スポンサーリンク

群馬県のオートキャンパーズエリアならまたに行ってみた

群馬県みなかみ町にある、オートキャンパーズエリアならまたに行ってきました。

みなかみ町は、東京から近いスキー場「ノルン水上」でも有名で、東京から比較的近い場所に位置しています。

余談ですが、このキャンプ場はノルン水上スキー場と同じ運営会社です。

スポンサーリンク

基本情報

ノルン水上スキー場に行ったことがある方は、おおよその場所はイメージがつくかもしれません。

比較的東京から近いとは言え、キャンプ場は山の上にありますし、関越道は混雑しますので、東京から出発される方は時間に余裕を持って行くことをおすすめします。

  • 住所 : 群馬県利根郡みなかみ町藤原字洗の沢 6322-2(good mapで「オートキャンパーズエリアならまた」と検索してください。
  • 電話 : 0278-75-2700
  • 入場料 : 大人1,000円、子供500円
  • 料金 : 芝生サイト2,500円〜3,500円、電源サイト3,500円〜4,500円(かなり細かい料金設定があります。)
  • チェックイン : 13:00〜18:00
  • チェックアウト : 〜11:00
  • その他 : シャワー有り

設備は充実していますが、料金は少し高めです。

※料金等は予告なく変更される場合がありますので、必ず行く前に公式サイトをご確認ください。

湖が美しく、自然が綺麗なキャンプ場

オートキャンパーズエリアならまたは、キャンプ場の名前にもなっているように、「ならまた湖」のほとりに位置しています。

時期にもよりますが、ならまた湖ではカヌー等のアクティビティも楽しむことができます。

ならまた湖畔の様子
私が行ったのは春先の寒い時期でしたが、カヌーをしている人はいました。

また、キャンプ場が山奥に位置していることもあり、本当に空気が美味しいです。

都会に住んでいる方は、十分に自然を満喫できると思います。

芝生サイトは区画の制限がない

受付及び管理棟はならまた湖のほとりにあります。

オートキャンパーズエリアならまたの管理棟
売店の商品は充実していますし、シャワーもこの管理棟にあるので、何度か使うことになります。

私は今回は芝生サイトを予約したので、チェックインを済ませたらサイトへ向かいます。

後述しますが、私が行った時はとても寒かったので、電源サイトにすれば良かった、と後悔しました。

しかし、芝生サイトには区画がないので、自分の好きなようにテントを張ることができます。

オートキャンパーズエリアならまたのサイトの様子
写真のように、車が走行可能なメインの道路が一本走っており、その両脇にテントを張る感じです。

周りは森で囲まれているので、どこにテントを張っても快適です。

このキャンプ場に限ったことではないですが、フリーエリアと言っても、他にもキャンプするがいて、皆で利用する場所であることを忘れないでください。

春先や秋に行く場合は寒さに注意!

私が行ったのはシーズン開始したばかりの5月上旬でしたが、とても寒かったです。

というか極寒でした。

どれくらい寒いかというと、朝起きると車のフロントガラスが凍っているほどです。

オートキャンパーズエリアならまたの朝にガラスが凍結
ある程度冷え込むことを予想して暖かい装備を持って行ったので、夜寝る時は何とかなりましたが、朝晩の冷え込みは想像以上でした。

もっと暖かい時期に行けばこれほど極寒ではないと思いますが、それでも平地との寒暖差は激しいと思います。

オートキャンパーズエリアならまたに行かれる際は、油断せず、防寒具を多めに持って行くようにしましょう。

春秋に利用するのであれば、電源サイトにするのも良いかもしれませんね。

しかしながら、寒い中での焚き火は格別ですし、暖かいスープもより一層美味しいです。

寒い中では寒い中での楽しみがありますので、春秋に行く場合はそういったグッズを持って行くといいでしょう。

まとめ、感想

オートキャンパーズエリアならまたは自然が豊かで、「ならまた湖」という美しい湖のほとりに位置しています。

四方を森で囲まれ、そしてキャンプ場内には川が流れ、まさに都会の喧騒を忘れられるキャンプ場です。

値段が少し高いのがデメリットですが、サイトも広く静かなので、それでも満足できるキャンプ場だと思います。

ただし、平地との寒暖差は激しいので、防寒具を忘れずに持って行くようにしてください。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク