スポンサーリンク

アウトドアでもニンテンドースイッチが盛り上がる!【ワンツースイッチ】

任天堂のCMで、テントの中でニンテンドースイッチをやっているシーンがあります。

ニンテンドースイッチは持ち運び式のゲーム機ですが、広い場所で体を動かすゲームがたくさんあるので、アウトドアに持って行っても楽しむことができます。

今までゲームと言えば屋内でコントローラーを使ってやるものでしたが、ニンテンドースイッチは屋外でも楽しむことができます。

人生ゲームのようなボードゲームの感覚で、屋外で遊ぶことができるのです。

キャンプでニンテンドースイッチ

子供がいる場合や大勢でキャンプに行く場合等は特に活躍するシーンが多いと思います。

ただし、音を出す場合は周りの人に迷惑にならないよう、配慮しながら遊ぶようにしてください。

スポンサーリンク

ニンテンドースイッチとは?

ニンテンドースイッチとは、任天堂から発売されているハードで、発売当初から売り切れ続出の人気ゲーム機です。

外に来てまでゲームするなよ、と思うかもしれませんが、ニンテンドースイッチは今までのゲーム機の常識を覆すゲーム機で、体を動かすゲームも多く、広い場所ならではの遊びができます。

キャンプでトランプやUNOをやるのが、時代と共に進化してきたようなイメージを持っていただければと思います。

お子様がいる家庭はよくご存知かと思いますが、そうではない場合、ニンテンドースイッチがどういうものか分からないと思いますので、まず、ニンテンドースイッチがどういうものかご紹介します。

ニンテンドースイッチはTVモード、携帯モード、テーブルモードがあります。

ジョイコンと呼ばれる小さなコントローラを付け替えることで、3つの形態に変化(スイッチ)させることができます。

これが画期的なシステムで、その人気はスマホゲームに押されていた任天堂の株を一気に押し上げました。

TVモード

一般的に据え置きゲーム機と呼ばれるのがこのモードです。

これは世間的に最も「ゲーム」としてイメージされている使い方だと思います。

ニンテンドースイッチのテレビモード

画像出典 : 任天堂

本体左右に付いていたコントローラを取り外し、専用のコントローラに取り付けます。

そして家庭のテレビにつなぎ、一般的なテレビゲーム機同様に遊びます。

なお、最近のゲーム機はコントローラが無線なので、煩わしいコードはありません。

家で大画面で遊ぶ場合はこのモードになります。

携帯モード

一般的にポータブルゲーム機と言われるのがこのモードです。

ニンテンドーDSや、古くはゲームボーイ等もこのタイプのゲームです。

ニンテンドースイッチの携帯モード

画像出典 : 任天堂

ニンテンドースイッチは本体に画面が付いているため、本体左右にコントローラを取り付けるとポータブルゲーム機になります。

電車の中や家でゴロゴロしながらゲームをする場合はこのモードで遊びます。

さっきまで据え置きのゲーム機だったものが、携帯ゲーム機としても遊べるようになるのです。

テーブルモード

そして最後にテーブルモードです。

本体画面をテレビの代わりにモニターとして活用し、複数人でゲームをするモードです。

ニンテンドースイッチのテーブルモード

画像出典 : 任天堂

今まで2つで一つのコントローラとして使用していた左右のコントローラ(ジョイコン)を、一つずつのコントローラとして使用することができます。

画像で言うと、赤いコントローラと青いコントローラを、それぞれ別のコントローラとして遊ぶことができます。

キャンプやアウトドアのシーンで活躍するのはこのモードです。

テーブルの上に置いた画面をみんなで見ながら、大人数で遊ぶことができます。

アウトドアには1-2-Switch(ワンツースイッチ)がおすすめ

ニンテンドースイッチにはいくつかゲームがありますが、がっつりコントローラをカチャカチャやるゲームはアウトドアに向いていません。

(もちろん、お子様や友達と一緒にテントでゲームをやるのも楽しいと思いますので、それを否定するわけではありません。楽しみ方は人それぞれです。)

せっかく屋外で遊ぶのであれば、体を動かすタイプのゲームがおすすめです。

私がおすすめするゲームソフトは1-2-Switch(ワンツースイッチ)です。

ワンツースイッチ

画像出典 : 任天堂

このゲームは28種類のミニゲームが入っており、1対1、チーム対抗等で遊ぶことができます。

ゲーム内容も非常にシンプルで、指示通りに手を挙げる旗上げ(セイラー)や、コントローラを銃に見立てての早撃ち(ガンマン)等、ゲームに慣れていない人でも遊ぶことができます

その他、ビーチフラッグや卓球等のお馴染みゲームも収録されています。

体を動かすゲームが多いので、ゲームでありながら家の中でやるのに向いていません。

なお、ワンツースイッチは画面を見ないでやるゲームが大半です。

音声ナビを目安に体を動かしながら、結果だけゲーム画面を見る、というようなタイプのゲームが多いので、屋外でも楽しく遊ぶことができます。

ただし、屋外で遊ぶ場合は周囲の方に迷惑にならないよう、ゲーム機のボリュームはもちろん、遊ぶ人たちも騒ぎすぎないように注意しましょう

マナーを守って、皆が気持ちよくキャンプできるようにしましょう。

スポンサーリンク

まとめ、感想。キャンプでもニンテンドースイッチで体を動かそう!

子供と一緒の時や、グループで遊ぶ時、アウトドアのシーンでも意外と盛り上がるニンテンドースイッチについてご紹介しました。

キャンプに来てまでゲームかよ・・・と思うかもしれませんが、最近はゲーム機はかなり進化しており、家の中でピコピコやるだけものではなくなりつつあります。

どちらかというと、トランプやUNOが進化した感覚でしょうか。

なお、ニンテンドースイッチ本体だけでも屋外で遊ぶことができますが、あると便利なオプショングッズがありますので、それは次の記事でご紹介します。

倒れやすさや充電の問題等の解決方法をご紹介しています。

リンク : アウトドア向き!ニンテンドースイッチのおすすめグッズ

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク