防災用にも!コールマンのバッテリーガードLEDランタン

バッテリーガードLEDランタン ランタン
この記事は約7分で読めます。

ランタンと言えば、ロゴにも採用されている圧倒的老舗企業、コールマン(coleman)。

コールマンと言えばキャンプ道具を製作するメーカーですが、そんなコールマンから防災性能の高いランタンが登場しました。

 

その名も、「バッテリーガード LEDランタン」。

バッテリーガードLEDランタン

画像出典 : 楽天市場

どの辺りが災害に強いのか?

というかバッテリーガードって何なのか?という点について、解説しようと思います。

スポンサーリンク

バッテリーガードとは?

バッテリーガードとは、使用していない間の電池の劣化を防ぐための機能です。

バッテリーガードという名前だけで考えると、外部の衝撃からバッテリーを守ってくれるように聞こえるかもしれませんが、実際は内側からの侵攻を防ぐようなイメージの方が正しいです。

 

どういうことかと言うと、防災用品は実際に使用する機会が少ないので、普段は防災セットとして備えておきます。

そしていざという時に使用する、という使い方になります。

もしかしたら一生使わずに終わるかもしれませんし、寧ろ使わないでくれた方が幸せです。

 

しかしその「いざ」というタイミングが来たとしても、電気製品は電池がなくて使えないこともあります

ランタンとして明かりをつけなくても、置いておくだけで少しずつ漏電していくのです。

防災用のランタンを定期的に充電していれば良いのですが、日常生活で使用しないものとなると、ついつい忘れがちです。

 

そんな「いざという時に使えない」という状態にならないよう、バッテリーを漏電から守るのが「バッテリーガード」です。

バッテリーと電極を絶縁状態にすることで、バッテリーからの漏電を最小限に留めています。

バッテリーガードの仕組み

画像出典 : coleman 

 

また、バッテリーガードには液漏れを防ぐ効果もあります。

電池の予備があっても、液漏れによって使えない、ということも防いでくれます。

 

キャンプと防災は似ている

バッテリーガード LEDランタンはキャンプ用品ではなく防災用品なのかと言われると、「どちらでも使える」というのが回答になりそうです。

 

バッテリーガードという性能は防災用品寄りの機能ですが、明るさも十分です。

もちろん明るさだけでなくデザイン性もあり、ただの防災用品と言うのはもったいないスペックです。

バッテリーガードLEDランタン②

 

寧ろ「バッテリーガード」という特性を除いては、キャンプ向きのランタンと言っても過言はないでしょう。

防災用として十分な機能を発揮すると同時に、キャンプのシーンでも活躍してくれます。

 

普段は防災用として寝室に置いておき、キャンプに行くときにはギアボックスに入れて持っていく、という使い方もできると思います。

問題はキャンプに持って行き忘れることですね。笑

スポンサーリンク

バッテリーガード LEDランタンのスペック

上記で少しスペックの高さに触れましたが、詳しい製品情報をご紹介していきます。

 

ホームセンターで売られている防災用品と異なり、キャンプやアウトドアのシーンで良い雰囲気を出せるよう、すりガラス加工により優しい光になっています

そういう意味でも、キャンプ向きのランタンと言えそうです。

 

本体サイズ 約φ11.0cm×21.5(h)cm
重量 約570g
材質 ABS樹脂、他
明るさ High 1000ルーメン/Medium 250ルーメン/Low 75ルーメン
連続点灯時間 High・Flashing約14時間 / Medium 約80時間 / Low 約200時間 / Flashing 約400時間
照程距離 High約16m/Medium約10m/Low約6m
スイッチモード Off / Low / Medium / High / Flashing
使用電源(電池) アルカリ単1形乾電池 4本(非付属)
防水性能 IPX4 対応

 

改めて見ても、防災用品としての機能を備えたLEDランタンですが、単なる防災用品だと割り切るのは勿体ないスペックです。

バッテリーガード性能によってより便利に、使いやすくなったLEDランタン、という表現の方が適切に表していると思います。

200ルーメン、600ルーメン、800ルーメン、1,000ルーメンから選べる

バッテリーガード LEDランタンはスペックの異なる4種類のラインナップがあります。

基本的には明るさが異なり、暗いもので200ルーメン、明るいもので1,000ルーメンまであります。

スペックによって値段が異なるので、自分の使用用途にあわせて購入すればよいでしょう。

 

もしキャンプ用として使うのであれば、1,000ルーメンがおすすめです。

バッテリーガード LEDランタンの明るさは微調整できるので、1,000ルーメンのものを買っておけば臨機応変に使っていくことができます。

バッテリーガードLEDランタン④

 

(下記リンクは200ルーメン)

 

最大1,000ルーメンの高出力で周囲を照らす!

バッテリーガード LEDランタンの特筆すべきところは、1,000ルーメンもの光量です。

 

LEDランタンで1,000ルーメンを超えられるものは少なく、高出力のLEDランタンと言うことができます。

リンク : LEDランタンの選び方は?メリット・デメリットともに解説

LEDランタンの明るさ比較

 

防災用品としても明るさはあった方が良いですし、これならキャンプにおいてメインのLEDランタンとして使用することができます。

スポンサーリンク

防水性能やすりガラス加工等、アウトドア向き性能も多数

「バッテリーガード」という差別化ポイントを強調すると、防災用品寄りのような気がしますが、個人的にはこれはキャンプ寄りの商品だと思います。

バッテリーガードLEDランタンには、単純な防災用品であれば不要、とまでは言わないものの、防災の観点ではそれほど必要性のない機能も備わっています。

 

たとえば、明かりを優しい光にする、ほや(グローブ)のすりガラス加工。

単純な防災用品であれば、あたたかみのある加工はあまり必要ありませんし、デザイン性に拘る必要もありません。

バッテリーガードLEDランタン③

画像出典 : coleman

 

また、バッテリーガード LEDランタンは防水性能を備えており、これもアウトドアで活躍する能力と言えるでしょう。

(災害時に役立つ場合もありますが)

個人的な意見ですが、総合的に考えるとこれは「アウトドアにも使える防災用品」ではなく、「防災用品としても活用できるアウトドア用品」という表現が適切だと感じました。

感想、まとめ。ライトの雰囲気も抜群!防災兼用におすすめ

バッテリーガードは防災用品として重要な機能ですが、総合的には「キャンプ用品」と言えるでしょう。

 

明るさ、防水性能、デザイン、どれを取ってもハイスペックなLEDランタンと言えると思います。

それでいてバッテリーガードにより防災用品としても活用でき、まさに一石二鳥なランタンです。

 

バッテリーガードがあってよかった、というような災害が怒らないことを祈るばかりですが、未来にどのような災害が起こるか分かりません。

もしかしたら家族に購入の相談をする時に、「防災用品だよ」と言う言い訳ができるかもしれませんね。笑

 

コメント