スポンサーリンク

船をレンタルして東京都内をクルージングしてみた

今回は船をレンタルし、東京都心でお花見クルージングをしてみました。

お花見・・・の季節は過ぎてしまいましたが、まぁお酒が飲めればそれで良しとしましょう。笑

船の上でビール

なお、レンタルしたのは私でもなければ、私は免許を持っていないので運転することもできませんので、詳しいやり方等にはお答えできない場合があります

ノウハウ的なものはあまり書けませんが、ブログなので感想を書いていこうと思います。

スポンサーリンク

スカイツリーも!都心を一周

クルージングというと豪勢な船を思い浮かべるかもしれませんが、今回借りたのは人間とテーブルを置いたら限界くらいのサイズです。

お金持ちだったら豪華な船を借りられるのかもしれませんが、凡人にはこれが限界です。

しかしそれだけあれば、お酒を飲んで楽しむには十分です。

大きい船だと操船技術も必要ですしね。

航路としても隅田川や中川等を通り、東京の名所を船から眺めるルートなので、小型のボートのようなサイズが適切と言えるでしょう。

同じ値段で豪華な船を借りられるとしても、またこの大きさの船を借り・・・はしませんね。笑

私は東京都内をクルージングするのは初めてですが、率直な感想として、初めて首都高を通った時の感覚を思い出しました。

初めて首都高を通った時も、色々な観光名所を見ながら走れることに感動した記憶があります。

東京湾のクルージング

(画質が少し粗いのは、動画で撮影したものをスクリーンショットで切り出したためです。)

船ならば首都高よりもゆっくり、優雅に楽しむことができます。

ただし、船は夜まで借りられないので、都心の夜景の美しさは見ることができません。

二級船舶免許が必要

船をレンタルしたり運転したりするには、二級船舶免許が必要です。

二級船舶免許は定期的に更新のある免許なので、取得する労力だけでなく維持するのが手間です。

釣りが趣味であれば頻繁に利用するので、それほど手間を感じることもないかもしれませんが、年間1〜2回しか使わない趣味用だとすると、なかなかの負担ではあります。

実は私も特殊小型船舶(ジェットスキー・水上バイク)の免許を持っていたのですが、使う頻度の方が圧倒的に少ないため、更新しませんでした。

期限切れの免許は取得時よりは簡単に復活ができるようですが、今のところは復活させる予定はありません。

子供が大きくなって遊べそうであれば、再度取得するのもいいかな、と考えています。

二級船舶免許であれば家族で使うことも想定されるので取得するのもありですが、これも非常に悩みどころですね。

スポンサーリンク

人数を集めれば大した料金にはならない

お金のイラスト

船を借りると言うと値段が高いイメージがあるかもしれませんが、実際はそれほど高くありません。

感覚としてはレンタカーのようなもので、人数を集めることができれば安くなります

実際に私が借りたわけではないので詳細な料金プランは分かりませんが、最終的に食べ物やらお酒やらをすべて支払って、1万円強という結果になりました。

1日丸々飲んで遊んでしてこの値段なら、個人的には安いくらいだと思いましたが、如何でしょうか。

カセットコンロで焼き肉も!

船の上での食事はどうするかと言うと、基本的にはお弁当やお菓子、おつまみ等ですが、カセットコンロを使ってプチバーベキューをすることもできます。

まぁ正直、雰囲気力もあって何を食べても美味しいのですが、やはり屋外での焼肉は美味しいです。

リンク :カセットコンロに乗せるだけ!火起こし不要で簡単バーベキュー!

船上バーベキュー

もちろん、船が動いている間は危険なので、火器は使用しない方が良いでしょう。

大きな船なら問題ないかもしれませんが、小型の船は揺れますので、倒れたりしたら危険です。

できれば衝撃で火が消えるようなものであればなお良いと思います。

意外とキャンプ道具が役立つかも?

クルージングに限らず、屋外で楽しむものには全般的に、キャンプ道具が役立つことがあります。

船の上なのでテントやタープが使えるわけではないですが、ちょっとした小物は役立ちます。

今回私が持って行ったのは、チェア、ストームクッカー、ハンディ燻製器、スピーカーです。

やっぱりハンディ燻製器が盛り上がっていいですね。

リンク : ポータブル燻製器(ハンディ燻製器)で初心者でもお手軽燻製!

ポータブル・ハンディ燻製器の使用例

あとは私が持ってきたわけではありませんが、テーブルやクーラーボックスなんかも役立っていました。

私はソフトクーラーを使いますが、テーブルや椅子の代わりにもなるので、船の場合はハードクーラーの方が良いかもしれませんね。

また、キャンプ場ではなかなか使えないスピーカーも、船の上であれば遠慮なく使えます

もちろんどんな爆音を流しても良い、というわけではありませんが、家電量販店で簡単に買えるような安いスピーカーなら、エンジン音にかき消されて周囲に聞こえるようなボリュームは出せません。

なお、チェアはローチェアではなくハイチェアの方が役に立ちますが、ハイチェアを何個も並べられるようなスペースはありません。

普通のキャンプサイトくらいの広さがあればもっとアレンジがきくのですが、キャンプ場ではないので限界はあります。笑

ちなみに、ストームクッカーは持って行ったものの、それほど調理するものもなかったので使いませんでした。

風が強いことがあるので、こういう場所こそストームクッカーが活躍するのですが、今回はおだやかな気候だったので出番はありませんでした。

リンク :環境に左右されないトランギアのストームクッカーを使ってみた

スポンサーリンク

楽しむためには酔い止め必須!

船の上でお酒なんて飲んで酔わないの?と思うかもしれませんが、たぶん普通は酔います。

船から見た東京

しかし釣り人の友人がおすすめする「アネロン」という酔い止めが非常に強力で、お酒を飲み過ぎて酔っぱらうことはあっても、船酔いすることはありませんでした。

私は船に乗ると結構気持ち悪くなるタイプの人間ですが、酔い止めを飲むと全く酔いません。

今回7人で船に乗って全員が船酔いしなかったので、やはり効き目は素晴らしいものだと思います。

なお、念のためですが、あくまで個人の感想ですので、購入する場合はよく注意書き等を読んでください。

医薬品の勧奨行為は禁止されているので、念のため。

これも念のためですが、船も車と同様、運転手(船長)の飲酒はNGですので、その点もご注意ください。

感想、まとめ。たまには変わったアウトドアも如何?

このブログでキャンプ以外のアウトドア記事を書くのは稀ですが、スノボをしたり釣りをしたり、実は嗜む程度のアウトドアは結構やっていたりします。

そもそもこのブログのタイトル、「週末はキャンプ・アウトドアに行こう!」ですので、元々はキャンプ以外のアウトドアも幅広く書くつもりだったのですが、蓋を開けてみるとキャンプの専門ブログのようになってしまいました。

もはや「週末はキャンプに行こう!」でも良いような気がしますが、色々な場所にリンクを貼ってもらっているので、今更変えるのも色々と面倒臭いのでやめておきます。笑

以前ツーリングの記事を書いたことはありますが、それ以来のキャンプではない記事かもしれません。

しかし、やはり屋外の気持ち良い環境の下でソトメシを楽しむのは最高ですね。

そういう意味では、クルージングとキャンプは通じるものがあるのかもしれません。

レインボーブリッジ

二級船舶免許がないとなかなか出来るものではありませんが、興味がある方は是非、免許の取得も含めて挑戦してみてはいかがでしょうか。

私も二級船舶を取れば特殊小型船舶の免許も復活できるので、再取得も検討してみようと思います。

家族で船を一艘借りたら楽しいだろうな、という思いはあるのですが、使用頻度と維持の手間を考えると、少し躊躇うところでもあります。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク