スポンサーリンク

キャンプでワイン。ロゴスの割れないワイングラスが凄い!

成人した大人がキャンプに求めるもの、そへは旨いお酒

お酒の好みは人それぞれですが、ワインが好き!という人も多いのではないでしょうか。

ワインはワイングラスで飲みたい!という思いを持つ人も多いはずですが、キャンプギアとしてはワイングラスは相性が悪いです。

細く割れやすいワイングラスは、繊細な扱いが難しい屋外の環境では適していないからです。

そんなところに着目したのが、お手頃価格でアイデア商品の多いロゴス(LOGOS)。

割れないワイングラス」という商品ですが、これまた面白いギアです。

ロゴスの割れないワイングラス

スポンサーリンク

ロゴス(LOGOS) 割れないワイングラスの製品情報

ロゴスはストレートなネーミングをすることが多いですが、このギアも名前そのままです。

ロゴス割れないワイングラスは、ごく標準的なワイングラスの形です。

スパークリングワインを入れるような長細いタイプではなく、普通の形です。

私はワインに詳しくないのでよく分かりませんが、調べたら「ボルドー型」というようですね。

(間違っていたらすみません。)

総重量 約160g
容量 約340ml
サイズ 約8×8×19cm
収納サイズ 約9×8.5×12.5cm
耐熱温度 約70℃
耐冷温度 約-30℃
主素材 [ボウル部]PCTG

[軸]PC

[ケース]ポリプロピレン

適正温度は約-30℃〜約70℃です。

耐熱性能は一般的なマグと比較すると低めです。

ホットワインとかやりたい方は、あまり温度が高くならないように注意が必要です。

あくまで冷たいor常温でワインを楽しむためのものと思っておいた方が良いでしょう。

ワイングラスは香りを良くすると言われたりするので、高いワインだったり、拘りのある方だったりする場合は嬉しいと思います。

組み立て式にすることで収納力抜群

いくらガラス製ではないと言っても、ワイングラスの形は非常に壊れやすいです。

特に持ち手となる細い柄の部分は、ちょっとした力が加わることでぽきっと折れてしまいます。

ハードケースに入れるという選択肢もありますが、縦に長いので非常に場所を取ってしまいます。

この問題を解決するために採用されたのが、組立・分離式のワイングラスです。

ロゴスの割れないワイングラスは、グラス部分と柄の部分が分離します。

そして柄の部分を逆さにしてグラスの内側に収納すると、衝撃に強くコンパクトに収納できるのです。

分解した割れないワイングラス

さらに専用の収納ケースが付いているので、その中にしまって完了です。

ここまで綺麗に収納できれば、落としても、他のギアに挟まっても安心です。

「落として割れないワイングラス」は、落下だけでなく全ての衝撃に強い構造になっているのです。

ケースの中にライトを入れるとランタンになるのだとか

ワイングラスのケースは白色の薄いプラスチック素材で作られています。

そのため、中にライトを入れると、ぼんやりと柔らかい光になります

そのため、ケースをちょっとしたランタンとして使うことができるのです。

そんな都合良い小さいライトなんてあるのか?と思うかもしれませんが、ヘッドライトはまさに適しています。

小さいサイズながら光量も高いため、それなりの明るさになるでしょう。

割れないワイングラスの収納時

まぁ普通は他にランタンを持っているので、あまりこの使い方をするケースはないかもしれません。

バイクや自転車、電車等でキャンプに行く場合は、荷物を減らす必要があるので使えるかもしれませんね。

いや、ランタンが持てないくらいなら、そもそもワイングラスなんて持って行ってる場合ではないような気がしますが・・・。

好みは人それぞれなので、ランタンよりもワイングラスを持って行く、というワイン狂の人がいても良いでしょう。

いないか・・・。

スポンサーリンク

ちょっとした感動すら覚えるアイデア商品

ランタンとして使えるのはおまけ程度ですが、ワイングラスの構造はよく考えられています

キャンプギアってこれだから面白い、という、ワクワク感があります。

柄の部分とグラスの部分はマグネット式になっており、気持ちよくハマります。

私はそこまでワインを飲まないので買いませんでしたが、お店でサンプルを触った時には軽い感動を覚えました。

ワインを飲んでいるときに、ふとこの構造を思いついたんでしょうか?

正直、ニーズはそれほど高くないと思いますが、ニッチな需要にオリジナリティで切り込むロゴスの姿勢は割と好きです。

感想、まとめ。ワイン好きは検討してみては?

ロゴスの割れないワイングラスは、遠目から見ると純粋にワイングラスです。

そのため、このグラスにワインを入れて飲めば雰囲気は抜群でしょう。

勝手なイメージですが、お洒落なキャンパーが民族柄のラグマットの上にテーブルを置いて、赤ワインを飲んでいるところを想像しています。

本当に勝手なイメージですが。笑

しかしワイングラスを使えば雰囲気がある、というのは間違いないでしょう。

マグカップでワインを飲むのとは訳が違います。

テーブルランタンとワインはお洒落な雰囲気にピッタリだと思います。

ノクターンの使用時

画像出典 : snowpeak

ワイン好きのキャンパーの方、お洒落キャンパーの方は是非検討してみては。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク