バイクや自転車のキャンプに!CAPTAIN STAGのマイクロ ガスバーナーコンロが便利

この記事は約5分で読めます。

コスパが良く、多くのキャンパーに愛されるCAPTAIN STAGですが、人気ギアの一つにマイクロ ガスバーナーコンロがあります。

他のメーカーからも多く発売されているシングルバーナーですが、その小型さが魅力のギアです。

 

ガスバーナーはツーバーナーまで含めると、そのサイズは幅広いです。

バーナーのサイズを小さく抑えると、キャンプの荷物もかなり削減できます。

スポンサーリンク

CAPTAIN STAG(キャプテンスタッグ) マイクロ ガスバーナーコンロのスペック

マイクロガスバーナーコンロの製品画像

それでは早速、マイクロ ガスバーナーコンロのスペックを見ていきたいと思います。

「マイクロ」と言うくらい、サイズには拘ったギアなので、ぜひその大きさに注目していただければと思います。

 

【スペック】

使用サイズ幅80×奥行115×高さ75mm
収納時サイズ幅105×奥行55×高さ55mm
重量175g
材質ゴトク・バーナートップ:ステンレス鋼、器具せん:真鍮、ケース:ポリエステル
出力(約)2400kcal/h
ガス消費量(約)200g/h

 

サイズは使用時で幅80×奥行115×高さ75mm、収納時で幅105×奥行55×高さ55mmなので、そこまで変わらないのも特徴かもしれません。

主に開くのは五徳の部分になるので、その部分コンパクトになっていることが分かります。

五徳が小さいと、大きい調理道具が乗らなくなりますが、コンパクトさを求めたギアであり、コンセプトも明確なので、このスペックの方が良いと思います。

ケース

▲付属品のケースも格好いい。画像では伝わりにくいが、ケースに入れてもかなりコンパクト。

とにかく小さい!手のひらサイズ

個人差はかなりありますが、成人男性の手の大きさは縦に17cm〜19cmくらいで、女性でも16cmくらいはあるようです。

それと比較して、マイクロガスバーナーコンロは長辺で10cmくらいしかありません。

手のひらに乗せても溢れることなく、人によっては握りしめることができるくらいの大きさです。

手のひらサイズのバーナー

▲小型さが最大の魅力。比較対象があると分かりやすい。

 

もちろん、ポケットに入るサイズなので、バッグに入れて持ち運んでも邪魔になりません。

(ポケットに入れるのは危ないのでやめましょう)

小型なシングルバーナーが欲しい、というニーズに応えるギアとなっています。

スポンサーリンク

OD缶に対応

バーナーのイラスト

マイクロガスバーナーコンロは、OD缶専用となっています。

OD缶(アウトドア缶)はキャンプでよく使う円柱形のガス缶で、一般的なカセットコンロで使うガス缶はCB缶と言います。

OD缶のメリットは重ねて保管することで場所を取らないことや、自立するためバーナーを自立させる必要がないこと等です。

 

CB缶の場合、バーナーにも脚が必要になりますが、OD缶の場合はそれが必要なく、五徳と火が出る部分だけで済みます。

そのため、コンパクトさを売りにしているギアであれば、OD缶一択ということになります。

自転車やバイク、ソロキャンパーに人気

マイクロガスバーナーコンロは、荷物を最小限に抑える必要がある、自転車やバイクなどのキャンパーに人気です。

大きい調理器具が乗らないのがデメリットですが、そもそも小さいギアで十分なソロキャンパーにも人気のギアとなっています。

ファミキャンではサブバーナー程度にしかなりませんが、差別化ができているギアなので、ファミキャンで使いたい方は別のバーナーの方が良いでしょう。

コッヘルに入れたバーナー

▲鍋一つとバーナーだけにすれば、驚くほどコンパクト。これだけでも色々な料理が楽しめる。

 

また、登山等で小型のバーナーを持ち歩く必要がある方、釣り等のシーンで軽食を作りたい方など、様々なアウトドアで活躍できます。

キャンプのようにガッツリ料理をしないアウトドアであれば、マイクロガスバーナーコンロは最適解かもしれません。

スポンサーリンク

感想、まとめ。とにかく最小サイズで火を扱いたい方に

マイクロガスバーナーの使用時

キャンプにおいて料理や食事は一大イベントなので、ファミキャンでは大きいバーナーがあった方が良いでしょう。

料理テーブルとセットになったツーバーナーなどで、がっつり料理するのが良いでしょう。

 

反対に、ソロキャンでツーバーナーは持て余しますし、設営・撤収を一人でやることを考えると、あまり荷物を増やしたくないというのも本音だと思います。

マイクロガスバーナーコンロであれば、OD缶とセットにしても、巾着袋に入れておくことができるサイズです。

コッヘルとセットでケースに入れておき、調理セットにしておくのも良いでしょう。

 

調理道具やお皿なども大小様々ですが、コンパクトなもので統一すれば、一式まとめてもかなりコンパクトになります。

精通したキャンパーが行き着く先は、きっとこういうところなのでしょう。

// adsense遅延