最大94日間連続稼働!OLIGHT(オーライト)のBaton 3 Premium Editionをレビュー

この記事は約6分で読めます。

オーライト(OLIGHT)から発売中の小型ライト、Baton 3(バトン3)は、近代的で格好いいデザインのライトです。

キャンプはもちろん、登山、自転車、釣り等でも活躍します。

 

また、その連続稼働時間の長さから、防災用品としてもおすすめのギアです。

デザインも非常に格好いいので、こういうギアをさり気なく使いこなせるのはクールですよね。

スポンサーリンク

OLIGHT(オーライト) Baton3(バトン3) Premium Editionのスペック

まずはBaton 3(バトン3) Premium Editionのスペックをご紹介します。

 

携帯充電バッテリーケース付きのPremium Editionの紹介ですが、以下Baton3と省略させていただきます。

Baton 3 premium edition

▲Premium Editionの外箱。充電ケースの中にライトが入っていることが分かる。

この充電ケースが電子タバコみたいで格好いいので、買うならPremium Editionがおすすめです。

 

最大出力(光量)1,200ルーメン
最大照射距離166メートル
重量本体53g(電池を含む)、充電ケース114g
本体サイズ63mm×21mm×21mm
バッテリー容量550mAh
連続稼働時間最大20日(充電ケースを含めると94日)
防水性能IPX8(本体)
光量幅300ルーメン〜1,200ルーメン
耐衝撃1.5m
付属品充電ケーブル(typeC)、クリーニングクロス

 

ライト本体は単三電池を一回り大きくしたくらいのサイズで、本当に小さいです。

ちょっとした鞄の空きスペースやポケット等に簡単に収納できます。

Baton 3の本体

▲Baton 3の本体の写真。比較対象物がなくて申し訳ないが、直径6cm程度しかない。

このサイズでこれだけハイスペックというのは本当に驚きです。

 

↓製品ページは公式サイトで「Baton 3」と検索してください。



電子タバコのように充電!最大94日稼働

まず驚かされるのが、最大94日の稼働時間です。

本体だけで20日間稼働でき、それをフル充電した充電ケースで約3.7回充電できるので、合計で94日間稼働できるという計算です。

 

もちろんこの連続稼働時間は最小出力時×最大充電時のものなので、ナイトモード(常夜灯)の明るさです。

誤解の無いように書いておくと、キャンプで使うライトとしての明るさを94日間保てるわけではありません。

Baton 3のナイトモード

▲ナイトモードは常夜灯のような明るさなので、寝る時につけっぱなしにするイメージ。

 

普通にライトとして使うことを考えるとナイトモードでは暗いので、本体だけのバッテリーで、12ルーメンの出力で33時間、60ルーメンの出力で7.5時間照らすことができます。

これを3.7回充電できるので、12ルーメンで約155時間(約6.5日間)、60ルーメンで35時間15分連続で稼働させることができます。

※連続、と言ってもケースによる充電時間はかかります。

 

1,200ルーメンのターボモードを併用すると使用時間は短くなりますが、昼間は使わないことを考えると、キャンプで使うなら十分すぎるスペックです。

スポンサーリンク

スタイリッシュで格好いい!

Baton 3はデザイン・機能共に非常に魅力的な点が多々あります。

 

まずデザインですが、片手に収まる小型さで、クリップもあり、手軽に使うことを重視しています。

充電ケースも片手で開けることができるので、電子タバコやZIPPOのライターのようなイメージで、スタイリッシュに使うことができます

充電ケースに入ったBaton 3

▲Baton 3を充電ケースに片付けると自動で充電が始まる。

 

この手のギアは、使い込めば使い込むほど「慣れ」による格好良さが出てきます。

キャンプはギアを使うことも楽しむ趣味なので、Baton 3は使い倒し甲斐のあるギアと言えるかもしれません。

大きさから想像もつかない高スペック

充電ケースのロゴ

Baton 3は高さで6cm程度しかない、本当に小型のライトです。

車のキーホルダーとして付いていても、それほど違和感がないくらいです。

 

しかしその実、スペックは完全にアウトドア向きとなっており、サイズからは想像できないハイスペックとなっています。

最大1,200ルーメンの高出力

Baton 3は明るさが5段階で調整でき、一番上に常用ではないモードとして「ターボモード」が用意されています。

ターボモードでは1,200ルーメンもの明るさを出すことができます。

Baton 3の明るさ

▲Baton 3は、ペンライトのようなサイズからは想像できないくらいのパワーを持っている。

 

数値では想像がつかないかもしれませんが、1,200ルーメンはキャンプで使うLEDライトとしてはかなりの高出力です。

1,200ルーメンあれば、キャンプ場で夜トイレに行く時などでも安心です。

 

眩しすぎるくらいの明るさになるので、ちょっとした移動時等にターボモードを使うことになると思います。

照射距離は最大166メートル

ターボモードでは、1,200ルーメンの明るさと同時に、最大照射距離166メートルという驚くべきスペックを発揮します。

一般的なキャンプにおいてはその前に障害物があるので、166メートル先まで照らすシーンはあまり想像できませんが、「どこまでも照らせる」と言っても過言ではないと思います。

 

夜の移動時なども1,200ルーメンの明るさと166メートルの照射距離があれば、怖いものなしです。

たった6cm程度の大きさでこれだけのスペックがあるのは本当に便利です。

 

また、その他登山や自転車等のアウトドアで使う場合は、166メートルの照射距離を最大限発揮できるシーンも多いと思います。

スポンサーリンク

マグネットで様々なギアにくっ付き、キャンプでも活躍

キャンプにおいて便利なのは、166メートルの照射距離よりも、この「マグネット内蔵で金属にくっ付く」という点です。

OLIGHT(オーライト)のギアは磁石内蔵のものが多く、とても役立っています。

マグネットに付くBaton 3

▲Baton 3は底面がマグネットになっているため、金属にくっつけることができる。(画像は公式サイトより出典)

 

数あるアウトドアの中でも、キャンプは特にマグネットが活躍する趣味だと思います。

キャンプにはテーブル、ポール、ランタンスタンド等、マグネットがくっ付くギアが多々あります。

そう言ったギアに手軽にライトを設置できるため、マグネットは想像以上に便利です。

Baton 3のマグネット

▲OLIGHTの別製品を持っている方はわかるかもしれないが、底面のマグネットは充電をするための場所でもある。

 

実体験としては、夜に車で探し物をする際に、トランクの扉に設置したりしました。

うちの車はトランクにはライトがないので、簡単に設置できるライトがあると助かります。

感想、まとめ。Baton 3は超高スペックのハンディライト

OLIGHT(オーライト)のBaton 3は、とてもスタイリッシュな小型のLEDライトです。

小さいながらも高い光量、バッテリー容量を有しており、スペック面においても満足のいくものとなっています。

電子タバコのように充電できるのも斬新で、差別化ができているという点においても魅力があります。

Baton 3の充電ケース

▲充電ケースの質感も高級感があって良い。このケースに惚れてBaton 3を購入する人も多い。

 

OLIGHTはBaton 3だけでなく、アウトドアに適したハイスペックなライトを多数発売しています。

キャンプ用のライトを探している方は、OLIGHTのギアは一見の価値ありだと思います。

↓製品ページは公式サイトで「Baton 3」と検索してください。



コメント

// adsense遅延