スポンサーリンク

【無料キャンプ場】京都府の新橋サンダル公園に行ってみた【ブログ】

私は関東に住んでいるキャンパーなので、基本的には関東圏のキャンプ場をメインに利用しています。

しかし今回は、お盆休みを利用して少し遠出をしてみました。

利用したのは京都府にある「新橋サンダル公園」という無料キャンプ場

予約不要だったのと、口コミで「ゲリラキャンプにおすすめ」と書かれていたので、利用してみることにしました。

今回の旅は特に予約をせず、前日に全てを決めるものだったので、それくらいのハードルの方が丁度良いと思ったからです。

新橋サンダル公園の看板

スポンサーリンク

新橋サンダル公園の基本情報

新橋サンダル公園は京都府福知山市にあります。

あまりこの辺りの地形に詳しくないので名前の由来はよく分かりませんが、特徴的な名前ですね。

新橋と聞くと、東京近郊の人々はSL広場があるサラリーマンの街を思い出すと思います。

この新橋と関係があるのかないのかも分かりませんが、その後に続く「サンダル公園」もなかなかに強烈なネーミングです。

住所 〒620-1444

京都府福知山市三和町芦渕

行き方 Googleマップで「新橋サンダル公園」と検索
携帯・スマホ電波 au、docomo、ソフトバンク共に有り。(実測)
トイレ なし
炊事場 なし
その他 予約不要。

焚き火NG。

虫多め。

公営の公園なので、Googleマップ等の地図アプリでは検索できる場合が多いです。

しかし、通常目的地として設定するような場所でもないので、カーナビによってはフリーワード検索ができない可能性があります。

住所入力ではざっくりとした場所しか出てこないので、スマートフォンやタブレットの地図アプリを利用することをおすすめします。

なお、写真は駐車場の様子です。

新橋サンダル公園の駐車場

キャンプ場とは完全に区切られているので乗り入れはできませんが、十分な広さがあります。

公園のキャパシティを考えると、駐車場の方が一杯で入れない、ということはほとんどないと思います。

※ここで紹介している情報は予告なく変更される場合がありますので、行く前に市区町村の公式HP等をよく確認するようにしましょう。

トイレも炊事場もない、ただの公園

新橋サンダル公園は、今まで私が利用してきたどの無料キャンプ場よりも、ある意味設備がないキャンプ場です。

※なお、関東メインですが、今まで利用してきた無料キャンプ場はこちらをご参考にしてください。

リンク : 関東(埼玉・群馬・山梨・静岡・長野、他)の無料キャンプ場を紹介!

私が今まで利用してきた無料キャンプ場も、新橋サンダル公園と同様に公営の公園が多いです。

しかし、無料と言えど、市がキャンプ場として解放している場所なので、最低限トイレはありました。

ところが、新橋サンダル公園には炊事場はもちろん、トイレすらありません

新橋サンダル公園のサイトの様子

トイレは近くのコンビニまで歩くか、仮設トイレを持ち込むか、我慢するかの三択になります。

仮設トイレまで持ってる人はかなり稀ですし、子供は我慢できないこともあります。

ファミリーキャンプには絶対に向かない、比較的難易度の高いキャンプ場です。

水飲み場はあるが水は出ない

公園内をよく見渡すと、一つだけ水飲み場がついています。

よく公園にあるタイプで、上部に飲料用、下部に手洗い用がついています。

しかし、新橋サンダル公園の水飲み場は蛇口が取られており、水が出ません

これが冬なら凍結防止に完全に水を止めているのかもしれませんが、私が行ったのはお盆真っ最中の夏です。

この時期に使えない水道は、おそらく冬になっても使えないでしょう。

そのため、飲み水も予め多めに買っておくことをおすすめします。

個人差はありますが、目安としては1人2〜3Lと言ったところでしょうか。

河原に降りて水遊びができる

新橋サンダル公園は河原に降りられるようになっており、夏であれば水遊びもできます。

キャンプをするのはハードルが高くても、水遊びだけをしにくる方もいます。

河原なのでバーベキュー場としての利用も多いですね。

バーベキューでもトイレは使えないのは同じですが、そもそも徒歩で来れる場所ではないので、日帰りであればドライバーが必要です。

ドライバーさえいれば、トイレの問題も解決します。

そのため、新橋サンダル公園は昼間の方が利用者が多いです。

しかし一変、河原は夜になると静寂に包まれるので、夜は河原に降りてお酒を飲むのも気持ち良いです。

(河原の虫の数は凄まじいです。)

河原とランタン

ただし、トイレに行きたくなっても近くにトイレはないので、飲み過ぎには注意が必要です。

また、無料でバーベキューや水遊びができるだけあって、一部汚い場所があります。

ポテトチップス等のゴミが散乱していたり、花火のゴミが放置されていたり。

これまで色々な無料キャンプ場に泊まりましたが、定期的な掃除も入っていないようで、無料キャンプ場の中でも汚い方です。

トイレも炊事場もないため、定期的に掃除する場所がなく、役所の人がほとんど入っていないのかもしれません。

近くにコンビニはあるが、徒歩で行くのは困難

新橋サンダル公園は山の中にありますが、幸いなことに比較的近くにローソンが一件あります。

新橋サンダル公園でキャンプをする場合は、高確率でお世話になるコンビニです。

飲み物や食べ物を買ったり、我慢していたトイレをしたりと、一回のキャンプで複数回行く場合もあるでしょう。

ただし、比較的近くと言っても、車で5分程度、徒歩で20分弱かかります。

酔い覚ましついでであれば20分くらいは歩けない距離ではないですが、往復40分はそれなりにこたえます。

トイレがないため、可能であれば誰か飲まない人がいて、いつでも車が運転できる状態にしておいた方が良いです。

その人には少し申し訳ないですが、トイレや買い出しの際には車を出してもらうと楽です。

とは言え、不可能な距離ではないので、どうしても徒歩でコンビニに行きたい場合は歩くのも良いでしょう。

静かで星も綺麗なので、どうせなら散歩がてら何人かで行きたいところですね。

(道中は住宅地もあるので、くれぐれも騒がないようにご注意ください。)

感想、まとめ。とにかく宿泊場所を探している方に!

色々な無料キャンプ場に泊まってきましたが、ここはもはや野営地です。

設備という設備は一切なく、全て自分で持ち込み、全て自分で片付けなければなりません

新橋サンダル公園のサイト②

役所の人が定期的に掃除をしているわけでもなく、所々に汚さが目立つ公園です。

ただ、悪条件であるが故、利用者がかなり少ないのも事実です。

私がお盆に行った時は、たまたま長距離ツーリングを楽しむライダーが宿泊地としてソロキャンプをしていましたが、それ以外に人はいませんでした。

それに対して、新橋サンダル公園自体はそれなりに広く、複数のテント・タープが張れるスペースがあります。

そのため、ハイシーズンでも広々と、また運がよければ貸切キャンプも可能です。

その代わり不便なこともたくさんありますが、個人的にはこういった野営地に近いような場所は嫌いではありません

近くに住んでいる方、急遽キャンプがしたくなった方、旅の寝床に使いたい方、ぜひ訪れてみてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク