冬キャンプのチェアの寒さはチェアカバーで快適に!【防寒対策】

chumsのチェアカバーチェア
この記事は約6分で読めます。

1年間はあっという間で、ついこの間たで夏だったと思えば、いつの間にか冬キャンプ真っ盛りです。

ストーブなしではキャンプができないような季節になりましたが、最近は冬キャンプの人口も増えてきたので、あまりオフシーズンという概念ではなくなってきたのかもしれません。

 

しかしウィンタースポーツではないアウトドアは、大抵冬は人口が減ります。

まぁ寒いから当然です。

 

このブログを読んでくださっている方は冬キャンプ好きも多いと思いますが、ある程度キャンプ沼にハマっていなければ、普通は真冬にキャンプなんて行かないですからね。笑

スポンサーリンク

冬キャンプには冬用ギアを使うことも多い

冬キャンプを楽しむ人は、ストーブを用意し、冬用のシュラフを買い、厚着をして湯たんぽを買って・・・と、重装備の人がほとんどです。

そこまでしてわざわざ冬に外で寝泊まりしなくても・・・と思われるかもしれませんが、むしろ道具を使うのが楽しいのです。

レインボーストーブとチタンマグ

 

これは完全に趣味の世界なので、キャンプをしない友人に話をしても、理解不能なことも多いと思います。

 

私も冬にしか使わない、冬キャンプ用のギアをたくさん持っており、同様に冬キャンプで道具を使う楽しみを満喫しています。

しかしそんな私も、冬用として持っていないのが「チェア」です。

嵩張るので「冬用チェア」まで買うのは大変

冬キャンプを楽しむ多くの人は、冬用にしか使わない、冬キャンプ用のギアを持っています。

しかしチェアにおいては、夏冬兼用の人が多いです。

ロゴスのあぐらチェア(正面)

 

もちろん、夏用と冬用で分ける必要のないキャンプ道具も多く存在します。

たとえば焚火台やテーブル等は、夏冬という概念はありません。

 

むしろそういった夏冬兼用の方が多いですが、しかし往々にして人間が触るもの、防寒系は冬には冬用があった方が便利です。

人間が直接座るチェアも防寒対策をしておくと快適なギアの一つです。

夏用チェアは通気性が高い

一般的なアウトドアチェアは夏に使うことが想定されているため、蒸れないように通気性が高くなっています

しかし逆に冬は通気性が仇となり、お尻や背中から風が入り、とても冷えます。

メイフライチェア

 

にも拘わらず、私のように冬用チェアを持っていない人が多いのは、やはり収納による問題が大きいです。

チェアが温かい素材であれば、冬キャンプはもっと快適になるとは思いますが、これ以上チェアを何本も買うのは一般庶民には困難です。

 

4人家族であっても、4本だったチェアが8本になるのはかなり収納を圧迫します。

ただでさえキャンプ道具は場所を取るので、「もっと欲しいけど家族に怒られる・・・」という人も多いと思います。

そもそも動かないから余計寒い

キャンプ自体が何かをするものではなく、基本的に座っている時間が長い趣味です。

そのため、冬は特に寒さが響きます。

レインボーストーブと富士山

 

私はよく湯たんぽを抱きかかえて、上からブランケットをかけたりしますが、動かないとそれでも末端から冷えてきます。

そもそも冬キャンプは寒いものであり、その寒さを自分のギアで乗り越えることが楽しみの一つ、とも言えると思います。

スポンサーリンク

チェアカバーでチェア自体を暖かく!

嵩張ってもよければチェアの防寒対策は色々ありますが、収納を気にするのであればチェアカバーがおすすめです。

コールマンのチェアカバー

画像出典 : coleman

アウトドアチェアの企画は似たようなものが多いため、一般的なアウトドアチェアであればぴったり収まり、汎用的に使えるカバーがあります。

サイズさえ確認できれば他社製品であっても問題ありません。

 

フリース素材のものも多く、チェアカバーをするだけで体感の暖かさは大きく変わります。

chumsのチェアカバー

お洒落なチェアカバーをすれば、ガラッとチェアのイメージを変えることもできます。

また、チェアカバーであれば、4人家族が4つ買ったとしても、そこまで嵩張ることはありません

この収納力の高さは魅力です。

コールマンのチェアカバー収納時

 

画像出典 : 楽天市場

製品によりますが値段もそれほど高くないため、最も手軽にチェアの防寒対策をする方法の一つと言えるのではないでしょうか。

ブランケットや湯たんぽで万全な対策に

チェアカバーを使う場合は、あわせてブランケット等を使うのがおすすめです。

チェアカバーをするだけでお尻や背中部分の暖かさは大きく変わりますが、上下包まることで更に体温を逃がしません

私はチェアの上でよく胡坐をかいているのですが、このやり方であれば足先まで温めることができます。

 

更に湯たんぽを入れれば薄着でも良いくらいの温かさが生まれます。

リンク : 冬キャンプの防寒対策に直火可能なマルカの湯たんぽがおすすめ!

レインボーストーブと湯たんぽ

個人的に、湯たんぽは冬キャンプでは手放せないギアになっています。

 

他にはチェアカバーの上位互換として、電気の力を借りる方法もあります。

チェアカバーにヒーターが内蔵されている、ロゴス(LOGOS)のヒートユニット・背付クッションシートは非常に良いギアです。

ヒートユニット・背付クッションシート

画像出典 : LOGOS

ただし欠点として、フリーズ素材等ではないので、電気がない環境下ではチェアカバーの方が暖かいです。

電源はモバイルバッテリーで確保するケースが多いため、電池切れには要注意です。

 

また、熱源が入っている分、チェアカバーよりは嵩張ります

なお、ヒートユニットシリーズはシュラフ等も発売されているため、ヒートユニットシリーズで固めるとかなり暖かいです。

リンク : 冬キャンプのチェアの寒さ対策に!ロゴスのヒートユニットシリーズが暖かい

ヒートユニット・アンダーシュラフマット

スポンサーリンク

感想、まとめ。夏用チェアでもカバーで冬用に!

冬キャンプをしていて「チェアが寒い」と感じる方は、まずはチェアカバーをつけてみることをおすすめでします。

山の上や雪中キャンプではチェアカバーでは能力不足かもしれませんが、大抵の冬キャンプではチェアカバーでもスペック的には十分です。

chumsのチェアカバー②

画像出典 : 楽天市場

 

値段も手ごろで持ち運びやすく、家族分も用意できるので、導入ハードルも低いと思います。

手軽に導入出来て暖かさを実感できる、言い換えればコスパの良い防寒対策だと思いますので、検討してみてはいかがでしょうか。

コメント