スポンサーリンク

メッシュ仕様の焚き火台は、メッシュから火種が落ちる?その対策は?

私はユニフレーム(UNIFLAME)から発売されているロングセラー焚き火台、ネイチャーストーブを使っています。

コンパクトさが人気で、キャンプツーリング等にも最適な焚き火台でもあります。

ネイチャーストーブを使用している様子

この焚き火台、底面がメッシュになっていることにより、風を効率的に取り込む仕様になっています。

しかし、このメッシュ加工が曲者で、メッシュから火(火種)が落ちることがあります。

ネイチャーストーブだけでなく、同じような仕様の焚き火台はそうなのではないでしょうか。

火の扱いはキャンパーの責任ですので、直火NGサイトを焦がしたりしないよう、対策を講じる必要があります。

スポンサーリンク

メッシュ仕様の焚き火台とは?

メッシュ仕様の焚き火台とは、焚き火台の底面がメッシュになっているものです。

火が燃えるには酸素が必要なので、風を取り入れることにより燃焼効率が上がります。

暖められた空気は上へ昇って行くので、底をメッシュにすることにより、酸素を取り入れることが出来るのです。

ネイチャーストーブの仕組み

画像出典 : UNIFLAME

私が愛用しているネイチャーストーブも底面がメッシュ仕様になっており、少量の木の枝や薪でもよく燃えるようになっています。

燃焼効率の良さも、ネイチャーストーブが人気の理由の一つの一つと言えるでしょう。

ネイチャーストーブの感想は以下でご紹介しておりますので、興味がある方はご参考にしてください。

リンク : ネイチャーストーブ ラージは持ち運びに便利なコンパクト焚き火台!

他にも、同じくユニフレームから発売されている、ファイアスタンド等もメッシュ仕様の焚き火台です。

シンプル且つ合理的な構造で、こちらも人気の焚き火台です。

ファイアスタンドは丸めて持ち運ぶことができる、まさに最軽量の焚き火台と言っても過言ではありません。

無駄な一切ない構造美で、アウトドアショップでも最前列に並ぶ人気の焚き火台です。

メッシュ生地から火(火種)が落ちることがある

ネイチャーストーブを使用していて感じるのが、「メッシュから火(火種)が落ちることがある」ということです。

ネイチャーストーブで焚き火を楽しんで、最後片付けて地面を見ると、焦げた跡が、なんてことになる可能性があるということです。

直火OKのところであれば問題ありませんが、芝サイトだったら完全にアウトです。

わざとではなくても、キャンプ場には大変迷惑をかけることになってしまいます。

メッシュ加工の焚き火台は火が落ちる可能性があると分かっている以上、直火NGのサイトでは何らかの対策は練らなければいけません

焚き火の炎

メッシュ仕様の焚き火台でも、毎回必ず火種が落下するわけではなく、ほとんどの場合は問題なく使用できます。

焚き火台から火が落ちるのは、やはり長時間焚き火を続けた時です。

こういったコンパクト焚き火台は、あまり長時間の使用が想定されていないのかもしれません。

ファイアスタンドでも、ネイチャーストーブと同じように火が落ちるかどうかは検証していないので分かりませんが、原理は同じなのでおそらく落ちると思います。

ユニフレーム以外のメッシュ仕様の焚き火台では、メッシュの大きさによりけりだと思います。

しかし、ユニフレームの焚き火台は燃焼効率と構造をよく計算されているので、風の力を最大に取り入れられるメッシュでの検証結果あることは間違いありません。

鉄板やグリル、アルミホイル等を敷くのが良い

キャンプ場によっては、焚き火台の下に敷くための板を用意してくれているところがあります。

それは、きっとキャンプ場が自らのノウハウに基づいて設置したものでしょう。

しかし、そういった対策は本来キャンプ場ではなく、キャンパー自らが用意するものです。

メッシュから火が落ちると予想できるのであれば、その代替となるものを持ち歩くようにしましょう。

一番無難なのは、焚き火用の鉄板等を一枚用意することです。

その上で焚き火をするわけではなく、ちょっとした火種が、それも稀に落ちる程度ですので、薄い金属板で全く問題ありません。

分厚い鉄板じゃなくても、地面に直接落ちなければ、そこから広がるようなことはないでしょう。

何もなければ、アルミホイルでも代用可能です。

焚き火台の真下、火種が落下する可能性がある場所に一枚敷いておくだけで、その影響は全然違います。

ピラミッドがちょうどいいサイズ

私はグルキャン等でバーベキューをする時、ロゴスのピラミッドグリルを使用しています。

ピラミッドグリルは一応焚き火台としても使えるものですが、灰受け皿が薄くて灰が漏れてしまう可能性があるため、焚き火台としては使っていません。

短時間の焚き火であれば十分使えますが、あくまでグリルの補助的機能に留めておき、焚き火台は別に用意しておいた方が無難です。

リンク : ロゴス(LOGOS)ピラミッドグリルを実際に使用した感想

そんなピラミッドグリルですが、その灰受け皿の部分が、ネイチャーストーブラージにぴったり合います。

ピラミッドグリルとネイチャーストーブ

ピラミッドグリルの灰受け皿の上にネイチャーストーブを置くことで、風を取り入れる構造を活かしたまま、火種が落ちる対策をとることができます。

サイズ感がぴったりで、まるで最初からそういう焚き火台だったんじゃないかと思うほどです。

ピラミッドグリルの上にネイチャーストーブを置く

私はピラミッドグリルを常に持ち歩いているので、単純にあり物で代用しただけです。

おそらく、皆さんも火種受けに使える鉄板やグリル等を持っているのではないでしょうか。

わざわざ買わなくても、ちょっとした工夫をすれば、あり物で対応できる可能性もあります。

直火NGなサイトでは特に注意をしよう!

直火OKのキャンプ場であれば、それほど気にすることはありません。

火種が落ちると言っても少量で、それも長時間焚き火を楽しんだ時だけです。

そもそも直火ができるところなので、少しの火種が落ちるくらいはどうってことありません。

しかし、問題は直火NGのキャンプ場です。

直火を禁止しているキャンプ場は、芝サイトだったり、枯葉が多くて山火事の危険があったりと、それなりに理由があって禁止しています。

直火OKのキャンプ場の方が人気が出るので、何の弊害もなければ直火をOKにしてあげたいと思っていることでしょう。

そのため、直火NGのキャンプ場では、ただ焚き火台を使えば良いだけでなく、地面に火を落とさない配慮が必要です。

メッシュ仕様の焚き火台は燃焼効率が高く快適ですが、火種が落下するリスクがあることも覚えておきましょう。

火の扱いは全て利用者の責任です。

短く使う分には火種が落下するようなことはほぼないですが、焚き火をする時間や燃焼させる薪の量等を考慮し、必要に応じて対策を講じるようにしましょう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク