スポンサーリンク

ダッチオーブンで簡単!丸ごとトマトの炊き込みご飯

今回は、ダッチオーブンでつくる

「丸ごとトマトの炊き込みご飯」

をご紹介します。

Colemanダッチオーブン(私たちの場合は10インチ)を使用し、具材を入れて炊くだけの簡単レシピ♪

コールマンの公式サイトに載っているレシピを参考に作っていますが、コールマン製のダッチオーブンじゃなくても作ることができますのでご安心ください。

実際に作ってみましたが、本当に簡単です!!!

丸ごとトマトの炊き込みごはんの完成形

スポンサーリンク

材料【2〜3人前】

まずは材料をご紹介します。

それほど特殊な調味料は必要ありませんので、一般的なスーパーマーケットであれば全て揃うと思います。

コンビニで揃えようとすると、少し厳しいかもしれませんが・・・。

材料は以下の内容で2〜3人前です。

人数が多い場合は材料を適宜増やしてくださいね。

  • トマト…3個(フルーツトマトを使うと甘みが増します。)
  • お米…2合
  • コンソメスープ…360cc(固形コンソメを溶かして作ります)
  • 塩、粗挽きコショウ…少々
  • 粉チーズ…適量
  • EXオリーブオイル…適量
  • バジル…適量(なくても問題ありません。)

私たちが作った時はバジルは使いませんでしたが、なくても十分美味しかったです。

調理方法

調理方法は基本的には ダッチオーブンの中に入れて炊くだけです。

ダッチオーブン料理に慣れていない方へ、入門料理としてもおすすめできます。

なお、ダッチオーブンは大きさや値段もピンキリなので、自分のニーズに合ったものを選んでください。

丸ごとトマトの炊き込みご飯は、あまり料理が得意じゃなくても、簡単に作れます。

男だけのキャンプでも作れる難易度ですので、ぜひ挑戦してみてください。

では、作り方をご紹介します。

1. お米を研いで水気をよく切っておきます。

コンソメスープを作り、トマトのお尻に

十字に浅く切れ目を入れます。

切れ目を入れると味が染み込んで

美味しくなりますよ♪

2. ダッチオーブンに1.のお米とトマト、コンソメスープを入れ、粗挽きコショウを入れます。

丸ごとトマトの炊き込みごはんの炊き込み前

実際に入れるとこんな感じです。

ちゃんとできるのかな~?と不安になるかもしれませんが、美味しくできますので思い切って蓋を閉めましょう!

3. 火にかけ、沸騰したら(鍋と蓋の間から湯気が出てきたら)弱火にして10分ほど炊きます。

4. 炊き上がったら蒸らしましょう。

蒸らす時間は10分〜15分程度です。

ダッチオーブンは保温性が高いので、10分~15分程度では冷めたりしませんのでご安心ください。

5.蒸らし終わったら粉チーズとEXオリーブオイルをかけ粗挽きコショウとバジルをトッピングします。

粉チーズはたっぷりかけるととてもおいしく仕上がります。

もちろんかけ過ぎには注意です!

なお、バジルは今回かけませんでしたが、なくても十分美味しく出来上がります。

炊き込みごはんがふっくらほくほく炊けました

改めて写真を見ても、とても美味しそうです。

白いお米の上に赤色のトマトが映えるのも、丸ごとトマトの炊き込みご飯の良い点ですね。

料理は見た目も大事ですので、見た目で食欲が沸くのも重要な要素です。

ここまで出来たら、最後は混ぜます。

ちょっと寂しいですが、トマトを崩して混ぜ合わせる必要がありますので・・・

6.直前にトマトをくずして混ぜ合わせ…

最後に炊き込みごはんを混ぜます

完成!!

コールマンのサイトでは所要時間は約30分程度とされていますが、1時間程度は見ておいた方が良いでしょう。

トマトを切って入れて炊くだけととってもシンプルかつ簡単ですが、とてもおいしく仕上がります♪

感想。簡単に作れるダッチオーブン料理!

丸ごとトマトの炊き込みご飯は、作り方が簡単なこともあり、しっかりと作れているか心配な料理です。

お米を炊いている以上、調理の途中で蓋を開けることはあまり推奨されません。

そのため、最後までちゃんと作れているかはわかりません。

ただダッチオーブンの中に入れて炊いただけなので、ちゃんと出来ているかドキドキな部分があります。

でも、このドキドキ感があることで、蓋を開けたときに盛り上がります

特に、丸ごとトマトの炊き込みご飯は見た目も良く、香りも良い料理なので、開けた時に感動しやすい料理です。

もちろん、味も申し分ありません。

トマトとコンソメが絶妙にマッチしていて、ついついおかわりしてしまいます。

塩気があるので、お酒にも合いますよ!

非常に簡単な料理なので、ダッチオーブンをお持ちの方はぜひ挑戦してみてください。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク