冬キャンプ一覧

サーカスtc(Circus-tc)で雪中キャンプに挑戦してみた【ブログ】

テントマークのサーカスtcで、湖も凍る群馬県の赤城湖(大沼)で雪中キャンプをしてきました。コットン混紡で暖かいサーカスtcですが、-10℃を下回る環境下でもキャンプできるのでしょうか。色々と反省点も多かったので、その記録を綴っていきます。

レインボーストーブのガラスが食べ物・飲み物で汚れた時の落とし方

レインボーストーブは美しい七色の炎が魅力的なストーブです。対流型ストーブのため、上に食べ物や飲み物を乗せると過熱・保温ができるのですが、うっかりガラス面を汚してしまうことがあります。そんな時は強くこすらず、激落ちくんを使って汚れを取りましょう。

スノーピークのギガパワーガス プロイソを極寒の雪山で使ってみた

スノーピークから発売されている寒冷地対応のOD缶、「ギガパワーガス プロイソ」を使ってみました。外気温-10℃を下回る雪山でしたが、プロパンとイソブタン混合のギガパワーガスは問題なく点火できました。しかし、連続使用時には注意が必要です。

冬キャンプの楽しみ方!冬キャンプには夏では味わえない魅力がある!

冬にキャンプをしていると、何故こんな寒い時期にわざわざキャンプをするの?と聞かれます。しかし、冬キャンプには、夏では味わえない魅力がたくさんあります。人が少ない静かなキャンプ場、美しい星空、温かいスープなど、その魅力は語りつくせません。

ウェットスーツ生地で気持ちいい、ロゴスのやわらかソフト湯たんぽ!

冬キャンプの防寒アイテムとして、ロゴス(LOGOS)のやわらかソフト湯たんぽを買ってみました。ウェットスーツ生地で肌触りが良く、保温力も高い高機能ギアです。1リットルなので容量が少し小さいですが、裏を返せば、持ち運びに便利でアウトドアに最適です。

電源サイトを活用して、キャンプでIHを使った電気鍋をやってみた

キャンプ場の電源サイトを使って、IH鍋をやってみました。まだグリルを持っていない人等で、電源サイトを使って冬キャンプをする場合、寒さに弱いCB缶を使用するより、IH鍋の方が安定します。なお、電源サイトを使用する方は、アンペア数にはご注意ください。

冬キャンプの防寒対策に直火可能なマルカの湯たんぽがおすすめ!

湯たんぽには様々な種類がありますが、冬キャンプで使う場合は直火可能なものが便利です。屋外で湯たんぽを使う場合は室内より冷めやすく、何度か加熱する必要があるためです。直火可能であればお湯を交換する必要がなく、そのまま石油ストーブや薪ストーブに置けます。

冬キャンプは鍋が美味い!鍋に適した愛用おすすめギアを紹介!【ブログ】

冬キャンプには鍋料理がおすすめです。特にピリ辛なキムチ鍋等は、冷えた体を芯から温めてくれます。クワトロポッドに鍋を吊るし、炭火で保温しながらゆっくり食べていきます。まさにマッチポンプですが、寒い中で温かい汁物を食べるのは本当に格別です。

防水・防寒!ワークマンでキャンプ・アウトドア用の格安ブーツを購入

キャンプやアウトドアで活躍する防水・防寒ブーツをワークマンで購入しました。4cmの高さの水まで耐えられる機能性とフリース素材による防寒性能を備えているにもかかわらず、値段も格安です。普段使いも可能なデザインで、アウトドア用シューズとしておすすめです。

操作方法不明な格安一酸化炭素検知器、TEC-COLAMPを買ってみた

冬キャンプで暖房器具を使う上で心配なのが一酸化炭素中毒。格安一酸化炭素濃度チェッカー、TEC-COLAMPを購入しましたが、説明書が英語なのでよく分かりません。簡単な使い方を書きますが、やはり多少高くても安心できるものを買う方がおすすめです。