スポンサーリンク

海と花とキャンプ!白浜フラワーパークに行ってみた感想

キャンプもしたいけど釣りもしたい!と思い立ち、近くに釣り場のあるキャンプ場を探してみました。

いくつか海沿いのキャンプ場がある中、ふと気になったのが、千葉県にある白浜フラワーパーク

白浜フラワーパークのガイド

夏場は非常に人気の高いキャンプ場なので、人の少ない冬に行ってみることにしました。

しかし残念ながら、予約時点では既にキャンセル待ちでした。

仕方ないのでキャンセル待ちをしていると、運よく空きがでたので、すぐさま予約をして区画を確保しました。

海が見えるサイトではなかったですが、人気の理由が分かる、魅力たっぷりのキャンプ場でした。

スポンサーリンク

千葉県にある白浜フラワーパーク オートキャンプ場の営業情報

まずは白浜フラワーパーク オートキャンプ場の基本情報をご紹介します。

料金プランはシーズン毎、サイト毎に異なりますので、詳しくは公式サイトをご確認ください。

住所 千葉県南房総市白浜町根本1454-37
チェックイン 11:00〜
チェックアウト 〜10:00
利用料 オートキャンプ 3,000円〜5,000円

ビーチサイト 4,000円〜6,000円

施設 芝及び土サイト。

ウォシュレットはないが、比較的トイレは綺麗。

無料シャワー有り。

ゴミ 分別して排出可能
その他 貸切プランやコテージ等もあり

東京湾アクアラインを通ることで、東京・埼玉方面からも非常にアクセスの良いキャンプ場です。

しかし東京湾アクアラインは混雑するので、出発時間や帰宅時間によっては想定よりも長い時間がかかる場合がありますので注意しましょう。

海岸サイトは絶景の海が見える!

白浜フラワーパークには通常のサイトと海岸サイトがあり、少し値段が高いですが海岸サイトの方が断然お勧めです。

白浜フラワーパークの海岸サイト

海岸サイトは目の前に雄大な太平洋が広がっており、岸壁に打ち付けられる波を見ながら、ゆっくりとした時間を過ごすことができます。

波の音が響くサイトで、沈む夕日で一服する時間は、表現しがたい感動があることでしょう。

しかしもちろん、海岸サイトの方が人気は高いので、予約合戦にはなってしまいます。

特に夏場は海で遊ぶこともできるので、うまく予約できればラッキーです。

海岸サイトじゃなくても、少し歩けば海に行ける

白浜フラワーパークは海が目の前の海岸サイト以外は、残念ながらサイトから海を眺めることができません

立ち上がれば遠目に海が見えますが、「雄大な太平洋」といったイメージとは少し異なってしまいます。

その分、普通の区画サイトは値段が安く、予約も取りやすいので、ここしか空いていない場合も有ります。

しかしサイトから海が見えなくても、少し歩けば海岸まで出ることができます

区画から見える海ではなく、本物の海岸なので、誰でも近づけるのが良いですね。

海岸サイトが取れなくても、十分海は満喫できますのでご安心ください。

太平洋に浮かぶ朝日を満喫しよう

白浜フラワーパークにキャンプに行ったらぜひ見ていただきたいのが、美しい朝日です。

毎日必ず見られるわけではないので、時の運もありますが、広大な海から出る朝日はまさに絶景です。

海岸サイトではなくても、砂浜に降りることはできるので、ぜひ早起きして海辺へ行ってみてください

そこに少しばかりの飲み物と食べ物を持って、景色を眺めながら語らえば、忘れられない思い出になることでしょう。

トイレは比較的綺麗だが、便座は冷たい

多くの人が気になるのは、トイレの綺麗さです。

私は冬に行ったので虫は気になりませんでしたが、トイレ自体にドアがないので、夏場は気になるかもしれません。

トイレは掃除が行き届いており、比較的綺麗です。

便座は木目調になっており、細かい雰囲気もいいです。

しかしこの便座、布ではないので冬は非常に冷たい上に、ドアがないので冬はとても冷えます

キャンプ場のトイレとしては綺麗ですが、冬にズボンを脱ぐには少し寒いです。

スポンサーリンク

車で5分程度移動すれば釣りスポットにも行ける

実は私はもともと、釣りができるキャンプ場を探していました。

サイトから釣りができるキャンプ場、というものはさすがに見つからなかったですが、少し移動すれば釣り場に行けるキャンプ場はいくつか見つかりました。

その一つが白浜フラワーパークです。

徒歩で行ける範囲は岩場なので、なかなか釣りはできませんが、車で数分移動すればすぐに漁港に到着します。

漁港は釣りのメッカのようで、大勢の釣り人が釣りを楽しんでいました

白浜フラワーパークの近くで釣り

私は今回二泊三日でキャンプに行っていたので、中日はその釣り場で釣りを楽しみ、夜ご飯には釣った魚をから揚げにしておいしくいただきました。

釣りができるというメリットもあって、二泊三日でしたがもう一泊くらいゆっくり楽しめたと思います。

(仕事の都合上難しいですが)

温泉が500円で入れる

徒歩で行ける範囲に「ジャングル温泉」という温泉があり、白浜フラワーパークと提携をしています。

白浜フラワーパークのキャンプ利用者は黄色いリストバンドを貰えるので、それを提示すると500円で入浴することができます。

露天風呂もある温泉なので、500円で入れるなら十分です。

施設は少し老朽化が進んでおり、お世辞にも綺麗な施設とは言い難いですが、キャンプを楽しむ人であれば、キャンプ場から徒歩で行けることを考えると十分満足できると思います。

ただし、白浜フラワーパークはシャワーが無料なので、夏はそれで十分という事もあり、ジャングル温泉はあまり利用しないないかもしれませんね。

スポンサーリンク

美しい花畑に癒される

白浜フラワーパークは一般のお客様に対しては、キャンプ場としての営業がメインではありません。

キャンプ場の営業にも力を入れていますが、フラワーパークという名前のとおり、花畑としての営業にも力を入れています

白浜フラワーパークの花畑

園内には様々な花が植えられており、キャンプと同時に美しい花々を楽しむことができます。

私が白浜フラワーパークを利用したのは冬だったので、花はあまり咲いていませんでしたが、それでもいくつか綺麗な花が咲いていました。

これが暖かい季節であれば、もっと見ごたえがあったと思います。

(ただし、花粉症の人は注意が必要ですが。)

冬季は薪が無料で使い放題!

白浜フラワーパークは、冬季限定で薪が使い放題となっています。

薪無料は毎年行っているかどうかは分かりませんが、私が訪問した際は使い放題でした。

焚き火の炎

薪と言っても、どちらかと言うと端材に近く、園内の建物を取り壊した際に出た廃棄用の木材を薪代わりにしているようでした。

そのため、中から釘が出てくることもありますが、無料なので文句は言えません。

薪は風通しの良い屋根つきの屋外で保管されているので、天気が悪くなければよく燃えます。

私の場合でも、直前まで雨が降っていましたが、薪はよく燃えました。

しかし改修工事で出た端材だと思うので、この薪が終わったらもう無料キャンペーンも終了かもしれません。

感想、まとめ。海を存分に楽しめるキャンプ場!

千葉県にある海を満喫できるキャンプ場、白浜フラワーパークに行ってみました。

人気のキャンプ場ですが、噂に違わぬ絶好のロケーションのキャンプ場でした。

キャンプ場が高機能キャンプ場と言うより、海を楽しめるという魅力で訪れる人が多いようです。

海岸サイトの数は限られますが、今回普通の区画サイトに泊まった私としては、また海岸サイトにリベンジしたいと思います。

打ち上げ花火も許可されているので、キャンプに海に花火に、スイカ割りでもしたら、この上なく夏を満喫できると思います。

雄大な景色を楽しみたい人、海を楽しみたい人におすすめのキャンプ場です。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク