スポンサーリンク

【ブログ】バイク王とバイクランドで査定。どっちが高い?【買取】

バイクを売る時、自分のバイクを出来るだけ高値で買い取って欲しい、というのは、当然の話です。

もちろん、長年お世話になった愛車なので、手放した後にどのような扱いをされるか、というのも大事です。

しかし、高値で買い取ってくれるというのは「良いバイクだ」という評価を得たと同義で、少なくとも目に見える範囲ではその後も大切に扱われるということです。

次のオーナーに渡った後にどういう乗り方をされるかは分かりませんが、その点はどうすることもできません。

「大切にします!」とか言われても、そんなのは社交辞令のようなものです。

バイクに乗っているイラスト

今回、私は5年間乗った愛車を手放しました

紆余曲折あったのですが、結論を言えばバイクランドに買い取ってもらうことにしました

それまでの経緯とやりとりなんかを書いていきます。

スポンサーリンク

元々バイク王とレッドバロンで悩んでいた

極力高値で買い取って欲しいのは当然ですが、バイク買取業社が多数ありすぎて、どこが高値なのかよく分かりません。

しかし、口コミを見てみると、どうやらバイク王とレッドバロンが高いという評価を受けているようです。

レッドバロンはダイレクト買取なので、中間マージンを取る業者が少ないため、高めに買い取れるのだとか。

ただ、レッドバロンは乗り換えだと高く出すという口コミもよく見ました。

乗り換えの時に発生する利益を少し削って、買取価格に上乗せすることがあるため、のようです。

囲い込みの一つですね。

私の場合は乗り換えではなかったものの、レッドバロンがダイレクト買取であることには変わりはなかったので、その二社のどちらかで売ろうと決めていました。

一括査定で見積もりを依頼

私は引っ越し等、大きなお金が動くときは一括査定を依頼します。

一括査定はたくさんの業者の相手をしなければなりませんが、これをやるかやらないかで全然値段が変わります

自社一社なのか、他の会社も出てくるのかで、相手の出方も違ってきます。

バイクブロスのような大手の一括査定なら、私が今回買い取ってもらったバイクランドやバイク王も同時に査定依頼ができます。



もし一括査定をしなかったとしても、他の会社にも査定をしてもらうフリだけはしておきましょう。

それだけでも多少値段が変わってきますが、「いくらでしたか?」等の質問には「秘密です」と答えておけば良いです。

なお、一括査定の場合でも、他社の査定額は教えない方が無難です。

業者は極力安く買い取りたいので、他社の金額を知ってしまうと、他社よりも少し高い金額を提示してきます。

また、「この後、他に査定はありますか?」とも聞かれるので、必ず「あります」と答えるのもコツです。

傷やカスタムで値段が下がる

バイクの買取額は、オークション価格をベースに査定されます。

オークション価格であれば、バイク屋は買おうと思えばそれをその値段で買える、ということだからです。

(とは言え、オークションに参加したり、回収したり、手続きしたりの人件費がかかる)

バイクのイメージ

オークションでは極上物、上物、中物と、あと一つ下物(じゃなかったかも?)があり、次のように分けられているとのことでした。

極上物 新古車レベル
上物 綺麗、高く売れる
中物 年代相応
下物 動かなかったり、大きな破損がある

これらは傷やエンジン等、5〜6個の項目で構成されており、それぞれが5段階評価で査定されます。

カスタムは1つ、2つと増えるたびに評価が下がっていきます。

ノーマルよりも高いカスタムを使っていても、価値は下がっていくのです。

それほど、人それぞれの趣味がある、ということですね。

元パーツがあるかどうか

カスタムしている場合は、元パーツがあるかどうかでも価値が変わります。

私の場合はミラーやレバー等のカスタムがありましたが、凍結した路面でスリップした時に折れてしまったので、元パーツはありませんでした。

厳密に言えば片方は取っておいたのですが、片方だけでは評価の対象にはならないようです。

メルカリ等に出せば、ちょっとした小銭にはなるのかもしれませんが、バイク買取では両方揃って初めて価値があるようです。

バイク王とバイクランドの電話を取った

一括見積もりをするとバイク買取業社から一斉に電話がかかってきます。

全部を取る必要はありません、アポはいくつかだけで良いです。

私の場合は、まず取ったのがバイク王でした。

電話をかけてくるのが一番早かったのと、本命でもあるので、当然アポを取りました。

バイクショップのイメージ

その次にかかってきたのがバイクランドです。

正直本命はバイク王で、納得できなければレッドバロンに持って行こうかと思っていたので、バイクランドに買い取ってもらうつもりはあまりなかったのですが、まず金額感を知ることが必要なのでこちらもアポを取りました。

まずバイクランドに見てもらい、その後にバイク王、納得できなければレッドバロンに持って行く作戦です。

他の業者もいくつか電話がかかってきましたが、時間の都合上、一先ずその方向でいくことにしました。

メールや電話では最大価格38万円と提示

一括査定の後電話を取ると、最大の買取額を教えてくれます。

最大の買取額で買い取られることはまずありませんが、相場と、自分の出方を知るために聞いておいた方が良いでしょう。

私の場合はバイク王の最大買取額が38万円で、その他の業者が大体34万円〜36万円程度でした。

お金のイラスト②

ただ、最大買取額なんて言った者勝ちなところがところがあるので、正直あまり参考にはなりませんが、バイク王が少しだけ高かったです。

午前10時からバイクランド、午前11時からバイク王

私はその日丸一日空けてあったので、10:00〜バイクランドでざっくりと価格を教えてもらい、11:00〜バイク王、そして最後にレッドバロンと場合によってはSOXに持って行くつもりでした。

また、その3日後も空けてあったので、結果的にバイク王が高ければ、また査定依頼をする、というプランです。

(その時も保険をかけて一括査定を再度利用する)

レッドバロンは罠感はあった

結局レッドバロンには持って行っていないのですが、レッドバロンはインターネットを見てると、どうも罠の匂いがありました。

と言うのも、レッドバロンは他社見積もりから+3万円で買取りをするという宣伝を出しています。

しかし、調べてみると、実際に+3万円で買い取ってもらったのはレアで、乗り換えの場合やそれでも十分儲かる価格の場合のことが多そうです。

お金のイラスト

しかし、それだと景表法違反になる恐れがあるのですが、レッドバロンの+3万円買い取りには罠があります。

レッドバロンの+3万円買い取りを利用するためには業者名が記載されている「見積書」が必要なのですが、この見積書を出す業者はまずありません

大抵はその場で、口頭での案内のみになります。

私も一括査定の時に何本もの電話を受けて、見積書が出せるか聞いてみましたが、見積書を出してくれるところは一つもありませんでした

「言った言わないになるのが嫌だから」と粘りましたが、どこも「見積書は出せない」の一点張りです。

つまり、レッドバロンの+3万円買い取りは、そう簡単には成立しないのです。

しかしながら、+3万円キャンペーンはそうだとしても、ダイレクト買取により高い買値を出せる可能性はあるので、個人的には本命として考えていました。

バイクランドの見積り価格

まずはバイクランドの買取担当者が来て、私のバイクを見てもらいました。

バイクランドのロゴ

結果は「上物」ということで、これについては後述しますが、同じ価格帯のバイクのオークション価格をiPadで見せてくれました。

オークション価格は「14万5千円」。

査定中は、「うちは何社目ですか?」とか、「他はいくらでしたか?」と聞かれましたが、「2社目ですね、最初の提示価格は内緒です。」と回答しておきました。

本当は1社目なんですが、まずは相手の出方が見たかったので。

最初に提示されたのが20万円

バイクワンからは、「相場が15万円くらいなので、20万円が買取価格になります。」と提示されました。

その上で、タイヤ交換と自賠責の更新が必要なので、それを差し引くと買取価格は15万円になります。

しかし!

今ならその交換費用、弊社が負担するので、今決めれば20万円で買い取りますよ!と。

オークション価格は14万5千円

バイクワンの担当者はオークション価格をiPadで調べていて、私にも見せてくれました。

私のバイクがどれくらいの評価で、その相場のバイクはいくらで取引されているか、というものでした。

私のバイクは5段階評価でオール4くらいだそうなので、14万5千円だという参考価格を見せてもらえました。

本気を出せば、この価格で同じクラスのバイクを買うことができる、とも言われましたね。

もちろん、私のバイクの評価がオール4ということ自体がブラフという可能性は否定できませんが、一度スリップによる立ちゴケをしているので、その評価には納得でした。

即決価格は30万円と伝える

さて、今だけ価格として提示された20万円ですが、正直に私にとって即決できるものではありませんでした。

また後で連絡する、と言ったところ、「今は私の権限でやっている。会社に言うと買取価格はオークション価格付近まで下げさせられる。」と言われました。

査定終了時は会社に連絡することが義務付けられているので、もう二度と同じ価格は出せない、と言うのです。

今考えるとこれは営業トークでハッタリだったわけですが、私はこれくらいの値段ならバイク王でも出てくると踏んでいたので、即決はできないと伝えました。

もし出なくても、また一括査定の段階から何度でもやり直すつもりでした。

もはやワルプルギスの夜です。

ワルプルギスの夜

(分からない人ごめんなさい。)

「なかなかアポが取れないから、次来る頃には値段が下がってるかも」とも言われましたが、こちらからすれば代わりはいくらでもいるので、「その時は仕方ないです。」と丁重にお断りしました。

すると、いくらなら即決するのか?と聞かれたので、どうやっても出ないであろう「30万円」と回答しました。

提示額27万5千円

会社に確認するから待ってくれ、と言われ、とりあえずそれを待つことに。

個人権限で査定しているから、会社に言ったら値段が下がるのでは?とツッコみたくなりましたが、値段をあげようとしてくれているのでやめておきました。

すると、色々とやりとりをしている様子でしたが、会社の知人が欲しがっている、とのこと。

その人に直接買うかどうか聞いてみるから待ってて欲しい、と。

もはやカマのかけ合いなので、これが本当かは分かりませんが、会話のやり取りからも、少なくともすぐ買い手がいるのは間違いなさそうでした。

すぐに買う客がいる場合は在庫リスクもないから高く買える、というのは理にかなっており、そこで提示されたのが27万5千円でした。

バイク王の見積り

しかし、1件目からそれだけ交渉していれば、当然時間がかかってしまい、次のアポの時間になってしまいます

11:00が近づいていることは認識していましたが、11:00にバイク王が来ることはバイクランドにも伝えてありましたので、敢えて言うことはしませんでした。

そこでバッタリバイク王と鉢合わせ。

バイク王のロゴ

個人的にはかなりいい値段が出たと思っていたので、「もうバイクランドにしようと思っています」と伝えましたが、当然バイク王も粘ります

査定だけでもさせてくれ、と。

まぁそう来ますよね。

バイクランドは偶然が重なった特別価格なので、これより高い額はおそらく出せませんよ、と煽りながら、バイク王にも査定をしてもらうことにしました。

提示額21万

その結果、バイク王から提示された額は21万円でした。

バイクランドの通常査定よりも高い金額でしたが、27万5千円には遠く及ばず。

バイク王に対して、「バイクランドさんは27万5千円なので、こちらで売ります。」と伝えたところ、「えっ、そんなに!?凄いですね・・・。」と引き下がっていきました。

両社商売なので、おそらくちょっと頑張って超えられる範囲の価格なら、バイク王も上積みをしてきたはずです。

交渉をせずに大人しく退いたところを見ると、27万5千円はやはり良い価格だったようです。

直接販売できるバイクならもっと高いかも

バイク王が査定している間、バイクランドの担当者とは他愛のない会話を繰り広げます。

「いやー、これでサクッとバイク王が30万円とか出したら、お兄さんの営業スキルに脱帽ですよ」

と冗談混じりに言ったところ、

「バイク王は直接販売があるから、直接販売すると高くなることも・・・」

と言う弱気な発言が。

「27万5千円と争える価格が出てくる可能性がある」と示唆された時点で、既にお兄さんの営業スキルに脱帽してしまいました。

しかし、バイクランドとバイク王の間ではこんなやり取りがありました。

バイクランド「これって直接販売するんですか?」

バイク王「いやー、ちょっと厳しいですねー。」

そんな会話の後で出てきた価格が21万円です。

これ、もしかしたらバイク王が直接販売なら本当にいい勝負までいったのでは?

そんな考えが脳裏をよぎりましたが、どれくらいまでいくのかは分かりません。

感想、まとめ。必ず複数社で交渉しよう!

今回は私の経験談を書かせていただきましたが、毎回このようにいくわけではありません。

むしろこれはレアケースだと思います。

買取業社や担当者それぞれに、得意とする営業トークがあります。

しかし、共通して言えることは二つあります。

一つは、営業トークを鵜呑みにして信用しないこと。

そしてもう一つは、複数社で見積もりを取ること。

最高値かどうかは分かりませんが、これをするのとしないのとでは、買取価格に雲泥の差が出ます。

バイクブロスのような大手サイトの一括査定であれば、バイクランドやバイク王のような買取業社には査定してもらえるので、ぜひ検討してみては。



スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク