キャンプ・アウトドアグッズ一覧

サーカスtc(Circus-tc)で雪中キャンプに挑戦してみた

テントマークのサーカスtcで、湖も凍る群馬県の赤城湖(大沼)で雪中キャンプをしてきました。コットン混紡で暖かいサーカスtcですが、-10℃を下回る環境下でもキャンプできるのでしょうか。色々と反省点も多かったので、その記録を綴っていきます。

キャンプの定番、スノーピークのチタンマグは直火にかけて良いの?

写真等で火にかけているところをよく見るスノーピークのチタンマグですが、注意事項には直火NGと書かれています。特にダブルマグは火にかけると破裂する危険があります。構造を理解して正しい知識を持ち、安全にキャンプを楽しみましょう。

レインボーストーブのガラスが食べ物・飲み物で汚れた時の落とし方

レインボーストーブは美しい七色の炎が魅力的なストーブです。対流型ストーブのため、上に食べ物や飲み物を乗せると過熱・保温ができるのですが、うっかりガラス面を汚してしまうことがあります。そんな時は強くこすらず、激落ちくんを使って汚れを取りましょう。

冬の赤城湖キャンプ場(赤城大沼)でワカサギ釣りと雪中キャンプ!

湖が凍り、穴を開けてワカサギを釣れることでも有名な赤城湖キャンプ場に、冬キャンプに行ってきました。標高が高いため、気温が低くなるのはもちろんのこと、風も強く吹いていました。冬に行かれる方は、最大限の防寒具を持って行くようにしましょう。

スノーピークのギガパワーガス プロイソを極寒の雪山で使ってみた

スノーピークから発売されている寒冷地対応のOD缶、「ギガパワーガス プロイソ」を使ってみました。外気温-10℃を下回る雪山でしたが、プロパンとイソブタン混合のギガパワーガスは問題なく点火できました。しかし、連続使用時には注意が必要です。

スノーピークのテーブルランタン「ノクターン」は十分明るく実用的!

スノーピークのテーブルランタン、ノクターンを購入しました。コールマンのルミエールランタンと悩みましたが、圧倒的なコンパクトさが決め手で決定しました。小さいながらも明るさは十分で、特に星や夜景が見えるキャンプで使うと雰囲気抜群です。

CHUMSのブービーマルチハードケースでキャンプ道具を整理!

キャンプ道具が増えてきて整理に困ったら、ギアケースを買うことをおすすめします。チャムスのブービーマルチハードケースはソフト素材の間仕切りもついており、整理に最適です。デザインもチャムスらしく可愛いものになっており、カラーバリエーションも豊富です。

ビクトリノックスの十徳ナイフ(マルチツール)を20年使用!耐久は?

十徳ナイフ、アーミーナイフ、マルチツール等、呼び方は様々ですが、そういったものを一つ持っていると便利です。特にビクトリノックス製は耐久性が高く、私は20年間使用していますが、壊れる気配はありません。キャンプだけでなく、旅行の際にも活躍します。

冬キャンプの楽しみ方!冬キャンプには夏では味わえない魅力がある!

冬にキャンプをしていると、何故こんな寒い時期にわざわざキャンプをするの?と聞かれます。しかし、冬キャンプには、夏では味わえない魅力がたくさんあります。人が少ない静かなキャンプ場、美しい星空、温かいスープなど、その魅力は語りつくせません。

ミニキャンドル(100円均一)の炎でキャンプを少し幻想的に!

100円均一で売っているミニキャンドルをキャンプ場に持って行ってみました。火のゆらめきには癒し効果があるとされていますが、ついつい見入ってしまいます。ビンに入れるとより幻想的に見えます。サイズはちょうどワンカップくらいがおすすめです。