熱燗専用!?ユニフレーム(UNIFLAME)のユニセラ熱燗あぶり台が優秀

熱燗あぶり台クッカー・食事関係
この記事は約6分で読めます。

先日、「冬キャンプで温かい飲み物を飲むと最高」という記事を書きましたが、そこでふと思い出したギアがあります。

それが、ユニフレーム(UNIFLAME)の熱燗あぶり台です。

参考リンク : 冬キャンプに合う温かい飲み物・スープ3選!おすすめの温め方と注意点

 

熱燗をする、そのためだけに作られたギアで、非常にピンポイントなニーズを満たすものになっています。

しかしこう言ったギアほど、キャンパーの物欲を刺激するものではないかと、個人的には考えています。

※お酒は20歳になってからです。念のため。

スポンサーリンク

冬キャンプの醍醐味「熱燗」

熱燗が好きかそうでないか、という問題はありますが、しかしもし熱燗が好きなのであれば、冬キャンプでの熱燗も間違いなく好きでしょう。

寒ければ寒いほど、体の芯から温まるあの感覚は最高です。

湯煎で温める様子

 

熱燗が好きな方であれば、あの瞬間はまさに冬キャンプの「醍醐味」とも言えるのではないでしょうか。

冬キャンプで熱燗をしない日がないくらい、私にとっては必須なものになっています。

 

きっとキャンプ好き×お酒好きの皆様は同じなのではないでしょうか。

ユニフレーム(UNIFLAME)から熱燗専用ギアが登場!

そんな熱燗好きのためのギアが、ユニフレームから登場しました。

熱燗あぶり台

画像出典 : UNIFLAME

 

売れるかどうか分かりませんが、おそらく「キャンプ好きが、自分が欲しいと思ったギアを作った」という類の製品な気がします。

熱燗をしない人には一切必要ないマニアックなギアです。

 

簡単に言うと、お湯を入れて徳利を温めながら、乾き物を炙ることができる、そんなギアです。

もちろん熱燗あぶり台でなくても同じことはできますが、これほど効率よく熱燗ができるギアもそうないでしょう。

スポンサーリンク

ユニセラの熱燗あぶり台のスペック

まずは熱燗あぶり台のスペックを簡単にご紹介します。

ユニフレーム製だけあって、丈夫で精密に加工された金属製です。

 

サイズ使用時:約305×185×100(高さ)mm
材質鍋、仕切り、フタ、枠、網:ステンレス鋼
ツマミ:天然木
重量約1.1kg
セット内容鍋、仕切り、フタ、枠、焼網

 

収納袋は付属していませんので、自分で用意する必要があります。

また、このギアはユニフレームのグリル「ユニセラ」とあわせて使用することを想定して作られています。

ユニセラとのセット利用を推奨

熱燗あぶり台は、基本的にはユニフレームのグリル、ユニセラの上に設置して使用します。

 

ただ、自分が見た感じだと、必ずしもユニセラがなければ使えない、というものではなさそうな印象を受けました。

火種が必要なので何かしらグリルは必要ですが、その上にこの熱燗あぶり台を置けば使えると思います。

この辺りは工夫次第です。

 

ただしグリルによっては上に乗っても「炙る部分」が一部使えなかったり、火力不足に陥ったりする可能性があります。

そのため、心配な方はユニセラと一緒に使用することをお勧めします。

 

ユニセラは勿論良いギアですし、「シンデレラフィット」させたいのであれば、ユニセラでの使用一択です。

ユニセラは機能性も高い人気なギアなので、既に持っている人も多いかもしれません。

ユニセラのロストル

徳利がピッタリ嵌るサイズ

熱燗あぶり台には、徳利を湯煎するための場所が用意されています。

湯煎する場所は4つに区切られており、それぞれに徳利がぴったり入るサイズになっています。

熱燗を入れる場所

 

ソロ用であれば4つも必要ないですが、正方形状に温める場所があるので、向かい合って飲んだり、横に並んで飲んだりと臨機応変に対応できます。

一人一本の徳利を温めるのはなかなかに酒豪の集まりですが、熱燗あぶり台を買うほど好きなのであれば、それくらい軽く飲んでしまうかもしれません。

 

湯煎の部分はおそらく、熱燗をする以外に使い道はないと思います。

しかしそんな「不器用さ」が、男心をくすぐるのではないでしょうか。

熱燗好きには堪らないギア

熱燗あぶり台は、私のように「冬キャンプに行ったら熱燗を絶対する」という人には、ある意味使用頻度の高いギアだと思います。

もちろん冬キャンプの間だけですが、ストーブと同じくらいの使用頻度ではないかと思います。

熱燗あぶり台でキャンプ

画像出典 : UNIFLAME

 

冬キャンプであれば必ずストーブを使用しますが、それと同じで、冬キャンプであれば必ず熱燗をします。

それくらいの頻度で使うギアであれば、キャンプ道具としては買う価値があるのではないかと思います。

 

まぁ値段的には高級な日本酒が買えてしまうのですが、趣味の世界ですから、そう言う話ではないのです。笑

 

なお、レビューではキャンパーだけでなく釣り人の方も愛用しているようです。

どこの世界もお酒が大好きな人はたくさんいますからね。

スポンサーリンク

感想、まとめ。ピンポイントだが酒好きなら一考の余地あり!

熱燗あぶり台という、およそキャンプ道具とは思えない名前のキャンプ道具をご紹介しました。

 

最近はキャンプやアウトドアをコンセプトにした居酒屋も多いですが、そういった居酒屋にはぜひ置いて欲しいギアです。

アウトドアチェアを置いて、アウトドアテーブルを置いて・・・まではよくありますが、おそらくこの熱燗あぶり台を置いている居酒屋は少ないと思います。

熱燗あぶり台の蓋

 

居酒屋でこれが出てきたら、キャンパーなら思わず唸ってしまうのではないでしょうか。

こういうギアを触れる居酒屋なら、ぜひ行ってみたいと思います。

 

ただ逆にキャンパーではない人が来た場合は、想像していたものと違うかもしれませんね。笑

きっと「熱燗あぶり台なんてキャンプ道具があるのか!?」と驚くかもしれませんが、そういうピンポイントなギアほど、キャンパー心をくすぐるというものです。

コメント