スポンサーリンク

【無料キャンプ場】絶景!静岡県の野田山健康緑地公園に行った感想

静岡県富士市にある無料キャンプ場、野田山健康緑地公園に行ってきました。

公営のキャンプ場ながら、非常に設備がきれいで、おまけに美しい景色も眺めることができるキャンプ場です。

このキャンプ場は私が一番気に入っているキャンプ場で、正直ここに記事を載せようか悩むほどでした。

道が狭くアクセスが悪いのが欠点ですが、それを差し置いても魅力たっぷりの無料キャンプ場です。

スポンサーリンク

野田山健康緑地公園の基本情報

野田山健康緑地公園は静岡県富士市にあります。

東京からだと少し遠いですが、土日でも問題なく行ける距離です。

ただ、後述しますが非常に道が悪く、大きな車や車高の低い車では苦労すると思います。

その反面、それが理由で人が少ないのも魅力の一つです。

  • 所在地 : 静岡県富士市中之郷, 静岡県富士市中之郷(この住所でたどり着くのは不可能です。Google mapで「野田山緑地健康公園」と検索してください。)
  • トイレの綺麗さ : 綺麗
  • 炊事場の綺麗さ : 綺麗
  • 電波 : au、docomo、ソフトバンク共に有り(実測)
  • その他 : 道路が非常に狭いです。また、自動販売機や売店等も一切ありません。

無料キャンプ場にもかかわらず、設備が非常に綺麗ですので、女性でもそれほど抵抗なく使えると思います。

テントを張るのは何もない一面の芝なので、ペグも刺さりやすく安定します。

キャンプエリアが広い無料の野田山健康緑地公園
どこに張ってもいい、この広さは魅力的です。

絶景の駿河湾を一望!

野田山健康緑地公園からは、駿河湾の絶景を一望することができます。

テントを張っている場所からは見えないのですが、裏手に階段があるので、そこを登ると展望スペースがあります。

野田山健康緑地公園の階段
階段は滑りやすく足元が不安定なので、気をつけて登ってください。

また草も結構生えているので、サンダルや半ズボンで登ることはおすすめしません。

足元に気をつけながら階段を上ると、そこからは駿河湾の形がはっきり見える、美しい景色が広がっています。

美しい駿河湾の野田山健康緑地公園
天気が良ければ風も気持ちよく、何時間でも眺めていられる、そんな場所です。

もちろん、夜になると今度は美しい夜景が広がります。

海は真っ暗なので、駿河湾の海岸に沿って街の灯りが見えます。

展望ポイントからは東海道線や東名高速が見えますので、電車や自動車の行き交う様子を眺めることができます。

この景色は本当に綺麗で、椅子とお酒があればずっとそこに居られるほどです。

天気が良ければ富士山も見えます!

野田山健康緑地公園からの富士山
一度で2つの絶景を楽しめる、お得感満載の無料キャンプ場です。

(夜景も入れれば3つですね。)

トイレも炊事場も無料とは思えないほど綺麗

野田山健康緑地公園は、無料のキャンプ場とは思えないほど施設が綺麗です。

私は遭遇したことはないですが、定期的に市の職員が清掃に来ているのでしょうか。

しかしアクセスが悪いので、こんな山の上まで清掃に来ているかは不明です。

アウトドアが好きな女性であれば、これくらい綺麗なトイレであれば全く抵抗感ないと思います。

無料のキャンプ場は炊事場やトイレが汚い場合が多いので、その点でも野田山健康緑地公園は評価できます。

道幅も駐車場も物凄く狭い

野田山健康緑地公園の最大の欠点はアクセスの悪さにあります。

途中から、「本当に合っているのか?」と思うほど道幅が狭くなります。

野田山健康緑地公園は道幅が狭い
3列シートの車で行く場合はそれなりの運転技術が必要です。

また、ガードレールもないので、脱輪、落下の危険があります。

更には車一台しか通れるスペースがないので、対向車が来た場合、脱輪の危険すらある非常に狭い道をバックで戻るしかありません。

私は幸い対向車に遭遇したことはありませんが、いつもドキドキしながら運転しています。

また、駐車場が小さいので、運が悪いと停められない可能性があります。

私は満車だったことはありませんが、その駐車場以外は停める場所がありませんので、満車の場合は空くのを待つしかないと思われます。

まとめ、感想。道の悪さを越えれば雄大な景色が待っている!

道幅が非常に狭く、運転に自信がないとなかなか行けないキャンプ場ですが、それを加味しても行く価値はあります。

展望ポイントから見る駿河湾は本当に絶景です。

夜景を楽しみながら会話をすれば、忘れられない思い出となることでしょう。

魅力たっぷりの無料キャンプ場、野田山健康緑地公園ですが、行く際は運転に気をつけましょう。

頑張ってたどり着いた先には、きっと忘れられない光景が待っていると思います。

繰り返しになりますが、車の運転には十分注意し、運転技術に自信がある人と必ず一緒に行くようにしてください。