バラギ湖を一望!無印良品カンパーニャ嬬恋キャンプ場の感想

カンパーニャ嬬恋②キャンプ場紹介
この記事は約5分で読めます。

以前、カンパーニャ嬬恋の区画サイトを利用してキャンプをしたのですが、その感想を書き忘れていました。

書き忘れていた、というより、写真の素材があまりなかったので書けていなかった、というのが正直なところです。

実は前回行った時は体調があまり良くなかったので、写真を撮る気力もありませんでした。

 

今回、The coleman campにて、2回目のカンパーニャ嬬恋に行ってきましたので、改めてまとめてみようと思います。

リンク : coleman初のキャンプフェス!「The Coleman Camp」の感想【ブログ】

スポンサーリンク

無印良品カンパーニャ嬬恋キャンプ場の営業情報

カンパーニャ嬬恋①

画像出典 : カンパーニャ嬬恋

まずは営業情報から書いていきます。

 

嬬恋村は長野県と群馬県のほぼ県境にあり、東京からだと少し遠めです。

とは言え、比較的遠め、というだけであって、長野旅行に行くこともあると思いますので、距離的には問題はないでしょう。

 

なお、目的地を設定する際は住所ではなく、「カンパーニャ嬬恋」で検索するのがおすすめです。

下記に公式サイトの住所を載せておきますが、ざっくりしていてこれでは辿り着けません。

大抵のナビには登録されていますが、ない場合はgoogle mapに案内してもらうのも手です。

 

住所群馬県吾妻郡嬬恋村干俣バラギ高原
チェックイン13:00〜18:00
チェックアウト8:00〜12:00
オートサイト利用料金大人2,160円、子供1,080円
その他サイト利用料金上記に加え、フリーサイト5,400円、ドッグランサイト3,240円
設備シャワーなし、徒歩圏内に温泉有り。

ゴミ捨て可。

トイレは比較的綺麗。

備考MUJI.netのメンバー登録が必要

 

オートサイトでは、基本的期には人数に比例して料金も高くなっていきます。

フリーサイトやドッグランサイトを利用したい場合は、それに更に追加料金を支払うようなイメージです。

料金体系は割とシンプルですが、平均から見ると少し高めの値段設定になっています。

 

※営業情報は変更されている場合がありますので、必ず公式サイトをご確認ください。

バラギ湖が見える広々としたキャンプ場

無印良品カンパーニャ嬬恋キャンプ場の麓には、バラギ湖という大きな湖があります。

この湖で遊ぶこともできるのですが、カンパーニャ嬬恋のキャンプサイトからはこのバラギ湖が良く見えます。

 

天気が良ければ、美しい湖に逆さに映る木々と、夏の日差しでありながらも涼しい、初夏の陽気を心の底から堪能できます。

カンパーニャ嬬恋②

 

区画によっては見えないところもあるので、景観を楽しみたい場合は高台のところのサイトか、フリーサイトを予約すると良いでしょう。

私が前回予約したサイトは眺めがあまりよくないサイトだったので、カンパーニャ嬬恋らしいバラギ湖の景色は、そこまで楽しむことはできませんでした。

スポンサーリンク

サイトの種類も豊富!

カンパーニャ嬬恋には、A~Hまでの8つの区画サイトと、フリーサイト、ドッグラン付きサイトの計10種類ものサイトがあります。

A~Hまではサイトの広さ、景観等によって分けられています。

カンパーニャ嬬恋③

 

どこも値段は同じなので、眺めの良いサイトの方が人気です。

ただでさえ人気の高いキャンプ場なので、その中でも人気の高いサイトを予約するためには、早めに抑えておく必要があります。

 

しかし仮に景観があまり良くない区画であっても、嬬恋の美味しい空気と自然、快適さは変わりません。

 

ちなみに嬬恋と言えば「嬬恋きゃべつ」が有名ですが、カンパーニャ嬬恋からもキャベツ畑が見えます

キャンプ場に来るまでの間に嫌でも大量のキャベツ畑を見ることになりますが、改めて見ると他では見られない貴重な長めです。

嬬恋キャベツ

画像出典 : カンパーニャ嬬恋

なお、季節やタイミングが合えば、キャベツの収穫体験なんかも出来るようです。

釣りやカヌー等のアクティビティも楽しめる

バラギ湖では、釣りやカヌーと言った水辺のアクティビティも楽しめます。

湖畔に行くだけで気持ち良い湖ですが、そういったアクティビティに参加すれば、良い思い出になること間違いなしです。

バラギ湖のアクティビティ

画像出典 : カンパーニャ嬬恋

 

私は基本的にテントの中でゆっくりするのが好きなので、あまりアクティビティには参加しないのですが、子供がもう少し大きくなったら分かりません

子供のうちにどれだけ色々なことに挑戦し、どれだけ失敗したかで、大人になってからの生き方は変わってくると思います。

 

キャンプだけに限った話ではありませんが、キャンプ一つとっても、なるべく多種多様な経験をさせることが、より豊かな人生を歩むための一歩になるのだと思います。

スポンサーリンク

徒歩圏内に温泉あり

カンパーニャ嬬恋キャンプ場から徒歩で5分程度の場所に、湖畔の湯という温泉があります。

 

カンパーニャ嬬恋にはシャワー等はないので、お風呂に入る場合はこの湖畔の湯に行くことになります。

カンパーニャ嬬恋自体は高機能キャンプ場というわけではないですが、近くに温泉があることにより、快適さは大きく向上しています。

 

私なんかは特に、キャンプに行くとお酒を飲むのが楽しみの一つなので、歩いて行ける範囲にお風呂があるのは非常に嬉しいです。

シャワーでも良いですが、湯船に浸かれるのは本当に快適です。

 

なお、車を少し出せば「つつじの湯」という温泉もあり、そちらもおすすめです。

少し温度は高めですが、気持ち良い温泉です。

つつじの湯

感想、まとめ。キャンパーから定評のあるキャンプ場!

無印良品カンパーニャ嬬恋キャンプ場は、キャンパーの間でも評価の高いキャンプ場です。

 

広々としたサイト、雄大な景色、自然、どれを取っても高水準です。

一般的に「開放的なキャンプ場」というイメージがぴったりなキャンプ場だと思います。

都会の喧騒を忘れ、伸び伸びとリフレッシュできます。

 

東京からは少しだけ距離がありますが、自然に囲まれて気分を一新したい方は、ぜひ訪れてみてはいかがでしょうか。

コメント