スポンサーリンク

パワーペグSUSは鍛造ペグよりも頑丈?評価と感想【ブログ】

「頑丈なペグ」と言えば、何を思い浮かべるでしょうか。

多くの方がソリッドステーク等で有名な鍛造ペグを思い浮かべるのではないでしょうか。

私も真っ先に思い浮かぶのは鍛造ペグでした。

そのため、先日ソリッドステークを追加しにアウトドアショップのwild-1(ワイルドワン)に行ったところ、ペグのコーナーに堂々と飾ってあるユニフレーム(UNIFLAME)のパワーペグSUSの姿がありました。

そこで、鍛造ペグの追加購入はやめ、「強靭性も非常に高く、欠点なし!!」とまで書かれるその実力、いかほどのものか試しに購入してみました。

パワーペグSUSの購入時

スポンサーリンク

ユニフレーム(UNIFLAME)製!パワーペグSUSとは?

パワーペグSUSは金属加工の町、燕三条のユニフレームから発売されている、ステンレス製のペグです。

鍛造ペグと比較して軽く錆びにくいのが特徴です。

ワイルドワンでもゴリ押しでした。

(後述しますが、ワイルドワンの限定モデルがあるためだと思います。)

ワイルドワンのSUSペグ

ワイルドワンではこのように紹介されています。

今までの常識を覆す!!マルチユースなペグ登場。

(中略)

新発売されたこのステンレス製のペグは、重力も比較的軽量で、サビにも強い!

強靭性も非常に高く、欠点なし!!

「欠点なし!!」とは、なかなか強い表現ですね。

余計なお世話ですが、優良誤認にならないよう「※個人の感想です」とか入れておいた方が良いのではないでしょうか・・・。

でも確かに、ソリッドステーク 30が180gなのに対して、パワーペグSUS 300は100gしかありません。

1本あたりの差は80gですが、10本で800g、20本で1,600gの差が生まれます。

持ち運び方にもよりますが、動力を有する移動手段を使わない場合は、そこそこの違いがあると思います。

登山で頑丈なペグを使いたい場合は、パワーペグSUSは使いやすいかもしれません。

他にも、自転車キャンパーや電車キャンパーの方にも使い勝手が良いでしょう。

また、鍛造ペグでもあまり錆びたことはないですが、錆びにくいというのもその通りだと思います。

長さは30cm、25cm、20cmの三種類がありますが、25cmはwild-1限定商品なので、通常は手に入りません。

とは言え、30cmのペグと10円しか変わらないので、敢えて25cmのペグを選ぶシーンは少ないと思います。

個人的なおすすめは30cmなので、迷ったらとりあえず30cmにしておきましょう。

ちなみに、20cmはこちら。

30cmと比較して20円だけ安いですが、明確な用途がない限りは登場する機会は少ないと思います。

コンクリートも打ち抜く強靭なペグ!

パワーペグSUSは強靭さが売りの商品でもあります。

先端部分を貫通力の高い構造にすることで、地面を掘り進める力を高めているのです。

その強さはコンクリートをも貫通させる強度があるとされています。

パワーペグSUSでコンクリートにペグダウンする様子は、ユニフレームの公式サイトでも紹介されています。

コンクリートを打ち抜く様子

画像出典 : UNIFLAME

確かに、コンクリートが打ち抜けるのであれば、巨大な岩でも当たらない限りは、ガンガン押し進められそうですね。

ちょっと硬い地質に当たったくらいでビクともしないのが、鍛造ペグやこう言ったパワーペグの魅力です。

これだけの強度があって軽くサビにくいのであれば、選択肢の一つかもしれません。

鍛造ペグよりも軽くて頑丈!?

パワーペグSUSが強靭であることは分かりましたが、やはり悩むのは鍛造ペグとどちらを選ぶか、という問題です。

スノーピークのソリッドステークに代表される鍛造ペグは、「鍛え上げられた鉄」として最強ペグの評価を得てきました。

どんな地面でもガンガン掘り進められる高い強度があります。(もちろん限界はありますが。)

パワーペグSUSは鍛造ペグと同じくらい頑丈で、それでいて軽くてサビにくいと紹介されています。

実際に硬い地面にガンガン打ち込んでみましたが、確かにそう簡単には曲がる気はしません

ただ、鍛造ペグもそう簡単に曲がることはないので、どちらが強度が高いかは、もう何年か使ってみないと分からないですね。

ユニフレームの技術力を疑っているわけではありませんが、やはり鍛造ペグと比較して軽いので、本当に曲がらないか不安になります。

一先ずの評価としては、やはりユニフレーム製だけあって強度は高い、という感じです。

鍛造ペグと比較したパワーペグSUSのデメリット

パワーペグSUSは、鍛造ペグと比較して「打ち込みにくい」というデメリットを感じました。

強度や構造は良いですが、少し慣れが必要です。

打面が小さくてハンマー滑る

パワーペグSUSは打面が曲がっており、打ち込んだ時にハンマーが滑ります

鍛造ペグの多くは打面を平らにしており、安定して力強く打ち込めるようになっています。

慣れれば上手くペグダウンできると思いますが、鍛造ペグと比較するとコツが要りそうです。

個人的にはこの点の差は大きいと感じました。

特に私が使用した時は小雨が降っており、滑りやすい状態だったこともあり、最後まで打ち込めず、途中からソリッドステークに変えました。

パワーペグSUSの様子

雨の時は鍛造ペグに変えた方が無難かもしれません。

(私も途中で諦めて鍛造ペグにしました。)

軽くて安定しない

もう一つは慣れだと思いますが、鍛造ペグを使い慣れた人にとっては寧ろパワーペグSUSは軽すぎです。

軽くて長いペグは最初支える時に安定しません。

ある程度地面に刺されば問題ないのですが、少し使いにくさを感じました。

車キャンパーの方は重さもそこまで気にならないと思うので、あの重量感は寧ろメリットの一つかもしれません。

この軽さに慣れるまでは少し違和感を感じそうです。

感想。使いやすいのは鍛造ペグ

鍛造ペグもパワーペグSUSも、両方使ってみた感想としては、使いやすいのは鍛造ペグだと思います。

どちらも強度が高いことは間違いありません。

しかし、個人的には鍛造ペグのあの重量感が好きです。

軽いというのはメリットでもありますが、慣れた人にとってはデメリットにもなると思います。

車キャンパーにとっては重量はあまり関係ないですし、サビにくさも手入れの問題なので、あとは好みの問題です。

可能であればアウトドアショップに行き、実際に手にとってみて、持った感覚で決めると良いでしょう。

ペグを並べた様子

しかし、登山で使用する場合や、自転車、電車・バスを使うキャンパーの方にとっては、この軽さは大きな魅力になります。

一本につき80gですが、テント設営に6本、予備に2本持って行ったとすると、640gの差になります。

タープを設営する場合はもっと必要になりますので、1kg程度の違いは生まれると思って間違いないです。

使い慣れれば強度が高く頑丈なペグであることは間違いないので、興味がある方は試しに使ってみてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク