スポンサーリンク

キャンプの小物整理に、100円均一のシューズケースが便利!

キャンプをしていると、何かと多くなっていく小物類。

お気に入りの道具はお洒落なギアケースや自作ギアケースをメインに入れつつも、とりあえず雑多な小物たちを入れられるケースがあると便利です。

シンプルなものを安く探すのであれば、やはり100円均一が便利です。

色々探した結果、ダイソーのシューズケースが便利だと感じました。

100円均一なのでコスパが良いことは言うまでもなく、靴が入るサイズなので、収納性も上々です。

スポンサーリンク

ちょっとした小物ケースがあると便利

キャンプにハマっていくと、どんどん小さなギアが増えていきます。

ギアケースもキャンプの楽しみの一つでもあるので、お気に入りの道具は拘りのギアケースに入れて可愛がってあげてください。

ギアケースのキャンプ道具

とりあえずこれを持って行けば大丈夫!というセットが一つあると便利です。

しかし、全てのギアにこれを繰り返していると、いくらケースがあっても足りません。

そのため、何がどこにあるのか分かるように、簡単に整理できケースものがあると便利です。

アウトドアショップでブランド物の専用ケースを買うと高いので、雑多な小物たちを入れるのは100円均一で十分です。

ちょっとしたケースでも、あるのとないのとでは大違いです。

重ねられるシューズケースが丁度いいサイズ

100円均一にはたくさんのケースがあります。

文房具を入れたら丁度良さそうな小さなケースから、フタが別売りになっている巨大なものまで、品揃えは豊富です。

何を入れるかによって適切なサイズを選ぶのがベストですが、車への積み込み、サイトへの持ち運びを考えると、蓋がついているケースであることは必須です。

広いダイソーの中をウロウロと物色してみましたが、個人的に一番使い勝手が良いと感じたのはシューズケースです。

本来は靴を入れて、玄関などにしまっておくために作られた商品です。

100円均一のシューズケース

靴を入れるために作られているため、容れ物にある程度の深さがあるのが特徴です。

シューズケースは長方形なので、無難に使いやすい形です。

また、靴を重ねて仕舞うことができるよう、シューズケースは重ねて使用することが出来るようになっています。

重ねられることにより、車へ積み込む時も楽になります。

また、サイトへ持ち込む時も景観を壊さず、綺麗に積み上げればシューズケースもサイトデザインの一つになります。

なお、シューズケースは蓋つきで100円のものが多いので、お買い得です。

(ダイソーで売っていたシューズケースは蓋つきでした。)

大きいサイズになって来ると、本体と蓋で別々の料金が発生し、結局216円になるものがあります

100円くらいどうってことないのですが、何となく気分の問題はあります。

また、シューズケースは半透明のシンプルなデザインなので、ステッカーを貼ったり、上から布をかけるだけで簡単に可愛くできます。

貰ったキャンステを貼ってもいいですし、好きなアウトドアメーカーのステッカーを貼っても良いです。

もちろん、アウトドアメーカーのステッカーではなく、単純にデザインが可愛いステッカーを貼るのもアリです。

何も決まりはないので、思い思いのアレンジを加えてみてください。

試しにガス缶を入れてみた

色々なものを入れられるシューズケースですが、試しにガス缶を入れてみました。

シューズケースにガス缶を入れてみた

ガス缶は外部からの衝撃に弱いので、ケースに入れて持ち歩く必要があります

私がいつも持ち歩いているのは、250gのOD缶2本と、110gのOD缶1本、そしてCB缶1本です。

私はOD缶とCB缶のギアを併用しているので、どうしても多くなってしまいます。

CB缶はシングルバーナーとトーチバーナー兼用ですが、メインはアルコールバーナーなのでシングルバーナーはほとんど使っていません。

110gのOD缶は完全にスノーピークのノクターン専用です。

ただ、グルキャンの場合はSOTOのツーバーナーを使うので、これよりももう少しCB缶が必要になります。

ツーバーナーの使用時

そんなこんなで、何個か持ち歩かなければならないガス缶ですが、ガス缶をむき出しで持ち歩くのは危険です。

何らか外部の衝撃が働いた時に、破裂して爆発する危険もあります。

本当は、私は別のケースに入れているのですが、今回は試しにシューズケースに入れてみましたが、意外とすっきりと収まりました

(ガス缶は一番サイズ感が伝わりやすいと思います。)

ケースの話からは少し逸れますが、ガス缶をそのままの状態で持ち歩くのはよくないので、暫定的でも良いので、外部からの衝撃を守ってくれるケースを買うことをおすすめします。

アウトドアメーカーから発売されている燃料ケースは5,000円以上のものがほとんどなので、とりあえずのものは100円均一で探すのが一番無難でコスパが良いでしょう。

シールを貼ったり、布をかけたりするとお洒落になるので、暫定的だと思って使っていても、愛着が湧いて手放せなくなることもあると思いますよ。

そのうち買い換えることを考えつつも、気に入ったなら使い続けるのも良いでしょう。

100円均一を活用してキャンプの小物を整理しよう!

100円均一には色々なサイズの小物入れがありますが、基本的には底が深い方が便利です。

底が深いと言っても、邪魔になるような大きなサイズのものもは、そもそも100円均一には売っていません。

様々売っている100円均一のケースの中でも、シューズケースはちょっとした小物ギアが入れられるほど良いサイズです。

シューズケースのサイズ

ケースを選ぶ時は、容量の他に、積み重ねられることも大事です。

積み重ねできることにより、車やバイクに載せるときも邪魔になりません

また、サイトに持ち込む時も、端に積み重ねておくことができると、景観を壊しにくいです。

たとえば積み重ねたケースの上にナバホ柄の布をかければ、一気にお洒落なギアに早変わりします。

側面にシールを貼って積み重ねておくのも良いですね。

シューズケースは気に入らなくても他のものに使えますし、100円しかかからないのでダメ元で買ってみてはいかがでしょうか

キャンプで使えなければ、単純に靴入れとして使っても良いですしね。笑

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク