スポンサーリンク

グリーンパークふきわれは接客・雰囲気の良いキャンプ場!

群馬県沼田市にあるキャンプ場、グリーンパークふきわれに行ってきました。

元々評判の良いキャンプ場だったのですが、噂に違わぬ素敵なキャンプ場でした。

グリーンパークふきわれの看板

詳しくは後述しますが、特にフリーサイトの雰囲気と親切な接客対応は高評価です。

私は夏のハイシーズンに利用させていただきましたが、冬にもう一度行きたいキャンプ場です。

冬なら上手くタイミングがあえば、雪中キャンプも楽しめるのではないでしょうか。

ただし、フリーサイトの地面は固めなので、プラスチックペグでは歯が立たないと思います。

まだ道具が揃っていない初心者の方は、地面の柔らかい場所を選ぶようにしましょう。

スポンサーリンク

グリーンパークふきわれの営業情報

グリーンパークふきわれは、群馬県沼田市にあります。

東京からのアクセスも良いので、非常に有難いです。

場所 群馬県沼田市利根町大楊1098
チェックイン 13:00〜
チェックアウト 〜11:00
入場料 大人400円、子供・シニア200円
サイト利用料 ハイシーズン : 4,900円〜8,500円

バリューシーズン : 2,500円〜5,500円

※サイトの種類、時期によって細かく設定されていますので、詳しくは公式サイトをご確認ください。

その他 ゴミはビン・缶以外は排出可。

近くに温泉あり。

これは驚いたのですが、ゴミはビン・缶は持ち帰り、それ以外はごちゃ混ぜにして出していいとのこと。

つまり、紙くずも、ポテトチップスの袋も、ペットボトルも一つの袋で良いそうです。

後で委託した業者が分別するのでしょうか?

詳しくは分からないですが、こういったキャンプ場は初めてだったので、少しびっくりしました。

吹割の滝はぜひ観光してほしい名所

グリーンパークふきわれは、名前にも付いているとおり、「吹割の滝」のすぐ近くにあります。

吹割の滝は「東洋のナイアガラ」という異名を持つ、非常に見応えのある滝です。

吹割の滝

画像出典 : 沼田市観光協会

一般的に滝は上から落ちてくるものを下から眺めるのですが、吹割の滝は上から川の水が吸い込まれていく様子を見ることができます。

この光景は非常に珍しく、他の滝とは一線を画します。

私は今まで色々な滝を観光してきましたが、この吹割の滝は中でも記憶に残っている滝です。

せっかく近くまで来たのであれば、ぜひ吹割の滝を観光して行ってください。

接客対応が良く、リピートしたくなる

グリーンパークふきわれの良い点は、受付のお兄さんの対応が良いことです。

非常に愛想が良く、それでいて丁寧・親切に対応してくれます。

グリーンパークふきわれの受付

キャンプはチェックインしたら自分だけの世界に入りますが、チェックイン時の対応だけでその日の楽しさは大きく変わります。

接客対応の良さは、サイトの広さや環境にも負けないくらい大切な要素です。

その点では、グリーンパークふきわれはとても親切で、気分良くキャンプができます。

ちなみに、私が行った時は「ウェルカムトマト」として自家菜園のトマトをくれました。

とても美味しかったです。

(いつでもくれるわけではないと思います。)

近くに温泉はあるが徒歩は不可

グリーンパークふきわれの近くには、何箇所か温泉があります。

老神温泉という温泉地に近いので、温泉を堪能することもできます。

なお、受付に言うと「わたすげの湯」と「華亭」の割引券がもらえます。

わたすげの湯

(写真はわたすげの湯)

わたすげの湯は450円と格安ですが、露天風呂は少し葉っぱが浮いていたり、自然的な部分があります。

とは言え、気にならない人は全く気にならない程度ですし、気になる人も値段を考えたら十分綺麗です。

華亭はわたすげの湯よりも少し綺麗ですが、値段が600円(割引後)するので、どちらが良いか好みで決めると良いでしょう。

なお、グリーンパークふきわれの近くには、古びた「温泉センター」の看板が立っていますが、おそらくこれはもう廃業してしまっています。

探しても見つかりませんでしたし、受付の人も「徒歩で行ける範囲に温泉はない」と言っていましたので。

フリーサイトは雰囲気が良い!

今回私はフリーサイトを借りました。

フリーサイトもオートサイトになっており、車の乗り入れが可能です。

フリーサイトの様子

区画サイトでも良かったのですが、空いていたのがフリーサイトでした。

しかし口コミやレビューを見ると、フリーサイト推しの人多数でした。

私の感想としては区画サイトもフリーサイトも両方素敵でしたが、ハイシーズンにはフリーサイトよりも区画サイトの方が良いかもしれません。

フリーサイトと言っても繁忙期は人が多すぎて、区画サイトとあまり変わらないからです。

むしろフリーサイトの方が区画サイトでは張らないような近い距離(テントの真後ろ等)にテントを張られる場合があります。

しかし他に張る場所がないのも事実なので、我慢するしかありません。

多少値段が高くなっても良いので、もう少しフリーサイトの人数を減らしてもらえると嬉しいと感じました。

ただ、フリーサイトは場所によっては周囲に設営するスペースがない、特等席的なポジションがあります。

ここを知っていて、早く行って場所を確保できれば、夏でもフリーサイトを楽しめるかもしれません。

なお、冬の閑散期であれば、フリーサイト一択です。

それくらいフリーサイトの雰囲気は良いです。

区画サイトもそれなりに広い

区画サイトは実際に使ったわけではないですが、それなりに広いです。

特に「ワイドサイト」として作られている区画は、かなり広々としています。

区画サイトの様子

ワイドサイトは普通の区画サイトより高いですが、個人的にはワイドサイトの方が魅力的です。

値段が高いと言っても数千円で、人数で割れば大したことはありません。

一回飲み会を我慢すれば良いような値段です。

せっかくの休みに、時間を使って来ているのだから、それくらいの値段差なら快適さを確保した方が良いです。

もちろん価値観によって違うので、最終的には好みで選べば良いのですが。

トイレは温水洗浄機付きだが、綺麗さは標準レベル

グリーンパークふきわれには、温水洗浄機付きのトイレがあります。

ウォシュレット必須!という方にとっては嬉しいポイントです。

キャンプ場で温水洗浄機付きというと最先端なイメージですが、トイレ自体は標準的なキャンプ場と同じような綺麗さです。

温水洗浄機は後付けと思われます。

臭いが少ししますが、キャンプ場ならよくあるレベルです。

「温水洗浄機付き」という言葉に惹かれて、トイレの綺麗さを期待している方は少し残念に思うかもしれません。

しかし特に何も考えなければ、「お、ウォシュレット付きだ、ラッキー!」と思えるレベルだと思います。

感想、まとめ。機能性も高く、雰囲気も良いキャンプ場!

グリーンパークふきわれは今回はじめて行ってみましたが、口コミどおり、非常に良いキャンプ場でした。

フリーサイトの雰囲気は抜群で、林の中で自然を感じることができます。

また、受付の対応も素晴らしく、リピートしたくなる魅力があります。

しかし当然人気なため、ハイシーズンは人で溢れかえっています。

そのため、グリーンパークふきわれは夏ではなく冬の方がおすすめです。

私は今回9月の3連休で利用させていただきましたが、次は冬に行ってみようと思います。

うまく雪が降ってくれれば、雪中キャンプもできて楽しそうですね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク