ロゴスの抗菌セルフインフレートマットカバーが気持ち良い!

インフレートマットカバーの全体像キャンプ道具・ギア
この記事は約8分で読めます。

栓を開けると空気が自動的に入るインフレートマットは、キャンプ用のマットとして大変便利です。

私も愛用していますが、肌触りに難があるため、インナーマットの下に設置しています。

 

しかしロゴス(LOGOS)の抗菌セルフインフレートマットカバーを使えば、インフレートマットだけでも、気持ちよく寝ることができるようになります。

肌触りは小さな事のように感じるかもしれませんが、これが意外と大きく快適性を左右します。

スポンサーリンク

ロゴス(LOGOS) 抗菌セルフインフレートマットカバーのスペック

まずは、抗菌セルフインフレートマットカバーがどのようなものか、その製品情報からご紹介していきます。

 

抗菌セルフインフレートマットカバーにはシングル用とダブル用があります。

ソロキャン用とファミキャン用というわけではなく、持っているギアによって合わせて購入するものです。

 

なお、ロゴスの純正のインフレートマットが推奨されていますが、サイズさえ合えばどのインフレートマットでも使用可能です。

シングル用「抗菌セルフインフレートマットカバー・SOLO」

抗菌セルフインフレートマットカバーSOLO

インフレートマットがシングルサイズの場合は、こちらの「SOLO」タイプを購入することになります。

ファミキャンであってもそれぞれシングルサイズのマットを使うこともあるので、「ソロ」と言われると少し違和感があります。

 

総重量(約)330g
使用サイズ(約)幅54.5×奥行180.5×高さ3cm
収納サイズ(約)直径10×高さ17cm
カラーブルー、ベージュ
対応LOGOSマットセルフインフレートマットシリーズ5.5/7cm厚
対応マット厚(目安)(約)7cm以内
対応マット最大幅(目安)マットフォームの幅+厚み=約64cm
対応マット最大長(目安)マットフォームの奥行+厚み=約192cm
構成マットカバー 、収納袋
主素材コットン、ポリエステル、PVC

 

コットン素材で非常に肌触りが良いため、気持ちよく眠ることができます。

抗菌セルフインフレートマットカバー自体の厚さは大したことないので、あくまで肌触りを良くするものと理解しましょう。

ダブル用「抗菌セルフインフレートマットカバー・DUO」

抗菌セルフインフレートマットカバーDUO

ダブル用のインフレートマットをご使用の場合は、「DUO」サイズとなります。

ただし、2人で並んで寝るような場合でも、シングルサイズのインフレートマットを2個使うのであれば、カバーは「SOLO」サイズ2枚を選びましょう。

 

総重量(約)710g
使用サイズ(約)幅130×奥行185.5×高さ3.5cm
収納サイズ(約)直径13×高さ18cm
対応LOGOSマットセルフインフレートマットシリーズ5.5/7cm厚
対応マット厚(目安)(約)7cm以内
対応マット最大幅(目安)マットフォームの幅+厚み=約140cm
対応マット最大長(目安)マットフォームの奥行+厚み=約195cm
構成マットカバー 、収納袋
主素材コットン、ポリエステル、PVC

 

基本的な機能はSOLOもDUOも同じです。

違いはサイズだけなので、シングルサイズのインフレートマットか、ダブルサイズのインフレートマットか、どっちを持っているかで決めてください。

 

この場合、「大は小を兼ねる」というわけにもいかないので、適正サイズを選ぶようにしましょう。

インフレートマットの肌触りを大幅改善

インフレートマットをはじめ、シュラフ等もポリエステル系のギアは肌触りが悪いのが難点です。

インフレートマットの場合、つるつる滑るため、少し斜めになっている地面では特に寝心地が悪化します。

それでも眠れないほどではないので、我慢しながら寝ている人も多いと思います。

 

ポリエステル系の素材は原価が安く、汚れにも強いため、丸洗いしにくいインフレートマット等には適しているかもしれません。

そこで、丸洗いできるカバーをコットン等の肌触りの良い素材で作り、快適に眠ろうというのが、抗菌セルフインフレートマットカバーの目的です。

インフレートマットカバーの端

▲カバーは伸縮性が高く、肌触りも良いため、使い勝手が良い。

枕カバーも大変優秀だった

私は自動で膨らむインフレート枕を使用していますが、こちらも同様、肌触りが悪いのが難点でした。

私は横向きになって寝るため、枕は肌に触れることから、特に肌触りが気になりました。

参考記事 : LOGOSのインフレートまくらとcolemanのインフレーターピローを比較!

コールマンのインフレーターピローⅱ

▲インフレート枕は便利だが、肌触りが悪い。

 

そこで、同じくロゴスから発売されている、インフレート枕専用のカバーを購入しました。

インフレートまくらカバー

ロゴスショップの店頭で見つけ、軽い気持ちで買った枕カバーですが、これが非常に快適でした。

今ではカバーなしでは眠れないほど、キャンプで必ず使用する愛用ギアとなりました。

参考記事 : インフレートまくらでも痛くない!ロゴスの枕カバーの感想

スポンサーリンク

滑り止め付きで使いやすい

抗菌セルフインフレートマットカバーには、裏面に滑り止めがついています。

これが意外と便利です。

インフレートマットカバーの滑り止め

▲裏面には軍手の滑り止めのようなものがついている。

 

ポリエステル系の素材は滑りやすいため、傾斜のあるキャンプ場ではズルズルと滑っていくことがあります。

朝になったらテントの端まで移動していた、ということはよくあります。

 

裏面に滑り止めがあることで、マットごと移動してしまうことを防止ししてくれます。

裏面の滑り止めは寝心地に直接影響しませんが、ちょっとした快適性の積み重ねが睡眠の質に繋がり、そして睡眠の質の向上はキャンプの快適性に直結します。

洗濯機で丸洗い可能

抗菌セルフインフレートマットカバーは洗濯機に入れ、丸洗いすることができます

インフレートマットカバーの全体像

▲収納ケース付きのため、洗濯して乾かしたらそのまま収納できる。

 

キャンプ道具は自宅で洗えないサイズのものも多く、衛生面が気になります。

寝る時は自宅以上に汗をかくのに、マット自体は天日干しするくらいで限界です。

 

しかし、なかなか洗えないギアもカバーをして使用することで、そのカバーを洗濯すれば綺麗になります。

枕カバーも同様ですが、「洗濯機で洗える」という点は非常に大きなメリットとなります。

スポンサーリンク

キャンプに嬉しい抗菌防臭効果

洗濯機で丸洗いできるのが魅力の一つですが、そもそも抗菌セルフインフレートマットカバーには「抗菌防臭効果」があります。

商品名の頭に「抗菌」とつけるくらい、メーカーとしてアピールしたいポイントなのでしょう。

SILVADUR(TM)の抗菌テクノロジーは、銀とポリマーを組み合わせた独自の構造により高い抗菌効果を長期間維持できる抗菌技術です。被膜形成したポリマー構造から銀イオン(Ag+)を放出する新しい技術を用いており、洗濯や汗による影響もほとんどなく、50回の洗濯耐久検査においても99%の抗菌効果を維持しています。また、銀は細菌やウイルスに対し高い効果が認められており、菌の抑制による防臭効果も期待できます。

LOGOS公式より引用

 

何だか良くわかりませんが、とにかく最新技術により、抗菌作用があるようです。

匂いは雑菌が繁殖することにより発生することが多いため、抗菌作用があれば防臭作用もある、ということです。

感想、まとめ。抗菌セルフインフレートマットカバーで快適な寝心地を!

ハンモックで寝る様子

キャンプが嫌になる原因として多いのが、寝不足です。

 

どれだけ快適なギアを使っても、家のベットでエアコンをつけて眠るのと比べれば、睡眠の質は落ちます。

だからと言って睡眠の質をあきらめるのではなく、可能な限り快適に眠れるよう、工夫することが求められます。

しかしこの工夫こそ、キャンプの醍醐味でもあります。

キャンプは敢えて過酷な環境に行き、自分の知識やギアをフル活用して、快適性を獲得する趣味です。

 

もしインフレートマットを使用し、寝心地の悪さにお悩みの方がいましたら、抗菌セルフインフレートマットカバーは一考の余地があると思います。

肌触りを改善するだけでも、睡眠の質は大きく改善します。

コメント