【デイキャンプ】稲毛海浜公園はテントやタープが張れる?

稲毛海浜公園の広場キャンプ場紹介
この記事は約5分で読めます。

先日、子供を連れて千葉県にある稲毛海浜公園に行ってきました。

 

タイトルの結論になってしまいますが、稲毛海浜公園ではデイキャンプをすることができます。

私はデイキャンプをしに行ったわけではありませんが、とても天気の良い日だったので、多くの人がデイキャンプを楽しんでいました。

 

注意事項等もあるので、あわせてご紹介します。

スポンサーリンク

稲毛海浜公園は千葉県にある巨大な公園

稲毛海浜公園は、千葉県にある海沿いの大きな公園です。

稲毛というと聞き覚えがないかもしれませんが、幕張というと多くの人が分かると思います。

稲毛=幕張ではないですが、非常に近い位置にあるので、凡その所在地は掴めると思います。

海岸

▲稲毛海浜公園には海岸があり、海に出ることができる。

 

東京からも車で行くことができるので、デイキャンプにおすすめです。

巨大な駐車場がある(有料)

有料ですが、巨大な駐車場があるので、車でアクセスすることが可能です。

いくらデイキャンプができると言っても、駐車場がなければ厳しいですよね。

電動キックボード

▲駐車場には、社会実験として、その場で借りられる電動キックボードも設置されていた。

 

駐車場は有料ですが、私が午前中から昼過ぎまでピクニックをした時は、数百円しかかかりませんでした。

都会の駐車場は高いイメージがありますが、稲毛海浜公園の辺りは都会というわけではないので、駐車料金は気にするほどではないでしょう。

テントやタープを張ってデイキャンプができる

稲毛海浜公園には広々とした芝生のエリアがあり、多くの人がテントやタープを張っていました

ポッポアップテントを広げているだけの人もいましたし、ガッツリツールームテントを張っている人もいました。

広い稲毛海浜公園

▲公園の芝生広場はとにかく広大で、伸び伸びと使用できる。

 

公園はものすごく広いので、人が多くてテントが張れない、ということはまずあり得ません。

私が行った日は初夏、晴天、土日という混雑条件が揃っていましたが、隣からはかなり距離を置いてテントを張ることができる状態でした。

稲毛海浜公園の広場

▲公園はこれでもかと言うくらい広いので、気持ち良いデイキャンプが楽しめる。

 

なお、公園なのでボール遊びや追いかけっこをしている子供がいますので、極力端っこの方に張るようにしましょう。

キャンプ場であれば、他人のテントやタープの前でボール遊びをしたり、周囲を追いかけっこしたりするのはあまり良くないですが、公園である以上、寧ろそっちが優先です。

スポンサーリンク

正しくは「ダメとは書いてないため、多くの人がデイキャンプをしている」

吊り下げ式テント

稲毛海浜公園のホームページ等に、「テントやタープを張ってデイキャンプしても良い」と書いているわけではありません。

とは言え、公園の使い方は無限大なので、「やっていいこと」を網羅して書くことはできません。

例えば、「スケボーは禁止です」と書いてある公園はあっても、「スケボーをしてもOKです」と書いてある公園はあまり見ません。

 

そのため、公式ホームページにはダメな事以外は基本的に書いていませんので、逆に書いていなければOKという理解で概ね問題ないと思います。

※もちろん社会通念上問題ない行為に限ります。

子供とピクニックした様子

▲我が家はデイキャンプをしに行ったわけではないので、レジャーシートでピクニックをしてみた。

 

しかし公園側も把握をしていないだけで、今後禁止になる可能性は十分あります。

もしも公園側から規制が入る場合は、公式ホームページ等で「テントやタープの設営禁止」という注意書きが加わると思います。

火気の使用(バーベキューや煮炊きなど)は禁止

バーベキューのイラスト

テントやタープを張ることはできますが、火気の使用は禁止されているので、焚き火をすることはできません

また、シングルバーナーを含め、火を使うギアは使用禁止です。

 

そのため、その場で食事を作ることはできませんので、稲毛海浜公園でデイキャンプをする場合はお弁当を持って行くようにしましょう。

歩いてはいけませんが、近くにコンビニもあるので、食料に困ることはないと思います。

 

「焚き火ができなきゃデイキャンプじゃないよ!」という方もいらっしゃるかもしれませんが、残念ながらテントやタープを張ってゆっくり過ごす、というところまでしかできません。

スポンサーリンク

火気はダメなのに手持ち花火はできる

手持ち花火のイラスト

稲毛海浜公園のよく分からないところが、「火気は禁止」と書いてあるのにもかかわらず、花火はOKなところです。

稲毛海浜公園の公式ホームページには、次のように記されています。

花火は他の公園利用者や周辺に迷惑とならない範囲で市販の子ども用花火などを行うことが可能です。

爆竹やロケット花火など、大きな音の出る花火は出来ません。

 

花火に火をつける時はどう考えても火気を使うのですが、あまり細かいことは気にしないでおきましょう。

火を使ってバーベキューをしたり、焚き火をしたりすることはダメですが、花火は手持ちであればやっても良い、と理解をしておくだけです。

感想、まとめ。稲毛海浜公園でゆったりデイキャンプ!

千葉県にある稲毛海浜公園は、テントやタープを張ることができる公園です。

 

ただし、公園の公式ホームページなので「テントやタープOK」と明言されているわけではないので、今後禁止される可能性があります。

そのため、行く前に必ず公式ホームページをチェックしてください。

少なくとも執筆時現在、特にそういった注意書きはないですし、多くの人がタープを張って過ごしていました。

稲毛海浜公園の広場

▲どこまでも続く広い公園は本当に気持ち良い。

 

火気を使えないので「デイキャンプ」と言えるかは分かりませんが、テントの試し張りや雨撤収後の乾燥等に活用できます。

近くにお住まいの方は、ぜひ訪れてみてはいかがでしょうか。