海の景色と強風と!富津金谷オートキャンプヒルズの感想!

富津金谷オートキャンプヒルズの夕日キャンプ場紹介
この記事は約6分で読めます。

千葉県富津市にある、富津金谷オートキャンプヒルズに行ってきました。

比較的新しいキャンプ場ですが、設備もしっかりしており、快適にキャンプができます。

 

しかし今回利用したフリーサイトは、公式サイトにも「上級者向け」と書いてありました。

その理由は風の強さにあるのですが、今回暴風に見舞われ、身をもって体験することができました。

スポンサーリンク

富津金谷オートキャンプヒルズの営業情報

まずは基本的な営業情報からご紹介していきます。

富津金谷オートキャンプヒルズにはA~Eの5つのサイトがあり、サイトによって料金や利用形態も異なります。

そのため、詳細については自身のプランを決めた上で確認することが必要です。

サイトの看板

▲サイトの案内はとても分かりやすく出ているため、基本的には迷うことはない。

 

 

住所千葉県富津市金谷894-1
チェックイン13:00~
チェックアウト~10:30
料金Aドッグランサイト:11,000円~、B区画サイト:8,800円~、Cドッグランサイト:11,000円~、Dフリーサイト:7,700円~、Eソロサイト:4,400円~
お風呂コインシャワー有
その他ゴミ回収有料(500円)、グルキャン不可

 

今回私が利用したのはDサイトになりますので、「Dサイトを利用した感想」が中心になっています。

ただし、キャンプ場全体を歩いて回ったので、全体的な雰囲気を含めてお伝えしていこうと思います。

富津金谷オートキャンプヒルズのトイレ

▲完成して日の浅いキャンプ場のため、施設は全体的に綺麗。トイレもウォシュレット完備で、快適だった。

※営業情報は変更されている場合がありあますので、行く前に必ず公式HPをチェックしてください。

区画サイト(A・B・C)と上級者向けフリーサイト(D・E)がある

富津金谷オートキャンプヒルズには、A・B・C・D・Eの5つのサイトがあります。

それぞれ用途に合わせて、下記のように分けられています。

  • A:ドッグランサイト
  • B:区画サイト
  • C:ドッグランサイト
  • D:フリーサイト
  • E:ソロサイト

 

A、Cはドッグランサイトとなっていますが、「ペット可」となっているだけで、ペットがいなければ使えないわけではなさそうです。

もちろん、ドッグランサイトの方が料金は高くなっているので、勿体ない感はあります。

Aサイトの様子

▲Aサイトの様子。四方を柵で覆われているため、ペットを連れていても安心だ。

 

フリーサイト、ソロサイトからの景色は絶景ですが、風防がなく風が強いため、上級者向けのサイトになります。

Dサイト・Eサイトからの景色

▲Dサイト・Eサイトには風防がない分、非常に眺めが良い。

スポンサーリンク

フリーサイト(Dサイト)とソロサイト(Eサイト)は強風注意!

私が今回利用したのはフリーサイトですが、予約時点から「フリーサイトは上級者向け」と書いてありました。

 

A~Cサイトは柵で囲われており、プライベート感を出すと同時に風防の役割も果たしていました。

千葉県はそもそも風が強い地域が多く、更に高台に位置する富津金谷オートキャンプヒルズはその中でも風が強い地域となります。

Dサイトの写真

▲Dサイトは遮るものが何もなく、開けている。強風時には砂埃も舞うため、更に過酷な状況になる。

 

通常、海沿いのキャンプ場では防風林等によって風を防いでいますが、景色が悪くなってしまうというデメリットがあります。

Dサイトのフリーサイトは美しい景色を残す代わりに、風を防ぐものが一切なく、もろに風の影響を受ける構造になっています。

強風注意報の日に行ったら大惨事

風が強い様子

私が予約した日は、たまたま強風注意報が出ている、特に風が強い日でした。

平地でさえかなり風の強い日でしたが、風を遮るものが何もない高台は、まさに「突風」という表現が正しい状態でした。

 

1日目は「風が強い」くらいだったので、何とかキャンプはできましたが、深夜から風が吹き荒れ、翌日は油断するとコットやチェアが宙に舞うほどの突風でした。

当然、落ち着いてキャンプなんてしている場合ではないので、翌日は朝食も取らず、速やかに撤収しました。

 

管理人も「ここまでの強風になるとは・・・」と言うくらいの強さでしたが、富津市に強風注意報が出るのは珍しいことではありません。

そのため、天気や気温だけでなく、風の強さもしっかりとチェックしていくことをおすすめします。

景色が良いのもフリーサイト

上述のように風が強いフリーサイト(Dサイト)ですが、眺望が良いのもフリーサイトです。

富津金谷オートキャンプヒルズの夕日

▲サイトから見える夕日は絶景。この景色が見られるなら、風が強いのも我慢できる。

 

区画サイトはプライベート感を重視しており、柵で囲われています。

他人の目を気にせず快適にキャンプができる反面、景色は悪くなってしまいます。

富津金谷オートキャンプヒルズの区画サイト

▲A~Cサイトの様子。柵が風防の役目を果たしているため、安定したキャンプができる。

 

また、フリーサイト(Dサイト)とソロサイト(Eサイト)は富津金谷オートキャンプヒルズの中でも特に高台に作られており、美しい海を見ながらキャンプができます

スポンサーリンク

天気予報の風速もチェックして予約しよう

キャンプ場を予約する時に、風の強さを見ないで予約する人は多いのではないでしょうか。

 

整備されたフィールドキャンプにおいては、防風林を設置する等、風に対する配慮がされています。

しかし富津金谷オートキャンプヒルズは、キャンプサイトの一部を景色を良くするために敢えて風対策を行わず、「上級者向け」として開放しています。

 

風は直前で大きく変わることもありますが、もし強風注意報等が出ているのであれば、キャンセルするのも選択肢の一つです。

当然キャンセル料はかかりますが、自然の状況を見て、勇気ある撤退ができるのもキャンパーです。

感想、まとめ。太平洋を一望できる絶景キャンプ場!

今回のキャンプは、千葉県にある、富津金谷オートキャンプヒルズに行ってきました。

まだ完成して日が浅いキャンプ場のため、施設等も綺麗で快適でした。

自動販売機と炊事場

▲炊事場には自動販売機も設置されており、24時間ジュースや飲み物を買うことができる。

 

サイトはA~Eまであり、私が利用したDサイトは、風が強い上級者向けですが、眺めが良いサイトでした。

夕日の沈む海を眺めながら飲むお酒は、本当に最高でした。

 

風の強さは日によって異なりますが、風が強い日はキャンプどころの騒ぎではないので、天気予報はよく確認しておくことをおすすめします。

強風注意報が出ている日は、Dサイトはかなり荒れると思いますので、それなりの覚悟と準備が必要となるでしょう。