スポンサーリンク

LEDランタンを機能性で選ぶならジェントス(GENTOS)がおすすめ

ランタンと言えばガスを使ったものが一般的ですが、最近はLEDランタンでもかなり明るいものが出てきました。

値段もそれほど高くないので、非常用としても需要があります。

中でもジェントス(GENTOS)のLEDランタンは機能性が高くおすすめです。

私が愛用しているSOL036-Cを中心に、ジェントスのランタンをご紹介します。

スポンサーリンク

ジェントスのLEDランタンの基本情報

ジェントス(GENTOS)のLEDランタンと言っても、種類はたくさんあります。

一番明るいのは、EX-1000Cです。

  • 明るさ : 1000ルーメン
  • 点灯時間 5.5時間
  • 単一電池使用

魅力は1000ルーメンという圧倒的な明るさです。

1000ルーメンってどれくらい明るいの?という方も、300ルーメン前後が一般的なLEDランタンの明るさだと言えば、その圧倒的な光量が分かると思います。

LEDランタンって暗いんだよな〜と思っている方は、EX-1000Cがおすすめです。

もちろん、明るさと電池の寿命の短さはセットです。

次に紹介するのは、電池持ちの良い、コスパがいいLEDランタンです。

LEDランタンって電池の消費がな〜と思う方は、点灯時間が圧倒的に長く、コスパが良いEX-777XPがおすすめです。

  • 明るさ : 280ルーメン
  • 点灯時間 72時間
  • 単一電池使用

点灯時間はなんと72時間!

先ほどのEX-1000Cは5.5時間だったのに対し、約14倍の点灯時間です。

その代わり、明るさも280ルーメンと1/4程度です。

ただ、280ルーメンあれば、普通にキャンプしていて暗いと感じることはないと思います。

最後に紹介するのが、私も使っているSOL-036Cです。

  • 明るさ : 380ルーメン
  • 点灯時間 : 14時間
  • 単三電池使用

明るさや電池持ちでは前の2つのランタンに及びませんが、このランタンの特徴は、単三電池で使えることです。

私は充電池(エネループ)の単三電池を大量に持っているので、単三電池で使えるのは非常にありがたいです。

充電池も単三は非常に使い勝手が良いので、ランタン以外にも活躍の場所がたくさんあります。

SOL-036Cを使ってみた

私が購入したのはSOL-036Cです。

単三電池で使用可能なところが決め手でした。

ジェントス(gentos)のSOL-036C
明るさも380ルーメンあるので、キャンプの場面において暗くて困ったことはありません。

単三電池は6本使用します。

単三電池で使用可能なLEDランタン
エネループ(充電池)を大量に持っていれば、実質無料に近い値段で繰り返し使うことができます。

1000ルーメンという圧倒的な明るさを持つEX-1000Cも魅力的でしたが、単一電池使用で点灯時間5.5時間という点で、SOL-036Cを選びました。

スポンサーリンク

明るく、キャンドルモードで雰囲気も良い

実際にキャンプで使ってみると380ルーメンで十分明るいです。

もちろん明るいに越したことはないですが、代償として点灯時間が減るのであれば、このくらいの明るさで丁度いいと思います。

さらにSOL-036Cは明るさ三段階変えることができます。

明るさ重視の白色、雰囲気の良い暖色、そして火の揺らぎをイメージしたキャンドルモードです。

このキャンドルモードは、テントの中や食後の休憩時等に最適です。

ランタンの上部を取り外すことで逆さに吊るすことができるので、テントの照明として使うこともできます。

逆さに吊るした様子
ガス式のランタンはテントの中に持ち込めないので、こういった点はLEDランタンならではの利点です。

まとめ、感想

最近はコスパも良く、明るいLEDランタンがたくさん登場してきました。

中でもジェントス(GENTOS)のLEDランタンは非常に明るく、光の色を変えられたりと、機能性も抜群です。

いざという時にコンビニで買えるので、充電式ではなく乾電池式というのもいいですね。

エネループのような充電池を使えば、実質バッテリー式と同じです。

テント内の灯り専用としても十分活躍できますので、LEDランタンは1つ持っていて損はないと思います。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク