スポンサーリンク

サントリーとsnowpeakのエナジードリンク、PEAKERの感想

サントリーから新発売のエナジードリンク「PEAKER」。

一般的には「サントリーの新商品」として話題を集めていますが、このブログで注目するのは、何と言っても「snowpeak(スノーピーク)とのコラボ商品である」ということです。

サントリーのPEAKER

これはキャンプ好きなら一度は飲んでみるしかない!ということで、さっそく飲んでみました。

個人的にはエナジードリンク、特にMONSTER(緑)が好きなので、エナジードリンクにはよくお世話になっています。

この手のものはプラシーボ効果(偽薬効果)が大きいので、個人的にはそれほど効き目には期待していません。

スポンサーリンク

サントリーとsnowpeak(スノーピーク)のエナジードリンクが発売!

一流飲料水メーカーサントリーと一流キャンプメーカーのスノーピークがコラボしたエナジードリンクが出ました。

一見シナジーの無さそうな組み合わせですが、実は私もよく分かりません。

こういう時は、「一見シナジー効果が無さそうに見えますが、こんなところでお互いの長所を活かしているのです!」という展開が定石ですが、これに関してはよく分かりません。

中身はサントリーが作っているので、サントリーだけでも作ることはできるはずです。

敢えて言うのであれば、

①キャンプファンを取り込める

②スノーピークのブランドイメージを活かせる

という点がメリットとして考えられます。

snowpeakはハイクオリティのキャンプメーカー

キャンプを楽しむ人なら、スノーピークを知らない人はいないと思います。

今回はエナジードリンクで検索してここにたどり着いた人もいると思うので、少しスノーピークの解説もしておきます。

スノーピークのキャッチコピー

画像出典 : snowpeak

スノーピークは新潟県燕三条発祥の国産キャンプメーカーです。

値段は高いですが、ハイクオリティなギア(キャンプ道具)が多く、人気の高いメーカーです。

スノーピークと言えば高品質、というブランドイメージがあります。

国内発祥の大手キャンプブランドでは、珍しく東証一部に上場しています。

積極的に海外展開・事業開拓を行なっており、正に飛ぶ鳥を落とす勢いで発展しているメーカーです。

もっと詳細を知りたい方は、以下の記事を参考にしてください。

リンク : スノーピーク(Snow Peak)ってどんなブランド?歴史と企業概要!

snowpeakファンのことを「スノーピーカー」と呼ぶ

スノーピークは囲い込み戦略に長けており、全国に熱狂的なファンがいます。

全てのキャンプ道具をスノーピークで揃え、熱狂的なファンを「スノーピーカー」と呼ぶこともあります。

スノーピークのポイントカード

(写真は一番ランクが下のカードです。)

今回のエナジードリンク「PEAKER」は、そこから名前を取ったのかもしれません。

スノーピークの高品質なイメージと、熱狂的なスノーピークファン「スノーピーカー」を意識したネーミングではないでしょうか。

開発者に聞くこともできないので、憶測の域を出ませんが、このネーミングはキャンプ好きは気になります

ある意味攻めたネーミングではないでしょうか。

サントリーとsnowpeak(スノーピーク)は飲料水でコラボしている

実はサントリーとスノーピークがコラボするのは、これが初めてではありません。

これまで、南アルプスの天然水を使った炭酸水でもコラボしてきました。

サントリーとスノーピークの炭酸ジンジャー

画像出典 : サントリー

ここでは小さく「snowpeak」のロゴが出てくる程度でしたが、今回のPEAKERはネーミングから明らかに意識してきました。

これまでの炭酸水と異なり、PEAKERは明確にスノーピークファンをターゲットにしています。

しかし、スノーピークのブランドイメージもあるので、あまり乱発できるネーミングではありません。

満を持して登場したPEAKERですが、キャンパーとしては嬉しい反面、市場に受け入れられるかドキドキです。

関東甲信越10県で先行販売

PEAKERはまず、関東10県で先行販売されています。

関東甲信越10県とは、東京都 神奈川県 埼玉県 千葉県 茨城県 栃木県 群馬県 長野県 新潟県 山梨県 静岡県です。

この地域でテストマーケティングを行い、徐々に販売エリアを広げていきたいと考えているのでしょう。

最終的には全国展開していくと信じていますが、執筆時点ではこのエリアでしか買うことができません。

この記事を読んで「おっ、飲んでみようかな」と思われた方も、このエリア以外の方はもう少々お待ちください。

もし他エリアの方で、旅行や出張で関東甲信越に来ることがあれば、ぜひ探してみてください。

コンビニでも売っているので、探せば見つかると思います。

スポンサーリンク

辛めだが、日本人が飲みやすい味

肝心の味ですが、個人的には悪くないと感じました。

公式でも「ビター」と謳っているとおり、少し辛めの味です。

私が好きなMONSTERは甘めなので、比較するとかなり辛いです。

エナジードリンクの画像

しかし、さすが国内で成功を収めているサントリーだけあって、非常に日本人受けする味だと思います。

どちらと言うと、男性が好みそうな味です。

日本には外国産のエナジードリンクが数多く輸入されていますが、甘味料が効きすぎている等、日本人の舌に合わないことがよくあります。

その点、PEAKERは甘さも控えめで、変な香りもしないですし、日本でも受けそうな味をしていると感じました。

もちろん、パンチの効いた味ではあるので、好き嫌いの好みは分かれますが。

最後まで落ちない!(何が?)

PEAKERのパッケージや宣伝文句には、「最後まで落ちない!」という言葉が採用されています。

PEAKERのキャッチコピー

画像出典 : サントリー

なんとなく、他のエナジードリンクよりも力が湧いてきそうなフレーズですよね。

あくまで個人的見解ですが、プラシーボ効果が重要なエナジードリンクにおいて、キャッチフレーズは重要性が高いです。

しかし、パッケージを見ても、公式サイトを見ても、何が最後まで落ちないかは書いていません

赤い鳥のロゴで、力強さを感じさせるデザインを見ると、「効き目が長続きする」ということを言いたいのでしょうか。

しかし、「最後まで」という表現を考えると、「効き目が長続きする」という意味では、「最後」というものが存在しません。

旅の終わり、一日の終わり、そう言った意味で「最後まで落ちない」と言っているのでしょうか。

それとも、最後の一滴までビターな味が落ちない、という意味でしょうか。

何が最後まで落ちないのかよく分かりませんが、言葉のイメージは悪くないと思います。

そもそも私は、日本では清涼飲料水にカテゴライズされるエナジードリンクは、気分や雰囲気から来るプラシーボ効果が重要で、生物的な効果は然程期待していません。

そのため、美味しくて何となく格好良ければ、それでいいような気がします。

スポンサーリンク

味は悪くない!流行るかは販売戦略次第

賛否両論ありますが、PEAKERの味は悪くないと思いました。

味の好みは千差万別なので、賛否両論あるのは当然ですが、一定以上のニーズはあると思います。

特にPEAKERというネーミングは、つい手を出したくなりますよね。

PEAKERが流行るかどうかは、このビターな味をどう表現するかにかかっているような気がします。

少なからず一定以上のニーズはあると言いましたが、その人がちゃんと手に取ってくれるかどうかは別です。

PEAKERの味が好きな人が、その味を想像して、手に取ってくれるようなPRが必要です。

様々なエナジードリンクがある中で、日本企業が、そしてスノーピークが共同開発した商品とあれば、個人的には応援したいと思っています。

興味がある方はぜひ手に取ってみてください。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク