スポンサーリンク

耐熱仕様のユニフレーム(UNIFLAME)焚き火テーブルの感想

ユニフレーム(UNIFLAME)の焚き火テーブルは耐熱仕様になっており、料理の際等に大活躍してくれます。

炭火で加熱したダッチオーブンであっても、焚き火テーブルであれば問題なく置くことができます。

焚き火テーブルの使用時

耐熱仕様上、重さはそこそこありますが、コンパクトにまとまるので持ち運びにも便利です。

シンプルなデザインからも、多くのキャンパーに愛されたギアです。

スポンサーリンク

焚き火テーブルの基本情報

ユニフレーム(UNIFLAME)の焚き火テーブルのスペックは次のとおりです。

サイドテーブルに丁度いいサイズで、料理道具の時以外にも何かと重宝します。

また、ソロキャンプの場合はメインテーブルとしても十分活用できるサイズです。

ユニフレームの焚き火テーブル

画像出典 : UNIFLAME

  • 使用サイズ:約55×35×(高さ)37cm
  • 収納サイズ:約55×35×(厚さ)2.5cm
  • 天板:ステンレス鋼(特殊エンボス加工)
  • サイド:天然木
  • スタンド:ステンレスパイプφ19mm
  • 重量 : 約2.3kg
  • 耐荷重 : 約50kg

天板がステンレス製のため、耐熱性に優れているのが特徴です。

耐熱仕様のテーブルは色々なメーカーから発売されていますが、シンプルで洗練されたデザインから人気の高い商品です。

ダッチオーブンも置ける!耐熱仕様で大活躍

ユニフレーム(UNIFLAME)の焚き火テーブルの最大の魅力は、耐熱仕様であることです。

非常に高温になるダッチオーブンであっても、直接置くことができます。

ダッチオーブンを使っていると、その温度から置き場に困ることがよくあります。

見た目的に熱いものが置けそうなテーブルであっても、塗装が溶けたり、予期せぬ影響が出ることがあります。

その点、この焚き火テーブルであれば万事解決です。

耐荷重も50kgあるので、基本的にほとんどの料理は置くことができます。

50kgを超える重さの料理なんてそうそうありませんからね。

また、高さやサイズもサイドテーブルに丁度良いので、料理の場面以外でも活躍してくれます。

このように、焚き火だけでなく様々なシーンで使えることから、ユニフレーム(UNIFLAME)の焚き火テーブルは非常に使い勝手が良く、色々なキャンプのシーンで目にするギアの一つです。

足が完全に分離するため、コンパクトに収納

ユニフレーム(UNIFLAME)の焚き火テーブルは足が分離する仕様になっているため、非常にコンパクトに収納できます。

無駄な接続部位がないため、耐荷重の高いテーブルになっています。

ユニフレームの焚き火テーブルの収納時
写真は焚き火テーブルの裏面ですが、足が収納されているのがお分かりでしょうか。

これを使用時に立てるわけではなく、一度外して再度取り付けます。

焚き火テーブルの足を取り外した様子
このように足の部分が完全に分離します。

写真のような仕様にすることで、コンパクトながら耐荷重50kgを実現することができます。

この構造美も焚き火テーブルが人気の理由の一つです。

耐熱で耐荷重も優秀、更にコンパクトに収納可能と、機能性抜群なギアです。

まとめ、感想

ユニフレーム(UNIFLAME)の焚き火テーブルは耐熱仕様のため、料理等の場面で大いに活躍してくれます。

サブテーブルに丁度良いサイズですが、ソロキャンプではメインテーブルとしても使用することができます。

私の場合は、クワトロポッド(トライポッド)使用時に、ダッチオーブン置き場として大活躍してもらっています。

クワトロポッド(トライポッド)には一つしか鍋等の調理道具を吊るせないため、別のものを加熱したい場合は、一度熱した調理道具をどこかに置く必要があります。

しかし、クワトロポッド(トライポッド)に吊るしていた調理道具は非常に高温になっているため、一般的なテーブルに置くことはできません。

そこで、この焚き火テーブルが活躍します。

なお、クワトロポッドについては、以下の記事でまとめていますので、ぜひ参考にしてください。

リンク : クワトロポッド(トライポッド)で焚き火・料理をしよう!

クワトロポッド

このように、ユニフレーム(UNIFLAME)の焚き火テーブルはダッチオーブン料理はもちろん、普通のテーブルとしても十分な可能性を備えた万能ギアです。

もちろん、特に耐熱テーブルをお探しの方にはイチオシのキャンプ道具ですので、ぜひ検討してみてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク