冬キャンプのチェアの寒さ対策に!ロゴスのヒートユニットシリーズが暖かい

ヒートユニットシリーズキャンプ・アウトドアグッズ
この記事は約7分で読めます。

冬キャンプは寒さを楽しむものですが、じわじわくる寒さはなかなかに大敵です。

「じわじわくる寒さ」と言われても抽象的過ぎて伝わらないかもしれませんが、「動けば改善されるけど動きたくないことによる寒さ」と言えば伝わるでしょうか。笑

 

実際動いても改善されないことがありますが、しかしイメージはそんな感じです。

この寒さは温かい飲み物を飲んでも改善されないため、色々な場所にホッカイロを貼ったりして対策をするケースが多いです。

一番じわじわ寒いのは手足ですが、逆に手足は厚手の靴下を履いたり、手袋をしたりで対策している人も多いと思います。

 

個人的に対策を怠りがちで、じわじわ冷える原因の一つと考えているのが、お尻です。

※本記事で私が撮っていない写真は、LOGOS公式サイトからの出典です。

スポンサーリンク

アウトドアチェアは生地が厚くない

そもそもアウトドアチェアは、生地がそこまで厚くありません。

最近は冬キャンプも流行ってきていますが、あくまでキャンプのハイシーズンは夏です。

 

そのため、生地を厚くするどころか、通気性を高くして蒸れないようにしています

夏のキャンプの時に、座っていたらお尻が蒸れたのでは不快で仕方ありませんからね。

メイフライチェア

 

そのため、チェアの値段の問題ではなく、アウトドア用のチェアというものは総じてお尻部分は寒く(涼しく)なっているのです。

冬用チェアはそこまで需要が高くない

もちろん、冬キャンプ用に生地を厚くしたチェアを作ることも可能です。

生地を起毛にするのも良いかもしれませんね。

もちろんその分値段は高くなりますが、そこまで跳ね上がるということもないでしょう。

 

しかし世の中には、冬キャンプ用チェア、というものはそれほど多くありません。

理由は単純で、夏用と冬用でチェアを分けると倍のお金もかかりますし、収納にも困るからです。

 

4人家族だとしたら、チェアだけで8個も揃えなければいけません。

お金の問題もありますが、やはり収納スペースの問題は大きいです。

 

そのため普通の家庭では夏用チェアを使いまわし、わざわざ冬用のチェアを購入することはしないのです。

ロゴス(LOGOS)のヒートユニットシリーズ

そんな冬の寒さ対策におすすめなのが、ロゴス(LOGOS)のヒートユニットシリーズです。

ヒートユニットシリーズ

電気の力で暖まる仕組みを、チェアを中心にアウトドア用品に導入したものです。

ヒートユニットシリーズのパッケージ

 

仕組みは単純ですが、これがあるのとないのとでは暖かさに大きな差が生まれます。

ヒートユニット・クッションシート

まず、最低限お尻だけは温めたい!という場合に使うのが、ヒートユニット・クッションシートです。

ヒートユニット・クッションシート

チェアの上に置く座布団のようなもので、電源を入れれば発熱して暖かくなります。

シート自体もかなり分厚く作られているので、電源を入れなくてもある程度の気温であれば問題ないと思います。

 

とにかく、キャンプ中にお尻が寒いのを何とかしたい!という方におすすめです。

ヒートユニット・背付クッションシート

お尻の寒さに加えて背中の対策もしたい場合は、ヒートユニット・背付クッションシートがおすすめです。

ヒートユニット・背付クッションシート

先ほどのクッションシートタイプに、背中部分が加わりました。

 

もちろん背中にもヒーターが付いているので、お尻と背中を同時に温めることができます。

その分値段は高くなっていますが、快適さはこちらの方が圧倒的に上です。

ヒートユニット・チェアシート

ヒートユニット・チェアシートは、ヒートユニット・背付クッションシートの「クッションなしバージョン」だと思ってください。

ヒートユニット・チェアシート

チェアの上に置いて使うものに変わりありませんが、クッションがないので柔らかさがありません。

 

チェアシートでもお尻と背中にヒーターがついているので、暖かさは問題ありません。

こちらも快適さが落ちる分値段が下がるのと、コンパクトさが向上します。

ヒートユニット・アンダーシュラフマット

チェアだけでなく、ヒートユニットがついたマットもあります。

ヒートユニット・アンダーシュラフマット

寝る時に快適に眠ることができますが、4,400mAhのバッテリーの場合、低温モードでも連続稼働時間は約6時間なので、朝まで温め続けるのは難しそうです。

 

とは言え、眠る時だけでも暖かければ大きく変わります。

シュラフの中は一度暖まってしまえばとても暖かいので、最初に中温・高温で一気に温めるような使い方が良いかもしれません。

 

なお、マットと言っても反発はそこまで高くないので、マットを敷いた上でヒートユニット・アンダーシュラフマットを敷くようしましょう。

ヒートユニット・ベスト

ヒートユニットがついたベストもあります。

ヒートユニット・ベスト

ロゴスはアパレルにも力を入れているので、アウトドアイン使える、機能性の高い洋服を多数販売しています。

 

キャンプはもちろん、アウトドア全般に使えるベストだと思います。

スポンサーリンク

USBから給電。モバイルバッテリーを使おう

ロゴスのヒートユニットシリーズはUSBから給電します。

ヒートユニットのUSB電源

そのため、基本的にはモバイルバッテリーを用意し、使用するのがおすすめです。

 

スマホを充電するものと兼用でも良いですが、いざという時に使えないと困るので、大容量のモバイルバッテリーは1つ持っておくと便利です。

リンク : キャンプに携帯していくモバイルバッテリーの選び方

 

なお、ヒートユニットシリーズにはモバイルバッテリーを使用することを想定したポケットがついています。

モバイルバッテリー入れ

画像手前部分にモバイルバッテリーを入れ、USBを繋ぐことができます。

こういった工夫は、さすがロゴスと言ったところでしょうか。

電源サイトをフル活用するのも面白い

せっかく電気の力を使って暖まれるギアなので、電源サイトを借りて満喫するのもありです。

電源サイトであればバッテリー容量を気にせず使用することができます。

リンク : 電源サイトの使い方!最大アンペアを確認して快適なキャンプを!

電源サイトの差込口

 

電源サイトには賛否両論ありますが、個人的には電気の力を使って暖まるのも純粋に楽しいです。

「文明の利器を使って、自然に立ち向かう感覚」とでも言うのでしょうか。

 

ヒートユニットシリーズを買ったら、電源サイトを借りてフル活用したいところです。

個人的には電源サイト利用前提なら、ヒートユニット・アンダーシュラフマットが優先度高いと思います。

スポンサーリンク

感想、まとめ。ヒートユニットシリーズを駆使して快適冬キャンプ!

ロゴスのヒートユニットシリーズは、これと言って珍しい機能、というわけではありません。

しかしキャンプメーカーならではのデザインと、チェアやコットとあわせて、屋外で使用することを想定した作りはなかなかありません。

モバイルバッテリーを入れるポケット等は、まさにアウトドアでの利用シーンが想定されているものだと思います。

ヒートユニット・クッションシート②

 

家庭用の場合は通常コンセントで使用しますので、むしろACアダプタ等で動くのが一般的でしょう。

仮にUSB電源だったとしても、モバイルバッテリーで利用する想定はないはずです。

 

ヒートユニットシリーズはちょっとした工夫で使い勝手が向上している、ロゴスらしいギアだと思います。

コメント