スポンサーリンク

ファミリーキャンプにおすすめのテント!コールマンのタフワイドドームの感想

コールマンのファミリーテントの代表格でもある、タフワイドドーム

キャンプツーリングから始めたキャンプで、私が初めて買った大型テントでもあります。

機能性も高く設営もしやすい、まさに使い勝手の良いテントです。

初心者でも扱いやすいので、ファミリーキャンプがしてみたい!という方にもおすすめです。

タフワイドドーム300

最もオーソドックスなタイプなテントで、この自立式タイプは多くのキャンパーの登竜門でもあります。

(最近は色々なタイプのテントが出ているので、一概にそうも言えないですが)

あまりに人気が高すぎて、人と被ってしまうのが欠点です。

しかし、デニム柄のILも発売されており、そう言った限定カラーを手に入れることができれば、デザインでの差別化は可能です。

スポンサーリンク

コールマン(coleman) タフワイドドームⅳ/300の製品情報

まずはタフワイドドームⅳ/300のスペックをご紹介します。

300というのは300cm × 300cmの正方形であることを示し、一般的にファミリーキャンプで使いやすいサイズと言えます。

一先ずスペックを記載させていただきますが、読んでもよく分からないと思いますので、後で実際に使用した感想を書いていきます。

耐水圧 約2,000mm(フロア:約2,000mm)
定員 4~6人用
使用時サイズ 約300×300×185(h)cm
収納時サイズ 約φ25×75cm
重量 約10.6kg
材質 フライ/75Dポリエステルタフタ(UVPRO、PU防水、シームシール)

インナー/68Dポリエステルタフタ(撥水加工)

フロア/210Dポリエステルオックス(PU防水、シームシール)

ポール/(メイン)アルミ合金約φ14.5mm(フロント)FRP約φ13mm(リアバイザー)FRP約8.7mm(リッジ)FRP約φ7mm

タフワイドドームシリーズには、サークルベンチレーションシステムという、通気性を高める構造が採用されています。

出入り口だけでなく、両サイドにもベンチレーションを設置し、フライシートを引っ張る形でペグダウンすることで、風の通り道を作ります。

これにより、空気が滞留しやすいテント内でも快適に過ごすことができます。

実際の耐水性

耐水圧2,000mmという数値は、一般的に言えば「普通の雨には耐えられるけど、大雨には耐えられない」という程度ものです。

レインウェア等では、2,000mmでは正直心もとないレベルで、お世辞にも耐水圧が高いとは言えません。

耐水性の高いレインウェアでは、耐水圧20,000mmというものもあります。

ただ、実際に使用した感想では、体感的には「大雨」の時でも、浸水するようなことはありませんでした。

これまで様々な環境下でタフワイドドームを使用してきましたが、浸水したことも、それを危ぶんだことも一度もありません。

世間一般的に「土砂降り」と言われるような雨に打たれたこともありますが、全く問題ありませんでした。

耐水性を気にしている方は、普通の使い方で水が漏れることはほぼありませんのでご安心ください。

実際の定員

一般的に、テントは定員-1人が最も快適に使用できるサイズとされています。

大型テントの場合では定員-2人が最適なサイズです。

タフワイドドームの場合も例に漏れずこの法則に該当します。

タフワイドドームの定員は4人〜6人とされていますが、大人6人が寝るのはかなり困難です。

同じ方向に大人6人が寝ると、電車の座席で寝ているような窮屈感になります。

隣同士で少しずつ肩が触れ合っているような、そんなサイズ感です。

直立不動であればぶつからないかもしれませんが、そういうわけにもいきません。

タフワイドドームの実際の定員は大人4人だと思っていた方が良いでしょう。

なお、どうしても6人寝たい場合、同じ方向に5人+足元にコットを横にして寝るのが良いです。

5人も狭いですが、6人で寝るのと比較すると天と地の差です。

1人が横で寝ることにより、5人の窮屈さで6人が寝ることができます。

なお、コットがない場合は寝相で蹴られるので、コットがない場合は同じ方向で寝るようにしましょう。

実際の設営難易度

タフワイドドームは簡単に設営できる部類のテントです。

吊り下げ式と言われるテントで、慣れれば一人でも設営できます

タフワイドドームの設営時

コールマンだけあって説明書も親切なので、初心者の方でも問題なく設営できます。

ただし、初心者の方は最初は2〜3人で設営した方が安心です。

タフワイドドームはベンチレーションやフライシートの接続部等、テントが立ち上がった後にやる作業が少し多いです。

一見意味がなさそうに見えるかもしれませんが、(特に天候が不安定な時は)快適に過ごすために必要なことなので、面倒臭がらず最後まで設営しましょう。

実際の通気性

サークルベンチレーションシステムにより、タフワイドドームは通気性が高いテントです。

適度に風が吹いている場合、横から入ってくる風は本当に快適です。

特にゴロゴロ昼寝している時なんかは最高に快適ですね。

しかし、やはりフライシートを締め切ってしまうと、サークルベンチレーションシステムがあってもそれなりに湿気や温度が籠ります

毎回都合よく風が吹いているわけでもないので、いくら通気性が良くても限界があるのです。

他のテントと比較して、環境によっては通気性が高く涼しいのは間違いないですが、真夏のキャンプはそれ以上の暑さがあります。

そのため、通気性が高いというのは事実ですが、過信し過ぎない方が良いでしょう。

グランドシートとインナーマットが必要

タフワイドドームだけでなく、一般的なドーム型テントは、グランドシートとインナーマットが必要です。

タフワイドドームは初めてのテントとしてもおすすめなので、特に初めてテントを買う方は注意してください。

実店舗のアウトドアショップで買う時はグランドシートとインナーマットのセット商品があったり、店員さんがセット購入を推奨してきます。

また、「初めてテントを買う」という旨伝えておけば、大体の場合はグランドシートとインナーマットを進めてくるので、買い忘れはありません。

しかし、インターネットの場合は誰も案内をしてくれないので、買い忘れのないようにしましょう。

グランドシートの様子

グランドシートはテントの下に敷き、地面からの冷気や湿気を防いでくれます

撤収時にグランドシートを取り除くと、地面がびしょびしょになっていることがあります。

グランドシートがない場合、テントが直接その水分に当てられるので、場合によっては染み込んでくることすらあります。

そしてインナーマットは、テント内をふかふかにしてくれるものです。

インナーマットがないと、腰が痛くてまともに眠れません。

私がタフワイドドームで寝る時は、インナーマットを二重にしています。

二つ買うのでお金はかかりますが、寝心地は大きく向上します。

なお、上に重ねるインナーマットは、少し可愛いデザインにしています。

そしてもう一つ、睡眠の質を高めるために必要なのがマットです。

銀マットでも良いですが、個人的にはインフレーターマットがふかふかで好みです。

インフレーターマットは中に高反発のスポンジ素材が入っており、蓋を開けると勝手に空気が入って膨らみます。

そのため、敷くだけのマットと比較して反発力が高く、ふかふかになります。

ただ、インフレーターマットは少し嵩張りますので、車の積載量とも相談して決めてください。

なお、タフワイドドームで、睡眠の質を高める方法をまとめていますので、こちらもご参考にしてください。

リンク : テント内をふかふかにする方法!テント内を快適にして深い睡眠を!

スポンサーリンク

家族が快適に眠れる、ファミリーキャンプにおすすめサイズ!

タフワイドドームは大人6人は眠れないよ!という話をしましたが、逆に大人4人であれば非常に快適に眠れます。

家族で言えば、大人2人と子供3人くらいまでは快適です。

家族構成は人それぞれですが、少子化・核家族化が進む現代では十分なサイズと言えるでしょう。

居住スペースは300cm × 300cmなので、つまるところ縦も300cmあります。

私は身長177cmありますが、300cmあれば上下には十分なスペースがあり、とても快適です。

足元に荷物を、そして枕元にスマホやメガネケースを置いても、十分な広さを確保できることができます。

大き過ぎず小さ過ぎず、まさにファミリーキャンプに適したサイズと言えるでしょう。

ドーム型テントは居住性抜群で扱いやすい

ドーム型テントは、様々なタイプのテントの中で、非常にオーソドックスなタイプです。

オーソドックスということは、世間一般に浸透している、とも言えます。

広く世の中に受け入れられるものは、万人に扱いやすく、平均的に高い機能を持っているものが多いです。

ファミリーキャンプにおけるドーム型テントも、まさにそういった類です。

居住性、扱いやすさ、耐水性、通気性、そして価格を兼ね備えています。

説明書を見れば誰でも簡単に設営でき、雨や風にも強く、広くて快適。

どれも特化したわけではありませんが、全てが及第点です。

タフワイドドームの設営途中

同じくドーム型でファミリーキャンプに人気なのはスノーピークのアメニティドームですが、こちらはタフワイドドームよりも値段が高いです。

(その分居室部分が広く、機能も高いですが。)

長く使うものなので、デザインや機能が気に入れば、値段はそこまで気にしなくて良いと思います。

スポンサーリンク

感想、まとめ。タフワイドドームで家族で楽しい思い出を!

私が初めて買った大型テント、タフワイドドーム300をご紹介しました。

それまでは一人で設営するようなツーリング用テントしか持っていませんでしたが、車でがっつりキャンプをしたくなり、購入したのがこのテントです。

今は他に新しいテントも手に入れ、登場の回数が少ないですが、友人とキャンプする時には活躍してもらっています。

タフワイドドームは非常に頑丈で、大雨や強風の中で何度も使いましたが、今まで壊れずにやってこれました。

テントを複数持つと使用頻度は下がってきますが、それでも、今後とも長く使っていきたいテントです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク