キャンプ用扇風機・サーキュレーターにお勧め!5050 WORKSHOP「ペルソナ」

逆さに吊るしたサーキュレーターキャンプ道具・ギア
この記事は約6分で読めます。

キャンプで使う扇風機(ファン)には、二つの役割があります。

一つは夏のキャンプで涼を取るための手段。

もう一つは冬のキャンプで、暖房器具の暖気を循環させるためのサーキュレーターとしての役割。

 

どちらも重要ですが、キャンプギアとしての扇風機で、特におすすめなのが5050WORKSHOPのPERSONA(ペルソナ)というファンです。

キャンプで使うのに最適な機能がついていますので、ご紹介します。

スポンサーリンク

5050 WORKSHOP DeSKTOP SWING FAN「PERSONA(ペルソナ)」のスペック

まずは、ペルソナの製品情報からご紹介していきます。

扇風機のペルソナ

▲カラーバリエーションは二色。どちらもキャンプにぴったり。

 

キャンプ用品としてつかうのであれば、やはりサイズは気になります。

大きさの感覚は人それぞれですが、個人的には「可もなく不可もなく」と言ったところです。

大きくて嵩張る、と言うこともなければ、コンパクト!と驚くこともなく、ハンディ扇風機であればこれくらいかな?というイメージです。

 

サイズ165×283×131mm
重量500g
素材ABS+PP樹脂
動作環境0〜40℃
バッテリーリチウムイオン 3.7V 4000mAh
入力(充電)DC5V/1.6A
出力(給電)DC5V/2.0A

 

後述しますが、USB出力が可能なので、モバイルバッテリーとして使用することもできます

最近のギアは何でもこの機能がついている気がします。

 

USB給電機能がここまで広がると、モバイルバッテリーがなくても、何かしらのキャンプギアで充電できる、という状況になってきます。

そういう意味で、USB給電機能は「あるに越した機能」と言えるのではないでしょうか。

ランタンスタンドやハンガーに吊るせる!

5050WORKSHOPのペルソナの便利な点は、ランタンスタンドやハンガーに吊るすことができる点です。

逆さに吊るしたサーキュレーター

もちろん、平面に置いて使用することもできるので、自分のキャンプギアや利用シーンに合わせて使用することが可能です。

 

たとえば、扇風機として利用するにあたって、顔に直接風を当てたい、とした場合、ランタンスタンドをチェアの近くに設置し、ちょうど良い高さで吊るして使う、ということもできます。

ちょうど良い高さのテーブルがあればテーブルに置いて使っても良いですし、臨機応変に使うことができます。

 

また、特に注目して欲しいのが、吊るすための取っ手部分に凹凸があることです。

この凹凸があることで、吊るした扇風機がクルクル回らずに済むのです。

ペルソナのフック

▲取っ手部分に凸凹があるため、安定して使用できる。

 

非常に小さな点ですが、この点は非常に重要で、扇風機の使い勝手を大きく左右します。

冬キャンプでは高所の空気の循環が重要

冬キャンプでサーキュレーターとして使用する場合は、高いところに吊るすことで、効果を最大限に発揮することができます。

テントに吊るしたサーキュレーター

暖かい空気は上に行くので、サーキュレーターで空気を上から下に流すことで、暖かい空気を下に送ることができます。

テント内で暖房器具を使用する場合、上部に空いた換気口から全て抜けてしまい、なかなか暖まらない、ということがあります。

 

そんな時、サーキュレーターを使用することで空気を循環させ、その恩恵を最大限に享受することができます。

上下の角度調整可能でより使いやすく

ペルソナのファン部分

5050WORKSHOPのペルソナの良い点は、左右だけでなく上下の角度調整ができることです。

小型の扇風機の場合、上下の角度調整ができない商品も多くありますが、上下に角度調整ができると使い勝手が大きく向上します。

特にキャンプで使用する場合、毎回同じ環境下ではないので、設置位置の微調整が必要になることが多いです。

 

左右の調整だけでは対応できず、上下左右全ての方向に調整が必要になるケースもあります。

盲点になりがちですが、意外とこの機能は重要です。

スポンサーリンク

首振り機能で空気を循環

ペルソナは、左右の角度調整はもちろん、首振り機能によって空気の循環を促すことができます。

 

夏に扇風機として使用する場合でも、自分の顔の同じ場所にだけ風が当たるのは不快ですよね。

上下の調整に加えて首振り機能があることで、自由度が高く風向き調整ができます。

ペルソナのボタン

▲右側のボタンを押すと首振り機能をオンにできる。

 

冬キャンプでサーキュレーターとして使用する場合でも、首振り機能を使うことによって、より効率的に暖気を循環させることができます。

逆さに吊るせて、上下に角度調整ができ、左右に首振りがある、という三点が揃うことで、キャンプ用の扇風機として非常に使い勝手が良くなります。

4,000mAhのバッテリー内臓で最長12時間稼働

5050WORKSHOPのペルソナのバッテリーは4,000mAhの容量があり、最長で12時間連続稼働させることができます。

キャンプは一泊二日以上で行うケースが大半なので、12時間の連続稼働では足りない場合もありますが、4,000mAhはハンディ扇風機としては十分に大きい容量と言えます。

 

「最近はUSB給電機能がついたギアが増えた」と言うことを書きましたが、その給電機能を使ってペルソナを充電することもできます。

今やバッテリーもギア同士でシェアする時代になったのかもしれません。

スポンサーリンク

使わない電力はUSBで充電(給電)も可能

モバイルバッテリーのイメージ

扇風機として使わない場合は、ペルソナでも他のデバイスを充電することができます。

 

4,000mAhあれば、機種にもよりますが、スマートフォンを約2台充電することもできます。

もちろん、カメラやランタン等、他のギアを充電するのにも使えます。

 

ただし、容量が大きいと言っても、あくまで扇風機やサーキュレーターとして使用するために作られたものです。

使わないことが明確なキャンプに、モバイルバッテリーの代わりに持っていくのはあまりに嵩張ります

モバイルバッテリーとして持って行くのであれば、モバイルバッテリーはモバイルバッテリーで探用意するのが良いと思います。

参考記事 : キャンプに携帯していくモバイルバッテリーの選び方

感想、まとめ。現時点で私が知る、サーキュレーターの最適解

ペルソナのスペック

5050WORKSHOPのペルソナ(PERSONA)は、キャンプ用の扇風機・サーキュレーターとして非常に優秀です。

現時点で私が思うに、キャンプのサーキュレーターとして最適だと思います。

吊るすためのフック、上下の角度調整、左右の首振り機能、バッテリー容量、どれをとっても使い勝手抜群です。

 

一点だけ難点があるとしたら、値段が高めなことでしょうか。

しかし一度買ったら長く使えるものなので、値段の価値は十分にあると思います。

 

夏・冬通してキャンプを快適にしてくれるギアなので、検討してみてはいかがでしょうか。

コメント