スポンサーリンク

注目の焚き火台グリル!ユニフレームの焚き火ベース450

焚き火台にもグリルにもなる、というのは今では珍しくもなく、多くのギアに取り入れられている構造の一つです。

そんな一体型の焚き火台・グリルですが、「焚き火ベース」という、ユニフレーム(UNIFLAME)から非常に気になるグリルが登場しました。

名前的には焚き火台のようですが、焚き火台とグリル、どっち寄りかと言われると、どちらかと言うとグリル寄りです。

もちろん薪でも焚き火を楽しめますが、炭でも扱いやすそうです。

今も焚き火台はユニフレームのファイアグリルにお世話になっていますが、買い換えるなら有力候補の一つです。

ユニフレームの焚き火ベース①

スポンサーリンク

ユニフレーム(UNIFLAME) 焚き火ベースの基本情報

まずは焚き火ベースのスペックをご紹介します。

鍋やケトルを吊るすことができるチェーンが一体になっていることが最大の特徴と言えるでしょう。

サイズ
使用時 : 約500mm × 810mm × 790mm

収納時 : 約500mm × 560mm × 75mm

材質 ステンレス鋼
重量 約5.3kg
付属品 スチール網 : 150mm × 400mm

1枚、300mm × 400mm 1枚

分散耐荷重 約15kg

収納時は縦横は変わりませんが、本体部分が平らになるので薄く折りたたむことができます

縦横のサイズが変わらないので手で持ち歩くのは少し嵩張りそうですが、車への積載は問題ないでしょう。

ちょっとしたシートの隙間にも入れることができます。

鍋やケトルが吊るせる、便利なグリル!

焚き火ベースには鍋やケトルを吊るすためのフックが標準装備されています。

最近のグリルはこのような一体型になっているものも増えてきましたが、やはり便利なのは間違いありません。

トライポッドのように自立型のものと比較すると、素材の量が少ないので圧倒的にコンパクトです。

積載が簡単なのはもちろん、火にかけるものなので掃除や手入れも楽です。

ただ、トライポッドのように別々のギアで自立型の場合は、存在感が大きく見た目は格好いいです。

クワトロポッドの使用時②

太いポールでドスンと立つトライポッドはキャンプらしさがあるので、どちらを選ぶかは好みです。

しかしながら、もし私が次にグリルを選ぶなら、焚き火ベースのような一体型のギアも良いですね。

焚き火ベースの使用時

画像出典 : UNIFLAME

スポンサーリンク

折りたたみ式で非常にコンパクト

焚き火ベースのもう一つの特徴は、収納時に非常にコンパクトになるということです。

より正確に言うと、コンパクトと言うより「薄くなる」と言った方が正しいかもしれません。

本体部分が完全に平らにできるようになっているので、使用時には790mmあった厚さが収納時にはたった75mmになります。

1/10以下に薄くなったと言うことです。

焚き火ベースの収納時

画像出典 : UNIFLAME

ロゴスのピラミッドグリルをご存知の方は、似た構造なのでイメージがつきやすいかもしれません。

ピラミッドグリルの折りたたみ時

ただし、骨組みが細かく分離できるわけではないので、薄くはなりますが小さくはなりません

つまり、車のちょっとした空きスペースに差し込むことはできても、バイクや自転車の場合はそれなりに嵩張るということです。

もし可能なら、バイクや自転車の場合は薄さを活かしてサイド載せられると良いかもしれませんね。

これだけで焚き火台にもグリルにもなる!

名前から推測するに、焚き火ベースはユニフレームとしては、焚き火調理器として製作していると思います。

薪グリルの売れ行きが良かったので、その第二弾として出したのかもしれません。

(予想ですが)

しかし注意が必要なのは、焚き火ベースは薪グリルの後継機でもなければ進化系でもありません

完全に別物と思っておいた方が良いでしょう。

もし焚き火調理器としての使用をメインに考えている場合は、薪グリルの方がおすすめです。

薪グリルがヒットした理由の一つに、薪ストーブのように横から薪をくべることができた、というものがあります。

薪や木の枝等を横にして入れることで均等に火力が出るので、薪の炎でも比較的ムラが少なく調理器することができました。

しかし焚き火ベースの場合は普通のグリルと同様、上から薪や炭を入れることになります。

上に物が吊るさがっている場合、大きい薪はそのままでは入りません。

ユニフレームの焚き火ベース②

画像出典 : UNIFLAME

その代わりと言ってはなんですが、焚き火ベースの場合は火にかけるギアの高さを変えることで火力調整ができます。

保温状態にしたり、炭火を使えば微妙な火力調整も可能です。

また、網の上で肉を焼きながら、ケトルでお湯を沸かすことも可能なので、スペースの有効活用も可能です。

無骨な焚き火料理というより、スペースの広さを活かした炭と薪のハイブリッドと考えておくと良いかもしれません。

スポンサーリンク

感想、まとめ。機能性を最大限に追求したグリル!

同じユニフレームの薪グリルと異なり、焚き火ベースは焚き火調理器として特化したものではありません。

もちろん焚き火で調理することも問題なくできますが、もし薪を使った焚き火料理を楽しみたいのであれば、薪グリルの方がおすすめです。

焚き火ベースを選ぶのはバーベキューのような焼肉をしたり、火力調整が必要な料理を楽しむ場合でしょう。

もちろん、この話は薪グリルと比較した時の話です。

そもそも薪グリルは選択の範囲外で、正方形で皆で囲えるグリルをお探しなのであれば、焚き火ベースはおすすめです。

横方向からは使いにくいかもしれませんが、焚き火ベースにであれば下で肉を焼きながらお米を炊く、ということも可能です。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク