スポンサーリンク

夏は活気、冬は静寂。群馬県にあるまほーばの森キャンプ場の感想!【ブログ】

群馬県の山奥にある「まほーばの森キャンプ場」に行ってきました。

私が行ったのは3月でしたが、冬季は非常に静かで穴場なキャンプ場でした。

まほーばの森キャンプ場

施設内には子供が遊べるアスレチックや、観光スポットにもなっている大吊橋等、楽しめる要素がたくさんあります。

冬とは打って変わって、夏は活気に溢れるキャンプ場となることでしょう。

スポンサーリンク

まほーばの森キャンプ場の営業情報

まほーばの森キャンプ場は、群馬県多野郡上野村にあります。

上信越自動車道の下仁田ICから車で1時間程度走ったところにあります。

下仁田ICは「下仁田ネギ」が名産の地域ですので、行く途中でネギを買って料理に使うのも良いでしょう。

なお、まほーばの森キャンプ場の営業情報は次のとおりです。

住所 群馬県多野郡上野村勝山1169
営業期間 通年
チェックイン 14:00〜
チェックアウト 〜10:00
料金 3,500円(テントサイト)
ゴミ 燃えるゴミのみ有料処分
風呂 なし(車で5分の場所に有料で有り)
その他 アスレチック(2,800円)

観光大吊橋(100円)

チェックアウトの時間が少し早いのが玉に瑕です。

ルールなので時間は守らなければいけないですが、管理人さんは寛容で、そこまで厳密ではありません。

なお、キャンプ場の近くにはコンビニやスーパーはありませんので、料理の材料等は下仁田方面で買っておくことをおすすめします。

一応小さな商店はあるのでカップラーメンやお酒・お菓子等は手に入りますので、「とにかく食べられれば良い」という場合は何とかなります。

(まほーばの森の売店にもカップラーメン等はあります。)

アスレチックがあり、子供も楽しめる!

まほーばの森キャンプ場には、子供たちが思い切り遊べるアスレチックがあります。

ただちょっとした遊具があるだけではなく、ハーネス(安全装備)を装着することが義務付けられた、本格的なアスレチックです。

そのため、長袖・長ズボン等、怪我をしない格好である必要があります。

フォレストアドベンチャー上野村

なお、このアスレチック、実は全てまほーばの森が企画・運営しているわけではありません。

Forest Adventureという、森林をそのまま活用したアスレチックを全国に展開しているブランドが運営しているアスレチックの一つです。

このフォレストアドベンチャー、元々はフランスで立ち上がった事業で、長い歴史とノウハウがあります。

そのため、本格的なアスレチックを安心・安全に楽しむことができます。

料金は2,800円と少し高いですが、子供に意欲があるのであれば、挑戦させてあげるのも良いと思います。

なお、フォレストアドベンチャーのみの利用も可能で、キャンプはせずその目的で来る人もいるので、ハイシーズンは更に活気に溢れることでしょう。

スポンサーリンク

冬は静かで夜景も楽しめる穴場なキャンプ場

まほーばの森キャンプ場は、施設内にフォレストアドベンチャーというアスレチックを備え、夏は活気に溢れていますが、冬は打って変わって静寂に包まれます。

冬にはアスレチック利用者はほとんどおらず(私が行った時は1組だけいましたが)、キャンプ利用者は4組程度でした。

キャンプ場は非常に広々としており、4組程度では全く気になりません。

後述しますが、隣の区画に利用者がいても、あまり気にならない程、区画と区画の間にスペースがあります。

また、何より上野村自体が静かな村であるということもあります。

上野村は年々人口が減少しており、2015年時点で1,230人しかいません。

夜になると外を出歩く人はもちろん、車通りもほとんどありません。

キャンプ場は山の中腹に作られているため、一部の区画では上野村を一望することができます。

明かりはそれほど多くないですが、やはり夜景は見ていて飽きません。

稀に通る車の動きなんかも、ついついボーッと見てしまいます。

夜景とストーブ

また、これだけ明かりが少ないため、星は物凄く綺麗です。

建物が多い市街地からかなり離れており、山に遮られて光はほとんど漏れてきません。

上野村自体も明るい建物は一切ないので、天気が良ければ満点の星空を楽しめます。

テントサイト自体は林間サイトなので、木々で星が遮られてしまいますが、少し歩けば開けた場所はたくさんあります。

コテージの近くはかなり開けていたので、星が綺麗に見える日はそこまで移動してみるのも良いでしょう。

まほーばの森のコテージ

星の美しさは天気、月の満ち欠けで大きく左右されるので、必ず満点の星空が見れるわけではありません。

しかし、運良く条件が揃えば、本当に美しい星空が見ることができます。

区画同士が離れているので、広々楽しめる!

まほーばの森キャンプ場のテントサイトは区画サイトになりますが、隣の区画との距離をかなり広々と確保しています。

隣の区画に人がいる状態でも決してテント同士が隣接するようなことはなく、ある程度の距離感を確保することができます。

まほーばの森のテントサイトの様子

私も夏のハイシーズンに行ったわけではありませんが、写真の状態でも左側にもう一組家族連れが利用していました。

写真で見ても分かる通り、全く写り込んでいません。

冬なので隣接していない場所も空いていますが、夜景が見える位置が限られていたためです。

しかし、いくら夜景が綺麗でも、隣同士との距離が近いのであれば、真横は避けたいのが心情ですよね。

その点、まほーばの森の区画は「隣の区画に人がいる」という感覚は一切なく、一般的なキャンプ場では隣の区画が一つ空いているくらいの距離感がありました。

これくらいの広さがあれば、ハイシーズンであっても快適にキャンプをすることができるでしょう。

スポンサーリンク

まとめ。夏はファミリーに、冬は少人数におすすめな穴場なキャンプ場!

今回のキャンプでは、群馬県多野郡上野村にある「まほーばの森キャンプ場」に行ってみました。

私が行った冬季では、まさに静寂に包まれるという表現がぴったりな、静かなキャンプ場でした。

星が綺麗に見え、落ち着いた焚き火が楽しめる林間サイトです。

フォレストアドベンチャーは冬でもアスレチック目的で訪問する人がおり、夏は活気に溢れることが予測されます。

大自然と触れ合うとができるのは子供の教育にも良いので、ぜひファミリーキャンプに訪れてみてはいかがでしょうか。

季節によって違う顔を見せる、魅力的なキャンプ場です。

(個人的にはこの静かさが気に入ったので、来年の冬にまた来たいと思います。)

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク