スポンサーリンク

冬キャンプは鍋が美味い!鍋に適した愛用おすすめギアを紹介!【ブログ】

キャンプに限らず、冬と言えば鍋、というイメージは世の中に広く浸透していると思います。

寒い中で温かい鍋を食べるのは美味しい」ということは、一般的にも広く受け入れられていることです。

まさに「マッチポンプ」というやつです。

もっともっと寒い冬キャンプで温かい鍋を食べたら美味しくないはずがないですよね。

そこで、今回は私が愛用している鍋セットと冬鍋のすすめをご紹介します。

スポンサーリンク

炭火で保温しながら、皆で鍋を囲もう

家の中での鍋というと、カセットコンロを思い浮かべる方が多いのではないでしょうか。

カセットコンロはアウトドアの場でも使えるのですが、一般的なCB缶は低温に弱く、冬キャンプでは使えない場合が多いです。

ホワイトガソリンのギアか、アルコール燃料を使うギアであれば問題なく使用できます。

しかし、冬キャンプで火を使うのであれば、どうせなら一緒に暖も取りたいです。

そこで、個人的には保温もできてその後の焚火もできる炭火がおすすめです。

炭火だけでも十分暖かいので、皆で囲って暖をとりながら鍋をつつきます。

もちろん、鍋を食べ終わったら焚き火の開始です。

囲炉裏テーブルと鍋

グリルと焚火台を兼用できるものであれば、そのままの流れで焚火を始めることができます。

私はロゴスの囲炉裏テーブル、ピラミッドグリル、クワトロポッドを使っています。

すべてロゴスから発売されており、揃えやすいのもメリットですね。

リンク : 囲炉裏スタイルのキャンプの始め方。必要な道具とおすすめギア!

トライポッドを使う場合は、安定性の高い鍋を使おう

炭火で鍋をする場合、トライポッドを使用することをおすすめします。

鍋を吊るす高さを変えることによって、容易に火力調節ができるからです。

具を入れた直後は鍋の高さを低くし、高火力で調理をします。

そして、ある程度沸騰してきたら火から遠ざけ、保温状態に入ります。

トライポッドを使用すれば、そういった細かい調整が可能となります。

しかし、汁物を吊るすということは、鍋にはある程度の安定性が求められます。

特に取っ手の部分が動いてしまうと、具材を盛り付ける時にとても不便です。

取っ手がぷらぷらと動く場合は鍋本体を抑えなければこぼれてしまうわけですが、鍋本体はかなりの高温になりますし、おたまですくったスープが手にかかったりすると火傷の恐れがあります。

そのため、中身が偏りやすい汁物をする場合、取っ手の部分に動かないような工夫がされていることが重要です。

プリムスのステンレスポットの取っ手

個人的に愛用しているのはprimus(プリムス)のステンレスポットです。

このステンレスポットはまさに鍋をするためにあるんじゃないかと思うくらい、鍋をするのに適しています

サイズも4~5人の鍋にぴったりで、みんなで鍋をつつくことができます。

底も深いので、骨付きの肉を入れることも可能です。

様々な種類の鍋料理に適しているので、グルキャン用の鍋をお探しの方はぜひ検討してみてはいかがでしょうか。

リンク : トライポッドに相性抜群なPRIMUS(プリムス)のステンレスポット

スポンサーリンク

冬にはピリ辛のキムチ鍋がおすすめ!

寒い冬キャンプには、やはり辛い鍋がおすすめです。

夏のキャンプでは絶対やらないような辛い鍋でも、寒い冬には格別です。

少し汗ばむくらいの辛い鍋は、冷えた体を芯から温めてくれます。

私はそこまで辛い鍋ではないですが、よくピリ辛くらいのキムチ鍋をやります。

作り方はとても簡単で、キムチ鍋の素に本物のキムチを入れ、肉やら野菜やらウィンナーやらを詰め込み、多めのスープと一緒に煮込むだけです。

コツはスープを多めに用意することです。

スープが体に染みるので、ついつい飲んでしまい、気づいたらなくなってることがあります。

エバラキムチ鍋の素

画像出典 : エバラ食品

そして、最後の締めにおすすめなのは増水です。

残りの汁にお米とといた卵を入れ、再加熱します。

これがまた美味しくて、汁が完全になくなるまで食べてしまうことがあるほどです。

お米は鍋の横で飯盒炊爨をしても良いですが、インスタントライスでも十分です。

湯せんで温めたらそのまま鍋と共に入れるだけで完成なので、とても手軽です。

まとめ。寒い冬キャンプに汁物は最強の組み合わせ!

寒い中での鍋が美味しいのは、やはり汁物であるという点が大きいと思います。

汁物は暖かさが長続きしやすいですし、食べた時に体の芯から温まる実感を得ることができます。

同じくスープがある食べ物でも、ラーメンやうどん等と違うのは、ゆっくり食べることができる点と、皆でワイワイつつきながら食べることができる点です。

麺は放っておくと伸びてしまうので、あまりゆっくり食べている時間はありません。

暖かいものや汁物が美味しいというのは、冬キャンプの醍醐味でもありますので、ぜひキャンプで挑戦してみてください。

電源サイトであれば、IHを使うのもアリだと思います。

その手軽さと美味しさは癖になること間違いないでしょう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク