏の牧場も魅力的ですが、やはりこういった人気のキャンプ場はオフシーズンの方がおすすめです。

スポンサーリンク

施設も比較的綺麗に整備されている

森のまきばオートキャンプ場は極力人の手を加えない、自然を残したキャンプ場です。

そのため、充実した設備がある、とまでは言い難いです。

しかし、必要最低限の設備がそれなりに綺麗に整備されており、こちらの方が「まきば」という感覚には適していると思います。

トイレは水洗温座便器。ウォシュレットはなし。

非常に広いキャンプ場なので、トイレは複数箇所に設置されています。

男性専用の小便器の他、男女別に洋式トイレが備えられています。

まきばの森オートキャンプ場のトイレ

トイレは温座便器となっており、冬でも快適に使用することができますが、ウォッシュレットはありません。

完全個室なので比較的虫は少ないですが、どうしてもドアの開閉のタイミングで入ってきてしまいます。

こればかりは、キャンプ場なので我慢するしかないでしょう。

炊事場はお湯も出るが限定的

炊事場もトイレ同様、複数箇所に設置されています。

炊事場には7〜8個の蛇口がついていますが、お湯が出るのはそのうち2つだけです。

(全ての炊事場を使ったわけではないので、全ての炊事場で同じかどうかは分かりません。)

トイレから出て手を洗うくらいなら良いですが、冬季に洗い物をするのであればお湯の出るところを使いたいと考えるのは当然です。

そのため、蛇口が沢山あるのにもかかわらず、結局お湯の出る蛇口に人が集中してしまいます。

お湯が出ないキャンプ場も多いので、あまり贅沢は言えないですが、「蛇口からお湯が出ること」をキャンプ場探しの条件にしている方は注意が必要です。

まとめ。千葉方面でのびのびキャンプしたい方はおすすめ!

色々と書きましたが、森のまきばオートキャンプ場は総合的に素晴らしいキャンプ場です。

私は渋滞が大嫌いなので出発時間等は再考する必要がありますが、特に栃木・茨城・千葉あたりから来られる方は、大きな渋滞にも巻き込まれないと思うのでおすすめです。

森のまきばオートキャンプ場③

森のまきばオートキャンプ場は非常に「牧場感」の強いキャンプ場で、あまり他のキャンプ場では味わえない雰囲気です。

これまで色々なキャンプ場に行ってきた方も、一度行ってみる価値はあると思います。

次はもっと人の少ない冬のシーズンに、バイクで来てみようかなと思います。

雰囲気的にもバイクと相性がいいキャンプ場ですので、ライダーの皆様もぜひ。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク