圧倒的広さ!ロゴス(LOGOS)の3ルームドゥーブルの感想

この記事は約6分で読めます。

私も家族が増え、新しいテントが欲しくなってきました。

まだ今のテントで十分キャンプができますが、子供が大きくなったらかなり狭くなります。

 

2ルームテントかベル型テントにしようと考えていましたが、2020年の新作として、ロゴスからも3ルームのドゥーブルが発売されました。

たまたま見学する機会があったので、感想を書いていきます。

展示されていた3ルームドゥーブル

 

一言で言うと「デカい!」です。

スポンサーリンク

3ルームのドゥーブルのスペック

まずは3ルームドゥーブルの基本性能、スペックをご紹介します。

正式には「プレミアム 3ルームドゥーブル」と言うようですね。

プレミアムの名に恥じないスペックになっています。

 

総重量(約)27.2kg
使用サイズ(約)幅360cm×奥行683cm/600cm×高さ210cm
インナーサイズ(約)幅335cm×奥行210cm×高さ175cm
収納サイズ(約)幅75cm×奥行47cm×高さ47cm
耐水性能[シート]ポリオックス(耐水圧3000mm 耐久性超撥水加工 UV-CUT加工)

[フライシート]難燃性バルキーポリタフタ(耐水圧3000mm UV-CUT加工 耐久性超撥水加工

[インナーシート]ポリタフタ(ブリーザブル撥水加工)

[フロアシート]ヘビーポリオックス(耐水圧10000mm)

 

使用時の全長は6mを超えます。

設営体験はしてないので分かりませんが、これほどの大きさになるとそれなりに大変だと思います。

 

しかし存在感も圧倒的で、良い意味で目立つ存在になるのではないでしょうか。

ロゴス(LOGOS)の伝統的な2ルーム、ドゥーブル

ドゥーブルといえば、ロゴスが出すテントのシリーズです。

ドゥーブルは大型2ルームが人気なので、どうしてもドゥーブル=2ルームテントのイメージが強いですが、一応ツーリングテントのような小型テントもあります。

ツーリングテントも一応前室があるので2ルームと言えるかもしれませんが、会話の中で「2ルーム」と出てきたときに思い浮かべるのは、ファミリーテントでしょう。

 

2ルームのドゥーブルを使ってる人は何度か見たことがありますが、個人的にはパネルタイプが好きです。

割と次のテントの前向き候補ではありました。

スポンサーリンク

前室がスクリーンタープのように!

3ルームドゥーブルは、2ルームから1ルーム増えているため、快適性が上がっています。

今までパネルだった部分にスクリーンがついたことにより、その部分をスクリーンタープのように設置することができます。

3ルームドゥーブル①

画像出典 : 楽天市場

 

スクリーンの中は風通しが良いので、食事はスクリーン内で行い、寛ぐのは居室で、という使い方も良いと思います。

3ルームドゥーブルでの食事

画像出典 : 楽天市場

 

3ルームドゥーブルの中はとにかく広いので、アイデア次第で自由な使い方ができます。

しかしキャンプ場によっては、大きすぎて入らない所もあるのではないでしょうか。

特に区画サイトを利用する場合は、事前に区画の大きさを調べておくことをおすすめします。

スクリーンを上げればキャノピーに

天候等に応じて、スクリーンは自由に上げ下げすることができます。

スクリーンを上げればただのキャノピーになるので、より風通し良く、景色を楽しむことができます。

スクリーンを上げたドゥーブル

絶景のキャンプ場等では、キャノピー状態にしておくのが良いでしょう。

 

また、キャノピーを下ろして閉じれば、閉め切ることも可能です。

冬キャンプの場合はストーブを利用する方も多いと思いますので、閉め切った状態で使用する人が多いのではないでしょうか。

(換気をしない、という意味ではありません。)

5人家族でも広々なシェルター

少子高齢化が進む現代では子供が2人以下の家庭が多いですが、とは言えお子様が3人以上いらっしゃる家庭も少なくはありません。

 

3ルームの公表スペックで言えば、収容人数は大人4人、子供2人の合計6人となっています。

もちろんスペックなので詰め込めば入るのですが、快適に寝るためにはスペック-1人くらいだと考えて置いた方が良いでしょう。

3ルームドゥーブルの居室

画像出典 : 楽天市場

 

3ルームドゥーブルの場合、大人4人で計算されているため、ファミリーキャンプであれば多くの場合大人は2人です。

その代わり子供2人で計算されているので、つまり、スペック表記より大人が2人減り、子供が1人増えたのが5人家族、ということです。

 

実際にその人数で寝てみないと断言はできませんが、快適に眠れることが想像できるのではないでしょうか。

スポンサーリンク

設営難易度はそこまで上がっていない?

2ルームが3ルームになったことによって、設営がより大変になったのではないでしょうか。

もちろん前室が増えた分、楽になったということはありません。

3ルームドゥーブル②

画像出典 : 楽天市場

 

しかし2ルームのドゥーブルと比較して、そこまで大変になったということはないと思います。

(2ルームドゥーブルの時点で設営が大変だった、という話はありますが)

 

3ルームで追加された前室部分ですが、そもそも2ルームの時点でキャノピーとして設置されていました

そのため、その部分にスクリーンが付いたとしても、設営の負担はそこまで大きくなることはないのではないかと予想されます。

感想、まとめ。広さと快適性は圧倒的!

ロゴスから発売された3ルームドゥーブルですが、その圧倒的な広さは必見です。

2〜3人のキャンプでは明らかにオーバースペックですが、例えば、子供が大きくなったファミキャン等、需要は少なからずあると思います。

 

子供が大きくなり、設営の手伝いができるようになれば、これくらいのビッグサイズの方が丁度良いこともあるのではないでしょうか。

そんな年齢になっても一緒にキャンプができると言うのは羨ましい状況ですけどね。

 

テントは大きければ大きい方が良い!という方は、3ルームドゥーブルは検討の余地があると思います。

展示スペースいっぱいに設置されたドゥーブルを見た感想でした。

// adsense遅延