スポンサーリンク

アウトランダーPHEVのバッテリー容量を計ってもらうには?

前回、アウトランダーPHEVをディーラー車検に出してみた、という記事を書いた際に、少しだけ触れましたが、ついでにバッテリー容量を計ってもらいました

私は約3万km走った状態の中古車を購入したので、劣化具合が気になっていました。

キャンプの時にバッテリーを使ったり、バッテリー走行したりすると、「あれ?もしかしてバッテリー容量少ない?」と感じることもありました。

そこで、安心感を得るためにも、今回はバッテリー残量を計測してもらうことにしました。

スポンサーリンク

バッテリー残量が気になる!

アウトランダーPHEVの魅力は、なんと言っても家庭用コンセントも使えるリチウムイオンバッテリー

特に私はキャンプで使うことを想定してアウトランダーPHEVを買ったようなものです。

アウトランダーPHEVのコンセント

そのため、バッテリー容量は、私にとってある意味アウトランダーPHEVの生命線とも言えます。

まぁ生命線と言っても、純EV車ではないので、ガソリンで走るんですけどね。

ただ、キャンプで使うのがメインの私にとっては、このバッテリー容量は非常に重要です。

発電音はキャンプ場ではうるさいので、道中で発電した電力でこたつキャンプを楽しめるくらいの容量は欲しいものです。

バッテリー容量はディーラーで計ってもらえる

アウトランダーPHEVのバッテリー容量は、ディーラーに行くと計測してもらえます。

詳しい料金表が出ていなかったので分かりませんが、商売なので、有料のようです。

掲示板の口コミ等で調べてみると、3,000円という人もいれば、10,000円と言う人もいるようです。

もしかしたらディーラーによって値段が違うのかもしれませんね。

詳しくは行きつけのディーラーで確認してみてください。

ちなみに私の場合は無料でした。

車検の時に計測してもらうのが良い

私の場合、前回車検に出した時に、合わせてバッテリー容量の測定をお願いしたので、おそらく無料でした。

これが当時の見積もりですが、特にそれっぽい項目は見つかりません。

アウトランダーPHEVの見積書

まぁしれっとどこかの見積もりに含まれているのかもしれませんが、特段説明もなかったので、そこは信用することとにしましょう。

私の場合、ディーラー車検にするか民間車検にするかを悩んでおり、最終的にはディーラー車検にしたのですが、バッテリー容量の測定が一つの決め手でもありました。

リンク : 【見積書】アウトランダーPHEVをディーラー車検へ!費用はいくら?

そのため、予約をする際に「バッテリー容量の測定も行ってもらえますか?」と確認しました。

もしかしたら、「ここで拒否するとうちで車検を通して貰えない!」と思われたかもしれません。

まぁ、車検に通したのは初めてなので、もしかしたらバッテリー容量の測定は必ずやってくれる点検項目なのかもしれませんが・・・。

スポンサーリンク

時間がかかるので注意

バッテリー容量の測定をお願いした時に、少し時間がかかると言われました。

正確な時間は分かりませんが、少なくとも1日くらいは時間を見ておいた方がいいかもしれません。

なお、私の場合は車検と一緒にやったのであまり参考にならないかもしれませんが、土曜日の朝10時に車検に出しました

そして戻って来たのは日曜日の午後3時頃です。

バッテリー容量の測定だけでこれほど時間がかかるわけではないですが、通勤手段としてアウトランダーPHEVを使用されている方は、使えない時間が出てくる可能性があることは覚えておきましょう。

バッテリーを一回空にするので、使い果たした方が良い

アウトランダーPHEVのバッテリー容量を計測する際は、一度バッテリーを完全に空にさせるようです。

どうせ放電させてしまうので、極力電力は残さない方がお得だとディーラーの方には言われました。

アウトランダーPHEVのメーター

私の場合は家で充電しないので、普段はほぼ空状態のことが多いのですが、家で充電される方は注意が必要です。

ちなみに、バッテリーを空にした状態から満タンまで充電して、どれくらい入るかなテストをしているのでしょうか。

最後はフル充電された状態で返ってきました。

なんかちょっと得した気分です。笑

バッテリー残量が増える、なんてことも?

私はアウトランダーPHEVを中古で購入したのですが、今回バッテリー容量を計測したところ、「購入時より増えてる」と言われました

そんな事あるのでしょうか?

前のオーナーは急速充電を頻繁に利用していた可能性があり、バッテリーに負荷がかかっていたかもしれないそうです。

それを改善したので、バッテリー容量が増えた、と。

一度劣化したバッテリーが、普通充電を利用することによって回復する、というのはどうしても違和感が残ります。

普通充電であっても、急速充電と比較して負荷が軽いだけであって、負荷がかかる事については同じような気がします。

劣化速度が遅くなることはあるにせよ、回復することなんてあるのでしょうか?

何となく疑問が残りますが、まぁとにかくバッテリー容量が増えました。笑

スポンサーリンク

感想、まとめ。ディーラー車検に出す時は是非計ってもらおう!

今回、アウトランダーPHEVのバッテリー容量を計測してもらいましたが、やはりバッテリー容量を把握していると安心しますね。

ちなみに私は入庫から5年目のアウトランダーPHEVですが、バッテリー容量は92%ありました。

アウトランダーPHEVのバッテリー容量

こんな感じで、計測結果は紙でもらえます。

何となく、バッテリー容量が小さい気がしていたのですが、気のせいだと判明しました。

車検と一緒に計測するとお金がかからない(ディーラーによるかも?)のかもしれませんが、普通に計測すると有料のようです。

高い話では10,000円かかる、という口コミもあるので、10,000円かけてまでやる必要があるかは微妙です。

もしこれから車検に出される方は、予約時に確認してみてはいかがでしょうか?

計測するだけで何か改善するわけではないので、可能な限り無料でやってもらいたいところです。

最後に、アウトランダーPHEVに関する記事は以下のカテゴリにまとめていますので、ご参考にしてください。

カテゴリ : アウトランダーPHEV

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク

コメント

  1. ぶりゅ吉 より:

    はじめまして。
    先日、アウトランダーphevを契約し現在納車待ちです。
    納車までワクワクして色々調べており、ブログの記事も大変参考にさせて頂いております。ありがとうございますm(_ _)m
    情報交換ではないですが、他の読者の方も参考になるのではと思い、一つご連絡させて頂きます。
    私は往復60キロの通勤をしているため、毎日普通充電します。そのため、バッテリーのリフレッシュも兼ねて、1年に1回ぐらいバッテリーの容量測定をしていきたいと思っているのですが、ディーラーでは8,000円ほどとのことでした。
    そこで充電カードのプレミアムプランの特典、容量測定クーポン、年に1回が使えると思っています。入会翌月にクーポンが配布されるので13ヶ月入会していれば2回測定可能です。また13ヶ月入会していれば退会の違約金3,000円も不要です。退会後約一年で、再入会、13ヶ月後再退会、とすることも、細かくすればできそうです、、そこまでするかは各人の判断ですが。
    容量測定したい前月にプレミアムプランに加入、13ヶ月加入、2回容量測定したら退会予定です。
    充電カードのメリット、容量測定のコスト低減といった面で参考になれば幸いです。

    • 週末キャンパー より:

      コメントありがとうございます!
      プレミアムプランは普通充電が無料なので、この点をフル活用できればメリットは大きそうですね。

      ディーラーによるのかもしれませんが、私の場合、ディーラー車検に出したら無料でバッテリー計測を行っていただけました。
      しかし車検まで時間がある場合なら、8,000円払ってバッテリー計測するよりも、プレミアムプランの方がお得ですね。

      情報ありがとうございます、参考にさせていただきます!