【2024年新作】お手軽燻製器の決定版!LOGOSの森林 ちょっとスモークするリッド

この記事は約5分で読めます。

キャンプギアメーカーのLOGOS(ロゴス)から、またまた魅力的なギアが登場しました。

その名も、「LOGOSの森林 ちょっとスモークするリッド」です。

 

リッドとは「蓋」のことで、コンビニでコーヒー等を買った時に被せるアレのことを指すようです。

LOGOSはド直球な名前が多いのに、今回のギアはとてもおしゃれなネーミングですね。

スポンサーリンク

LOGOSの森林 ちょっとスモークするリッドのスペック

ちょっとスモークするリッド

ちょっとスモークするリッドは、ほんのひとつまみのスモークチップを乗せ、火をつけることで手軽に香りをつけられる燻製器です。

構造も非常にシンプルですが、ありそうでなかったアイデアギアだと思います。

燻製は好きだけど手間が嫌だ、という方に、ぜひ使っていただきたいギアです。

チップを入れて燻製

▲使い方はリッドの中央にチップを入れて火をつけるだけ。簡単に燻製ができる。

 

【スペック】

総重量(約)90g
使用サイズ(約)直径13.3×高さ5cm
収納サイズ(約)直径13.3×高さ3cm
主素材スチール(琺瑯加工)

 

材質はいわゆる「ホーロー」です。

金属製のギアなので、スモークチップに直接火をつけても破損したりすることはありません。

そのような使い方をすることはありませんが、材質だけなら直接ガスコンロに当てても問題ない耐久性です。

マグやシェラカップに乗せるだけで簡単燻製

リッドという言葉が「蓋」だと言いましたが、ちょっとスモークするリッドはその名のとおり「蓋」として使うギアです。

つまり使用するためには燻製するための食べ物をいれる入れ物が必要なのです。

リッド本体

▲リッドは蓋のことなので、本体はこれだけ。完成をするにはカップ等が必要。

 

この入れ物はある程度のサイズであれば基本的に何でも良く、シェラカップでもOKです。

シェラカップに燻製の具材を入れ、上にちょっとスモークするリッドを乗せ、点火すれば完成の出来上がりです。

 

ただし、燻製で使うと非常に落ちにくいベタつき汚れがつくので、使用するものは燻製専用として使うのがおすすめです。

1〜2回の使用であればそこまでこびり付きませんが、複数回使用すると別のものに使う気があまり起きないくらいの汚れが付着します。

飲み物にも使用可能

ちょっとスモークするリッドは、マグカップの上に乗せて使用することもできます。

そのため、ドリンクに燻製の香りをつけることもできます。

煙の動き

▲底が飲み物に付かないように注意すれば、液体にも香りをつけることができる。

 

しかし上述の通り、カップの内側に汚れが付着するので、お気に入りのマグ等でやるのは避けた方が無難です。

スポンサーリンク

電池を使うタイプは壊れやすい

お手軽に燻製するギアと言えば、電池で動くスモークキットがあります。

煙の量だけ言えば、電池式の燻製器の方が多いかもしれません。

ポータブル・ハンディ燻製器の使用例

▲昔使っていた燻製器。使い勝手はとても良かったが、耐久性には難があった。

 

しかし電池式のものは、中のファンについた汚れがとれず、また熱で回路にダメージが加わり、壊れることが多々あります。

安いものなので諦めていますが、私も過去に持っていたものは壊れてしました。

 

ちょっとスモークするリッドはホーロー製で細かいパーツもないため、何十年でも壊れません。

電池式はホースで燻製できるメリットがありますが、長く楽しむ観点ではちょっとスモークするリッドの方に軍配が上がります。

丸洗いでメンテナンスも楽

ちょっとスモークするリッドは、細かいパーツがないため丸洗いできるのも魅力です。

先ほどのように、電池を使ったり、ファンがついていたりするものは、分解して細部まで洗うのが困難です。

また、細かい構造が多いとスポンジでは洗いにくく、徐々に汚れがこびりついてしまいます。

 

ちょっとスモークするリッドは、極端な話、食洗機に入れて洗うこともできます。(あまり汚れは落ちないかもしれませんが)

ホーローという素材自体が汚れにくい素材ですので、手入れはほとんど気を使わず、食器の一つとしてジャブジャブ洗うことができるのも魅力です。

煙の出る様子

▲パーツは本体と上蓋のみなので、簡単に洗える。チップを入れる部分はしっかり汚れを取る必要がある。

スポンサーリンク

加熱不要な具材のみ。自宅でもお手軽燻製

ちょっとスモークするリッドは、ほんのり温かい煙が出るものの、食材を温める能力はありません。

一般的な、火を使う燻製(熱燻)であれば、同時に食品を加熱することもできます。

そのため、生肉のような加熱を要する食材を燻しながら調理することが可能です。

 

しかしちょっとスモークするリッドはあくまでほんのり香り付けするのみなので、完全に調理が終わっているものや、調理の必要がないものでなければいけません。

定番はナッツやうずらの卵等ですが、個人的には焼きたらこなんかもおすすめです。

ちょっとスモークするリッドでの調理

▲ちょっとスモークするリッドには、加熱が必要ない食品を入れると良い。

感想、まとめ。大注目のLOGOSの新作ギア

ロゴスのロゴマーク

今回ご紹介したちょっとスモークするリッドは、LOGOS(ロゴス)の2024年新作ギアの中でも注目のギアです。

テントやタープ等はそう簡単に買い替えられませんが、こう言った小物ギアであれば、手軽に買い足すことができるのも魅力です。

キャンプは道具を使うことを楽しむ趣味でもあるので、新しいギアを買い、刺激を受けるのも楽しみの一つです。

 

ちょっとスモークするリッドであれば、キャンプだけでなく、自宅でも使えるので、友人が来た時に少し楽しむのも良いでしょう。

使い勝手と耐久性においては、最強クラスのプチ燻製器だと思います。

// adsense遅延