スポンサーリンク

ビールのお供に!夕食のサラダに!辛くないメキシカンサラダの作り方

ビールのおつまみに何か一品ほしいなというときや、キャンプの夕食にサラダを作りたいなーと思った時におすすめ!

メキシカンサラダの作り方をご紹介します。

作り方はとても簡単で、サラダにもおつまみにも合う優れもの!

短時間でおいしくできるので、調理時間が限られているキャンプの夕食におすすめです。

是非試してみてください。

スポンサーリンク

材料(2人前)

2人前を作るための材料は次の通りです。

  • 牛ひき肉・・・300グラム
  • たまねぎ・・・1個
  • にんにく・・・ひとかけ
  • アボカド・・・1個
  • レモン汁・・・少々(なくても可。アボカドの変色を防ぎます。)
  • レタス・・・適量
  • トマト・・・1個
  • タコスチップス・・・適量
  • 酒・・・大さじ3
  • しょうゆ・・・大さじ3
  • トマトケチャップ・・・大さじ2
  • 塩、こしょう・・・各適量

メキシカンサラダの材料

写真は8人分のものです。

材料が色鮮やかで作る前からワクワクします。

今回は定番のレシピの材料に加えて、パプリカを追加しました。

材料はあくまで目安であって決まりはないので、お好みにあわせて色々試してみてください♪

調理方法

冒頭にも述べましたが、作り方はとても簡単。

基本的には野菜を切って、ひき肉を炒めてお皿に盛るだけです。

作り方の詳細は次のとおりです。

  1. たまねぎとにんにくは粗みじん切りに、アボカドは縦半分に切って種と皮を取り除き、2〜3センチ角に切りレモン汁をかけます。トマトも食べやすい大きさに切っておきます。アボカドの種を包丁で取り除く際は手を切らないように気をつけてください。
  2. 酒、しょうゆ、トマトケチャップを合わせておきます。
  3. フライパンにオリーブオイルと1.のにんにくを入れ炒め、香りが出てきたら1.のたまねぎを加えてしんなりするまで炒めます。
  4. たまねぎがしんなりとしたら、牛ひき肉を加えて色が変わるまで炒めます。汁気が半分くらいになったら2.を加えて味を整えます。
  5. 器に食べやすい大きさにちぎったレタスをのせ、1.のアボカド、トマト、タコスチップス、3.のひき肉を彩りよくのせます。

挽肉たっぷりのメキシカンサラダ完成です!!

大人数であったこととおしゃれなお皿がなかったため、バットの中に盛り付けてしまいました。

見た目はオシャレではありませんが、味には問題ありません。

むしろこういう大皿からみんなでつまむのは、キャンプらしくて良いかもしれません。

なお、ひき肉は多ければ多いほど、お酒のおつまみになりますので、用途に合わせて調整してください。

スポンサーリンク

感想。彩も綺麗なので、キャンプ飯におすすめ!

材料を切って、ひき肉を炒めてあとはお皿に盛るだけなので本当に簡単です。

あっという間に完成しました。

調理する上で難しいなと感じたことは、アボカドの種を取ることくらいです。

種が取れれば、料理が苦手という方でも失敗せずに1品できてしまいます。

ただ、種がうまく取れなくても味は変わらないので、あまり気にすることはありませんよ!

さて、肝心の味はというと・・・

ついついビールが進んでしまうようなほどよい塩気があり、とても美味しいです。

やはり手作りのおつまみはスーパー買ったスナック菓子とは違います。

手間をかけずにこれほどの味を作れるのは魅力的ですね。

メキシカンサラダというと、スパイシーでタバスコのような辛さのものを思い浮かべると思いますが、辛みは一切ありません。

辛いものが苦手という方にも楽しんでいただける味付けだと思います。

私が失敗したなぁと思う点は、

ひき肉の炒め方が足りなかった

ということです。

ひき肉に調味料を加えたところで、しっかりと炒めたほうが、ベチャッとした感じにならずおいしくなります。

次回の教訓としては、水分はしっかり飛ばして作ることです。

キャンプ場でパパッとおつまみやサラダを1品作りたいときに是非お試しください。

手間をかけずに美味しいサラダが出来るので、あまり時間がないときにもおすすめです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク