スポンサーリンク

薪ストーブや焚き火の薪置き場に、ロゴスの薪ラックテーブル!

個人的には、あまりロゴス(LOGOS)っぽくないけど、非常に良いギアだと思うものが出ました。

それは「薪ラックテーブル」です。

薪ラックテーブル

画像出典 : LOGOS

薪を置く台兼テーブルとなる、焚き火や薪ストーブを愛する方には非常に魅力的なギアだと思います。

類似商品は色々なメーカーから出てはいますが、ロゴスは価格も安めでクオリティも高く、コスパが良い企業と言えます。

一流キャンプメーカーでもあるので、ブランドとしても安心ですね。

また、大手メーカーだけあって、直営店に行けば実物を見ることができる場合があります。

私が実際に見た感じだと、良い意味でロゴスらしくない、非常によく作られたギアだと思いました。

スポンサーリンク

薪を地面に置かないために、薪置き場があると良い

薪を置く台は、一体何のためにあるのでしょうか。

見た目が格好いい、というのは一つ理由としてあると思います。

地面に散らかっているよりも整理されていて、熟練な感じがしますよね。

しかしそれだけでなく、地面からの湿気を防ぐ役割も担っています。

薪を地面に直接置いてしまうと、せっかく乾燥している薪が地面からの湿気で湿ってしまうのです。

特に土のサイトや、雨が降った後や朝露の後などは特に湿気が多いので、良い薪であればあるほど乾燥しており、勿体ないです。

焚き火の様子

また、拾った木の枝や燃料であっても、風通し良く宙に浮かせておくことで乾燥され、燃えやすくなります

正直そこまでやらなくても焚き火を楽しむくらいなら問題ありませんが、燃えやすさも違ってきますので、拘るなら薪置き場はぜひ欲しいところです。

ロゴス(LOGOS)の薪ラックテーブルの製品情報

焚き火好きや薪ストーブ好きの方は既に薪置き場を持っている方も多いと思いますが、ついにロゴスからも登場しました。

薪置き場というとかなりマニアックなギアだと思いますが、大手メーカーから発売されるほど浸透してきたのだと思います。

特に冬キャンプを行う人が増え、薪ストーブユーザーが増えてきたことも理由の一つではないでしょうか。

総重量 (約)2.2kg
サイズ (約)35×30×29cm
天板サイズ (約)32×30cm
収納サイズ (約)35×10×37cm
耐荷重目安(静止均等荷重) [下部](約)10kg
[天板](約)12kg
主素材 スチール

サイズや耐荷重は、普通の使い方をする限りは問題ないでしょう。

12kgあればダッチオーブンも乗りますしね。

メインテーブルとして使用するには少し小さいですが、焚き火や薪ストーブの横に置くテーブルとしては十分な大きさです。

材質はスチールなので、少し軽っぽさがありますが、特にスチール製が嫌いな人でなければ問題ないと思います。

収納性抜群で持ち運びも楽

薪ラックテーブルは持ち運びやすいように折りたたみ式になっています。

ロゴスのギアは折りたたみが上手く考えられているものが多い印象ですが、薪ラックテーブルもコンパクトになります。

ロゴスの薪ラックテーブル②

画像出典 : LOGOS

天板に折り目があると使いにくいので、ちゃんと天板に折り目が付かないように考慮されています。

ユニフレームの焚き火テーブルとあわせて使えば、焚き火時のテーブルには困りません。

リンク : 耐熱仕様のユニフレーム(UNIFLAME)焚き火テーブルの感想

収納性やサイズはユニフレームの焚き火テーブルの方が優秀ですが、薪置き場としての利用がメインの薪ラックテーブルとは別シーンで活躍してくれると思います。

スポンサーリンク

薪置き場にもなりテーブルにもなる!

「薪ラックテーブル」という名前からも、あくまでテーブルなのでしょうか。

薪ラックとしての機能がメインなら、「テーブル薪ラック」となるかもしれません。

ネーミングには開発者の想いや深い意味が込められている場合がありますが、ロゴスの開発者はこの薪ラックテーブルを、「テーブルに薪ラックがついたもの」としたかったのか、どっちでしょうかね。

しかし私が触った感じだと、やはりメインは「薪ラック」であると感じました。

ロゴスはの薪ラックテーブル③

テーブルとしても良い商品ですが、これくらいのサイズの耐熱テーブルは飽和しており、わざわざ薪ラックが付いている必要はないです。

折りたたみができて収納性が高いと言っても、薪を置けるようにフレームを湾曲させているので、何も無いよりは嵩張ってしまいます。

ロゴスらしからぬ無骨なデザインで、薪ストーブや焚き火好きを狙い撃ち

ロゴスのギアは無地単色系のものより、どちらかと言うとカラフルでお洒落なキャンプ道具が多いです。

ロゴスはキャンプっぽいデザインも多く、ロゴスのギアだけで統一したサイトは見応えがあります。

ロゴスのあぐらチェア(正面)

しかし薪ラックテーブルはそれらのギアとは一線を画しており、デザインというデザインが施されていません。

色は黒一色で、焚き火や薪ストーブの横に置いても違和感ありません

焚き火や薪ストーブを愛好する方の多くが、カラフルなギアよりも、余計なデザインがなくシンプルなものを好みます。

ロゴスもそんなユーザーを想定してか、シンプルながら格好いいギアに仕上げてきました。

これなら薪ストーブの横に置いてあっても、相性抜群だと思います。

スポンサーリンク

耐熱仕様でダッチオーブンも置ける!

薪ラックテーブルはステンレスで作られているため、天板も耐熱仕様で作られています。

実際にキャンプをしていても、焚き火や薪ストーブの上で温めたケトルをそのままテーブルの上に置きたい、と思う時はよくあります。

耐熱テーブルは様々な種類がありますが、焚き火や薪ストーブに合わせることを前提としているギアでは、耐熱仕様は必須条件と言えます。

ロゴスの薪ラックテーブル④

私は石油ストーブのレインボーストーブを使っていますが、ストーブの上で物を温めるということはよくやります。

しかし加熱しっぱなしも良くないので、十分温まったら耐熱テーブルの上に降ろします。

今では当然のように耐熱テーブルを使っていますが、逆にこれがないと不便で仕方ないと思います。

感想、まとめ。デザインの機能も良い薪置き場!

薪ラックテーブルは、良い意味でロゴスっぽくないギアです。

ロゴスと言えばお洒落で個性的なイメージがあるからです。

しかし焚き火台や薪ストーブに合わせるデザインとなると、シンプルなものが向いています

ロゴスもその点をちゃんと抑えているようで、薪ラックテーブルは落ち着いたブラック一色となっています。

これならキャンプだけに限らず、家に薪ストーブがある方もお洒落な薪置き場として使えると思います。

残念ながら私の家には薪ストーブはありませんが、薪ラックテーブルが置いてある様子を想像するだけで羨ましいです。

家に薪ストーブを設置するのは手入れが大変そうですが、冬に広いリビングで薪ストーブを前に寛ぐ、と言うのは憧れますね。

取らぬ狸の皮算用ですが。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク