遮光率100%!ロゴスのソーラーブロック ポップフルシェルターが便利!

ロゴスのソーラーブロック ポップフルシェルターキャンプ道具・ギア
この記事は約5分で読めます。

キャンプだけでなく、ピクニックやデイキャンプにも便利なポップアップシェルター

開くだけで使えるので、ちょっとしたアウトドアでも活躍します。

 

また、キャンプにおいては寝床としてコットの上に乗せて使ったり、着替えスペースとして使ったりすることができます。

ロゴス(LOGOS)のソーラーブロック ポップフルシェルターは、更に遮光率100%となっており、涼しい空間でゆっくり寛げるようになっています。

スポンサーリンク

ロゴス(LOGOS) ソーラーブロック ポップフルシェルターのスペック

ロゴスのソーラーブロック ポップフルシェルター

まずはソーラーブロック ポップフルシェルターの製品情報からご紹介していきます。

成人男性であっても、横になって狭いと感じることはないであろうサイズ感です。

 

睡眠の質を上げたり、リラックススペースとして使う人も多いので、快適だと思える空間であることは必須ですね。

 

総重量(約)2.0kg
サイズ(約)幅235×奥行113×高さ90cm
収納サイズ(約)直径70cm×高さ4cm
主素材[フレーム]スチールワイヤー、[フライシート]ポリタフタ(裏面:ソーラーブロックコーティング、耐水圧450mm、UV-CUT加工)
付属品ペグ、砂袋

 

ポップアップシェルターなので、骨組みがない分総重量も軽く、持ち運びにも便利です。

 

とはいえ、収納サイズでも70cmあるので、バイクや自転車に積むのは少し嵩張ります。

厚さが4cmしかないので、車の隙間に差し込んでおくことができるので、とりあえず車に積んでおくと便利です。

ワンステップで開けるポップシェルター

ソーラーブロック ポップフルシェルターも、設営の必要がなち手軽さが魅力です。

大人が中に入って寛げるくらいの空間を、袋から出すだけで作ることができるのです。

収納したポップフルシェルター

▲畳むとせんべいのような形に小さくなり、袋から出すだけで簡単に広げることができる。

 

もちろん、雨風に弱い等のデメリットはありますが、ちょっとした空間がこれだけ手軽に作れるのは魅力です。

片付ける時は少し面倒ですが、それでも畳むだけなので、テントやタープよりは圧倒的に楽です。

 

なんだかんだで、手間のかかるギアは使う頻度が落ちてしまうので、設営・撤収・メンテナンスが楽というのも重要な要素と言えます。

スポンサーリンク

遮光率100%!涼しくゆっくりと寛げる

ロゴスのソーラーブロック ポップフルシェルターの凄いところは、遮光率がなんと100%という点です。

ポップフルシェルターの中に入って完全に閉め切れば、真っ暗闇にすることができます。

暗闇にすることで直射日光を防ぎ、いつでもどこでも涼しい日陰を作ることができます。

遮光率100%のポップアップシェルター

▲遮光率100%なので、直射日光の当たる屋外でも真っ暗にすることができる。

 

また、ポップフルシェルターだけで寝るのはおすすめできませんが、テントと組み合わせることで深く快適に眠ることができます。

キャンプは朝日が昇ると非常に眩しく、眠りも浅くなりますが、ポップフルシェルターで暗闇にすることで快適に心ゆくまで眠ることができます

 

朝日が昇ったら起きる、というのも良いですが、キャンプであってもゆっくり眠りたい時もありますよね。

デイキャンプやピクニック等でも大活躍

ポップアップシェルターはその手軽さから、デイキャンプやピクニック等で特に活躍します。

ペグダウンできないような公園でも、ポップアップシェルターであれば使用可能なところが多いです。

ソーラーブロック ポップフルシェルターの様子

▲広げるだけでシェルターができ、置くだけで使えるので、場所を選ばずに活躍する。

 

更に日陰が少ない公園であっても、遮光率100%のソーラーブロック ポップフルシェルターであれば簡単に涼しい日陰を作ることができます

例えば海水浴の時に、ビーチで使うのも良いでしょう。

海水浴場には海の家以外に日陰がないことも多く、パラソル等を借りなければ日陰はありません。

 

そういったシーンには特に、遮光率100%で手軽なポップフルシェルターが大活躍します。

スポンサーリンク

宿泊は色々問題があるが、無理をすれば可能

簡易的なポップアップシェルターでも夜を越すことはできなくはないですが、基本的には推奨できません。

骨組みがないので風にめっぽう弱く、急な天候の変化に対応できません。

もしテントを持って行かないのであれば、少しでも風が強ければキャンプを諦める、くらいの覚悟が必要です。

ポップフルシェルターの砂袋

▲付属の砂袋を使えば安定させることができるが、自然の猛威に打ち勝てるような性能ではない。

 

また、雨はもちろん結露への対策もありません

ベンチレーションはあるので換気は可能ですが、開けると外に直結、開けないと熱中症のリスク有り、という状況です。

 

ダメとは書いていないので、ポップフルシェルターでキャンプをしても良いですが、天候によっては大変なことになる可能性があります。

そのため、寝るのであればテントの中に設置するか、タープ+コットというスタイルで設置するのが良いかもしれません。

感想、まとめ。ポップシェルターは気軽に使えて便利!

ポップフルシェルターは広げるだけで簡単に使えるシェルターです。

キャンプにおいては着替える場所や昼寝・リラックススポットとしての活躍が期待できます。

ポップフルシェルターの小物入れ

▲ベンチレーションと小物入れの様子。中で快適に過ごすための工夫がされている。

 

また、遮光率が100%なので、日陰のない公園やビーチで使用するのもおすすめです。

キャンプだけでなく活躍の幅が広いギアなので、使わずに持ち腐れ、ということはあまりないと思います。

家族との海水浴、友人とのバーベキュー等、様々なシーンで使うことができます。

 

まさに「車に積んでおくと便利なギア」ですので、アウトドア全般が好きな方におすすめです。

コメント