スポンサーリンク

簡単!手軽さ重視のキャンプのおつまみベスト3!

食事はキャンプの最大のイベントの一つと言っても過言ではありません。

夕食に何を作るかを考えるのは、キャンプの楽しみです。

しかしお酒好きには、もう一つ楽しみがあります。

それは外で美味しいお酒と美味しいおつまみを食べること。

私はお酒が好きですが、料理が得意なわけではなく、面倒くさがりでもあるので、簡単に作れる、それでいて楽しく美味しいおつまみをご紹介します。

必ずと言っていいほど、このうちのどれかは作ります。

スポンサーリンク

難しい調理は不要!手軽さ重視の男のキャンプおつまみ!

「キャンプ おつまみ」で検索すると、それはもう彩り豊かな、手の込んだおつまみが出てきます。

写真写りも素晴らしく、見ているだけで涎が出てきます。

しかし私は普段料理をしないので、付け焼刃でそんなことはできませんし、食べるのは好きだけど作るのは億劫だと感じてしまいます。

世の中に一定数いる男性像かもしれません。

キャンプ場でカレーではなくカレーメシを食べてしまうというタイプですので。笑

リンク : 温めるだけ・お湯を入れるだけで食べられる、キャンプに合う食べ物6選!

日清 カレーメシ

画像出典 : 日清食品

そのため、美味しい料理は食べたい!でも繊細な料理はスキルがないし作れない、ということで、いつもほぼ具剤を入れるだけのお手軽おつみまみを楽しんでいます。

基本的には包丁は使わないし、下味もつけない

キャンプ道具の中には包丁を持ち歩いていますが、おつまみを作る時には包丁は使いません。

包丁どころか、基本的に調理道具も使いません

使ったとしても、おつまみのサイズを小さくするくらいで、極端な話をすればハサミで代用できるレベルです。

前日のうちに下味をつけて準備をするとより楽しめると思いますが、ほとんどそれもしません。

いつも大体、スーパーの食材を見ながら食事やおつまみを決めるので、キャンプ飯が決まるのは当日なのです。

市販のおつまみだけではつまらない

夕飯はある程度調理をしたとしても、おつまみにはあまり労力は使いません

ただ時間はあるので、手軽であれば少し時間がかかっても気にしません。

最も手軽なのは、スーパーやコンビニで市販のおつまみを買うことですが、もう一品、プラスαでおつまみが欲しくなります

私も毎回市販のおつまみは結構買って行きますが、それに加えていくつかおつまみを作って楽しんでいます。

ものぐさではありますが、少しだけでも手を加えると、買ったものそのままで食べるよりもお酒が進みます

第3位:アヒージョ

私が好きなキャンプおつまみ第3位は、アヒージョです。

スキレットで作るアヒージョ

えっ、なかなか難しそうじゃん!と思われる方もいらっしゃるかもしれませんが、アヒージョは簡単に作ることができます。

勿論、奥が深い世界だと思うので、凝っていけばもっともっと美味しくなるのだと思いますが、私は基本的に冷凍食品をオリーブオイルに入れ、ニンニクや塩コショウで味付けするだけです。

少しだけ切ったりするものもありますが、まぁ私でも作れるので問題はないでしょう。

詳しい作り方は以下に書いていますので、ご参考にしてください。

リンク : 酒のつまみに最高!アヒージョは手軽に作れるおすすめキャンプ料理!

スポンサーリンク

第2位:燻製

第2位は燻製です。

燻製はほぼ毎回つくるキャンプおつまみになっています。

お手軽工房の使用写真

燻製はアヒージョよりも更に、極めれば極める程奥が深い世界です。

美味しい燻製を作るためには下味をつけて乾燥させなければなりませんが、そこまでしなくても、市販の食品に既に付いている味に、燻製の薫りを付けるだけで美味しくなるものもあります。

最近よく使っているのが、本当に簡単に燻製が作れるハンディ燻製器

ポータブル・ハンディ燻製器の使用例

燻製好きの方には怒られそうな調理道具ですが、雰囲気は楽しめますし、普通に美味しいです。

市販のおつまみにプラスαでお手軽燻製を作れば、盛り上がること間違いなしだと思います。

リンク : ポータブル燻製器(ハンディ燻製器)で初心者でもお手軽燻製!

第1位:揚げ物

ソトメシで且つお酒に合うのは、一番は揚げ物です。

キャンプでフライドポテト

揚げ物は居酒屋でも定番のおつまみで、お酒との相性は最高です。

普段でさえお酒によく合うものを、キャンプの雰囲気で食べたら美味しいのは言うまでもありません。

揚げ物と聞くと「手間がかかる」というイメージがあるかもしれません。

しかし実際、手間がかかるのは油の処理ですので、家の中で揚げ物を作った場合に限ります。

調理自体は非常に簡単で、例えばから揚げも鶏肉とから揚げ粉を袋に入れて揉み、それを油の中に入れるだけです。

コンビニで売っている冷凍のフライドポテトやたこ焼き等は、入れるだけで最高のおつまみが作れます。

揚げ物は油の処理が面倒なだけで、実際は非常に簡単に作れる、最高のお酒のおつまみなのです。

キャンプの場合、油の処理はどうするのかと言うと、キッチンペーパーに染み込ませ、焚き火の燃料にするのがおすすめです。

焚き火の炎

油の量を少量にしておけば、キッチンペーパーでふき取るように、簡単に処理することができます。

(大量の油はこの方法は推奨できません。油を直接火にかけるのは絶対にやめましょう)

ただし、揚げ物を作った場合、洗い物は少し面倒なのは我慢するしかありません。

リンク : キャンプで揚げ物をやるには?おすすめ料理と油の処理について

スポンサーリンク

まとめ。おつまみはお酒好きの一大イベント!

キャンプに置いて夕食が一大イベントであるのと同様に、お酒好きにとっては美味しいお酒+美味しいおつまみはキャンプの一大イベントです。

しかし私のように、お酒は好きだし美味しいおつまみは食べたいけど、料理スキルがない、と言う人もたくさんいらっしゃると思います。

折角キャンプに来たのに手抜きをするなよ!と思われる方もいるかもしれませんが、自分の価値観や感性に合わせて、自由に過ごすのがキャンプです。

やりたくないことは無理にやる必要はありません。

それでも、手間と天秤にかけながら出来る限り美味しいものが食べたい!という方に、私が個人的におすすめなキャンプのおつまみをご紹介しました。

実際やってみると分かると思いますが、どれもとても簡単に作れます。

ぜひ挑戦してみてはいかがでしょうか。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク