イオンモール幕張新都心のキャンプ用品が凄い!Coleman、LOGOS、snow peakが勢揃い

イオンモール幕張新都心のテントエリアキャンプ体験談、コラム
この記事は約7分で読めます。

先日、ブラックフライデーだったので、イオンモール幕張新都心に行ってきました。

 

イオンモール幕張新都心は圧倒的な広さで有名だったので、以前から興味はありました。

家からは少し距離がありますが、セールの日なので少し遠くても、買い物を楽しみに行くことにしました。

 

日用雑貨からインテリアまで、お目当てのものは色々ありましたが、キャンプ好きとしてアウトドアコーナーは外せません

キャンプ用品は特に買う予定はありませんでしたが、沼にハマりに行ってきましたので、その感想を書いていきます。

スポンサーリンク

イオンモール幕張新都心は国内最大級

イオンモールのロゴ

イオンモール幕張新都心は、数あるイオンモールの中でも最大規模に大きいイオンモールです。

イオンの本社がその辺りにあるので、力が入るのも納得です。

 

もちろんそれだけでなく、都心からのアクセスの良さ、地価等を考慮し、幕張に店舗を構えたのだと思います。

東京23区内に同じ広さの店舗を構えたら、何倍ものコストがかかってしまいます。

 

また、イオンモールはどちらかと言うと郊外部に多いので、客層としてもそこまで都心を好まないのではないでしょうか。

もし最大級のイオンモールが新宿や渋谷にあったとしても、私は行かなかったと思います。

 

イオンモールは都会と田舎の間くらいにあるイメージなので、イオンが好きな層も車移動の人が多いのではないでしょうか。

アクティブモール(ACTIVE MALL)にアウトドア用品ある

さて、イオンの話はこれくらいにして、キャンプ用品の話に入っていきます。

キャンプブログですから、あまり余計なことを書いても仕方ないですしね。笑

 

イオンモール幕張新都心には、キャンプやアウトドア、スポーツ用品をまとめて「アクティブモール(ACTIVE MALL)」というエリアに集約しています。

イオンモール幕張新都心のマップ

▲イオンモール幕張新都心にある、アクティブモールのマップ。

 

イオンモール幕張新都心はとにかく広いので、キャンプ用品が目当ての方は、最初からアクティブモール近くの駐車場に停めることをおすすめします。

アクティブモールから離れた場所に駐車してしまうと、かなり歩くことになります。

 

私は買いたいものが多岐に渡ったので、全てのショップを見ようと思い、アクティブモールから離れた場所に停めてしまいました。

お目当てのものは買えましたが、結果、子供を連れて15,000歩以上歩くことになり、とても後悔しました。

運動不足なので、健康のためと自分に言い聞かせながら無理に歩きました。

他にGRAND MALL、FAMILY MALL、PET MALLがある

なお、イオンモール幕張新都心には、アクティブモールの他、グランドモール(GRAND MALL)、ファミリーモール(FAMILY MALL)、ペットモール(PET MALL)があります。

 

グランドモールは、様々な専門店が揃う、「これぞイオン」という感じのメインコーナーです。

 

そしてファミリーモールは、家族、特に親子で楽しめる専門店を集めたコーナーです。

子供服や子供のおもちゃなんかもファミリーモールにあることが多いです。

 

最後はペットモールですが、これは言うまでもありませんね。

ペットモール自体はそれほど広くないですが、犬・猫をはじめ、観賞魚関連もこちらで販売されています。

スポンサーリンク

アクティブモール1階には有名キャンプブランドの公式ストアが並ぶ!

アクティブモールには、イオン系列の「スポーツオーソリティ」を筆頭に、スポーツ・アウトドアショップが軒を連ねています。

中にはROUND1のスポッチャのように、体を動かして楽しむことができる場所も併設されています。

 

建物は三階建てになっていますが、キャンパーの皆さんは一階をメインに見て回ることになります。

一階には有名キャンプブランドが直営店を出店しており、非常に見応えがあります。

コールマン(Coleman)

イオンモール幕張新都心のコールマン

キャンプブランドを一つ挙げるとすると、真っ先に思い浮かぶのがコールマンという人も多いのではないでしょうか。

アメリカ発の老舗ブランドで、コールマンのギアを一つも使ったことがない、という人はほとんどいないと思います。

 

私が行った時には、入口付近にランタンが並んでおり、見覚えのあるカラーが目を引きました

ギアのラインナップは季節によって変わると思いますが、ついつい立ち寄りたくなります。

ロゴス(LOGOS)

ロゴスのロゴマーク

ロゴスのコーナーはそれほど広くないですが、新作ギアを含め、効率よく陳列されていました

限られたスペースですがテントもしっかり設営されており、見応えは十分です。

 

ロゴスはコールマンのショップの隣に位置しているので、続けて見ていくのが良いでしょう。

他のロゴスショップにもよく行きますが、そこでは見たことのないランタンが売っていたので、ついつい足を止めてしまいました。

スノーピーク(snow peak)

スノーピークは最近、アパレル中心のショップが多いですが、イオンモール幕張新都心店はがっつりキャンプギアを扱う店舗でした。

イオンモール幕張新都心のスノーピークストア

キャンプ好きが集まるコーナーだけあって、ギアも多様なラインナップです。

 

スノーピークはスポーツ用品店やアウトドアショップの一角に特設コーナーを設けることも多いですが、規模としてはそれを少し大きくした感じです。

もちろん新作ギアのチェックも可能なので、十分楽しめます。

タラスブルバ(TARAS BOULBA)

スポーツオーソリティのオリジナルブランド、タラスブルバのコーナーもあります。

イオンモール幕張新都心のタラスブルバ

 

タラスブルバは比較的新しいブランドですが、ここ数年で一気にギアの数を増やし、ついに一つのブランドでコーナーを作れるようになりました。

新興ブランドでありながら、オリジナリティの高いギアが多いのも高評価です。

イオンモールを中心に入っているだけあって、価格も高すぎなきため、勢いの強いブランドです。

 

タラスブルバだけのショップは初めて見たので、とても面白かったです。

広大なキャンプフィールドにテントが展示!

イオンモール幕張新都心には、各アウトドアブランドのショップの中央に、展示エリアがあります。

そこには様々なテントが展示され、テーブルやチェア、食器類等が並べられています。

イオンモール幕張新都心のテントエリア

▲テントエリアを2階から撮影した様子。

 

テントの中にはシュラフ(寝袋)まで並べられ、そのままキャンプができるくらい本格的です。

買い物の休憩ついでにチェアに座ると、もう本当にキャンプをしているような雰囲気に包まれます。

もちろん焚き火をしたり、お酒を飲んだりということはできないので、本当のキャンプではないですが、キャンプが恋しくなります。

イオンモール幕張新都心のテントエリア②

 

展示エリアには、「キャンプ場では見たことあったけど、中どうなってるんだろう?」というレアなテントもあり、キャンプ好きの人でも見応えがありました。

中にはチャムス(CHUMS)のテントが張ってあったりして、自分ではなかなか買わないテントの内装が見られる良い機会だと感じました。

スポンサーリンク

キャンプ好きなら行くだけで楽しめる

特に何かを買わなくても、キャンプ好きであれば行く価値はあると思います。

他のアウトドアショップにはない珍しいギアもありますし、レアなテントに入ってみることもできます。

チェアもたくさん展示してあるので、座り心地も楽しめます。

イオンモール幕張新都心の展示エリア③

 

キャンプ好きな友人・家族と行けば、キャンプトークに花が咲くことは間違いなしでしょう。

そして何も買うつもりがなかったのに、いつの間にかカゴに商品が入っている

まさに沼というわけですね。

恐ろしい・・・!

感想、まとめ。買い物と合わせて一日中楽しめる!

イオンモール幕張新都心は、買い物も食事も楽しめる、大型ショッピングモールです。

特にアクティブモールは、一般的なショッピングモールのアウトドアコーナーとは一線を画しています。

寧ろ、一般的なアウトドア専門店よりも大きく、見応えがあります

イオンモール幕張新都心のテントエリア④

 

もちろん、イオンモール幕張新都心は、キャンプ好きでなくても楽しむことができます。

例えば家族がそれほどキャンプ好きではない場合、アウトドア専門店だと抵抗があるかもしれませんが、イオンであれば抵抗がない、というケースもあるかもしれません。

広大なイオンモールであれば、老若男女問わず、少なからず自分好みのショップが入っているはずです。

 

もし特に予定のない休日があったら、試しに足を運んでみてはいかがでしょうか。

コメント