スポンサーリンク

TARAS BOULBA(タラスブルバ)のペグハンマーが格好いい!

実は私、現在ペグハンマーを新調しようかと計画しています。

今使っているのは、昔買ったコールマンの安いペグハンマーなのですが、ペグ抜きが輪っか状になっているので使いにくいんですよね。

最近のペグハンマーはペグ抜きがデフォルト機能のようになっているので、そろそろ買い替えたいところです。

本当は壊れたら書い直そうかと思っていましたが、ペグハンマーってそう簡単には壊れないですよね。

物欲は出ているものの、ペグハンマーも結構高いので、品定めしながら悩み続けています。

そんな時にふと見つけたのが、TARAS BOULBA(タラスブルバ)のペグハンマー

機能性もありますが、何よりグリップの感触が気に入りました。

TARAS BOULBA(タラスブルバ)のハンマー

画像出典 : 楽天市場

候補の一つです。

スポンサーリンク

TARAS BOULBA(タラスブルバ)とは?

そもそも、TARAS BOULBA(タラスブルバ)というブランドをご存知でしょうか?

「ご存知でしょうか?」とか偉そうなことを言っていますが、ぶっちゃけ私もあんまりよく知らないです。笑

タラスブルバは1976年からある、老舗アウトドアブランドで、アパレル系をはじめ多様な商品を販売していたようです。

2010年頃にブランドとしては一旦幕を閉じたものの、2018年にスポーツオーソリティの独自ブランドとして復活しました。

日経新聞によると、これからキャンプにも特に力を入れていくようです。

アウトドアブランドとしてのノウハウも豊富なので、大いに期待しましょう。

ちなみにタラスブルバのキーワードは次の3つだそうです。

「自然の知恵」「技術と科学」「人々の思い」

なんか格好いい。

TARAS BOULBA(タラスブルバ) TBハンマーのスペック

まずはTBハンマーのスペックから見ていきましょう。

サイズは一般的なペグハンマーとさほど変わりませんので、特筆して使いにくかったり、使いやすかったりすることはありません。

重量は715gなので、ペグハンマーとしては重たい部類に入ります。

スノーピーク(snowpeak)のペグハンマーPRO.Cでも670gなので、目安にすると分かりやすいかもしれません。

サイズ 3.5×33×13cm
重量 約715g
付属品 ストラップ
素材 ヘッド/ステンレス鋼

ハンドル/天然木

個人的な注目ポイントは天然木で作られたグリップです。

素手でペグダウンすることはあまりないですが、触り心地はとても良かったです。

スポーツオーソリティで実物が触れる

上述のとおり、タラスブルバはスポーツオーソリティの独自ブランドとして再登場しました。

スポーツオーソリティと言えばalpine designなイメージがありましたが、現在はタラスブルバに力を入れています。

リンク : 初心者にもおすすめ!コスパ抜群な人気キャンプブランドをご紹介!

タラスブルバはalpineよりも少し高級志向なギアですが、スポーツオーソリティに行けば実物を触ることができます

(もちろん店舗や期間によって異なります。)

タラスブルバのハンマーヘッド

ちなみにスポーツオーソリティはイオン系列の企業なので、イオンの中に出店していることがほとんどです。

イオンに行った際には是非スポーツオーソリティに立ち寄り、タラスブルバのギアを見てみてください。

スポンサーリンク

グリップもヘッド部分もデザイン性が高い

TBハンマーのグリップ部分は天然木で作られており、非常に手に馴染みます。

タラスブルバのハンマーグリップ

また、天然木の木目調がいい感じに高級感を醸し出しています。

TBハンマーはヘッド部分のデザインにも凝っており、まさに「格好いいペグハンマー」です。

これがアンティーク雑貨のお店に置いてあっても、なんら違和感がありません。

ここまでデザインへの拘りが垣間見えるペグハンマーというのはなかなかないと思います。

ペグ抜き、栓抜きと機能性抜群!

見た目ばかりに注力して、肝心の機能性が低かったら仕方ありません。

しかしTBハンマーはその点もしっかり抑えており、使い勝手も良いです。

グリップも優秀で振り下ろしやすく、最近は当たり前になってきたペグ抜きもしっかりついています。

更には栓抜きとしても使えるようになっており、いざという時にも役に立ちます。

タラスブルバの栓抜き

画像出典 : 楽天市場

まぁキャンパーであれば十徳ナイフのようなものを持っている方も多いので、絶対に必要かと問われると微妙ですが、なくて困ることはあっても、あって困ることはありません。

リンク :ビクトリノックスの十徳ナイフ(マルチツール)を20年使用!耐久は?

それも、デザイン性を壊さずにこういった機能を付加できるのは凄いと思います。

スポンサーリンク

感想、まとめ。ペグハンマーにも拘りたい人に!

タラスブルバのペグハンマーをご紹介しました。

まだどのペグハンマーにするか、また買い換えるべきかを決めかねていますが、もし買い換えるのであれば有力候補の一つです。

ペグハンマーは長く使うことになるので、どうせ買い換えるなら拘ったものにしたいところです。

タラスブルバのTBハンマーはまさに「拘り」が詰まったペグハンマーです。

タラスブルバのハンマーヘッド②

機能性は十分、デザインも特徴的で、他のペグハンマーとは少し色が違うペグハンマーと言えるのではないでしょうか。

拘りたい方におすすめのペグハンマーと言えるかもしれません。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク