スポンサーリンク

【処分品有】モリパーク アウトドアヴィレッジに行こう!スノーピークやコールマンの直営店も

今週は台風のためキャンプに行けなかったので、東京都昭島市にある、モリパーク アウトドアヴィレッジにいってきました。
モリパーク アウトドアヴィレッジ

モリパーク アウトドアヴィレッジ(outdoor village)には、コールマンやスノーピークの直営店があります。

最新のギアはもちろんのこと、中には処分品もあることがあります。

スポンサーリンク

モリパーク アウトドアヴィレッジとは?

アウトドアヴィレッジは東京都昭島市(東京都昭島市田中町610−4)にあります。

ショッピングモール内には様々なアウトドアブランドが入っており、まさにアウトドア好きのための場所です。

また、アウトドアヴィレッジには催し会場があり、アウトドアに関連した催し物が開催されています。

カヌー体験やジープの試乗等、時期によって様々です。

また、屋外にはボルダリング場もありますので、ただ買い物するだけでなく、実際に体を動かして汗を流すこともできます。

さらに、アウトドアヴィレッジ内にはカフェもありますので、ショッピング以外にも楽しむことができます。

特にスノーピークの店内には、スノーピークの道具で食事ができる施設があり、実際にギアを使ってみることができます。

アウトドアヴィレッジはただのショッピングモールと侮ることなかれ、買い物目的じゃなくても十分楽しむことができる施設です。

コールマン(coleman)やスノーピーク(snow peak)の直営店も!

アウトドアヴィレッジには、コールマンとスノーピークの直営店が入っています。

どちらも店舗が広く、ウィンドウショッピングだけでも十分楽しめます。

アウトドアヴィレッジのコールマン

コールマンの店舗は他の店舗の2倍くらいの広さがあり、最新ギアが多く展示されています。

アウトドア好きはそれだけでテンション上がりますね。

コールマンの最新モデル

写真は2017年秋の新モデルです。

実際に触って、座って、その雰囲気を体感できます。

もちろん、スノーピークも同様です。

アウトドアヴィレッジのスノーピーク

コールマンやスノーピークの直営店目当てで来ている人が多いので、この両店は一番活気があると思います。

どちらかと言うとスノーピークの方が混雑しているイメージです。

アウトドアヴィレッジに来たからには、この両店には是非行ってみてください。

スポンサーリンク

最新ギアはもちろん、処分品も有り!

私が行った時は、スノーピークのショップで展示品の処分をやっており、お買い得な商品がありました。

欲しいものはたくさんあったのですが、最後まで購入を悩んだのが、スノーピークのヘッドライト、「ゆきほたる」。

人気商品で楽天市場やamazonでもなかなか値段が下がりませんが、アウトドアヴィレッジで3割引で売っていました。

元々ゆきほたるが欲しくて探していたのであれば、即買いだと思いました。

スノーピークのゆきほたるが処分価格

※30%offした後の価格です。

悩んだ末結局買いませんでしたが、アウトドアヴィレッジではこのような特売をやっていることがあります。

毎日行っているわけではないので、出会えた人はラッキーです。

まとめ、感想

アウトドア好きのためのショッピングモール、モリパーク アウトドアヴィレッジに行ってきました。

アウトドアヴィレッジにはコールマンやスノーピークの直営店があり、最新ギアから処分品まで、様々な商品が置いてあります。

見るだけで非常にモチベーションが上がるので、天候が悪くてキャンプできない時は、こういったアウトドアショップを回るのも良いですね。

東京方面から来た方は帰りに少し寄り道して、wild-1入間店に行くのもいいかもしれません。

ちなみに私は、この後「瀬音の湯」という少し硫黄の臭いのする温泉に入って帰りました。

アウトドアヴィレッジから30分ほどで行くことができます。

東京方面からお越しの方は、入間のワイルドワンに寄った後、昭島のアウトドアヴィレッジに行き、最後に瀬音の湯に入って帰るのがおすすめコースです。

東京近郊にお住いの方はぜひ試してみてください。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク