スポンサーリンク

本物の温泉とキャンプ!鬼怒川温泉オートキャンプ場の感想

温泉地としても有名な鬼怒川温泉ですが、そこに「上滝乃湯」という温泉が付いたキャンプ場があります。

名前はストレートに、鬼怒川温泉キャンプ場です。

鬼怒川温泉キャンプ場

画像出典 : 鬼怒川温泉キャンプ場

上滝乃湯はキャンプ場利用者限定ではなく、日帰り温泉としても営業している本格的な温泉です。

スポンサーリンク

鬼怒川温泉オートキャンプ場の基本情報

鬼怒川温泉オートキャンプ場は栃木県日光市にあるため、キャンプだけでなく観光も楽しめます。

  • 住所 : 栃木県日光市鬼怒川温泉滝1053
  • 電話 : 0288-77-2334
  • チェックイン : 13時〜17時
  • チェックアウト : 8時〜11時
  • 料金 : オートキャンプ4,000円、AC電源+1,000円、入場料一人500円
  • 入浴料 : 一人500円

値段は平均的なキャンプ場価格です。

温泉も一人500円かかりますが、本物の温泉を使用しているので安いです。

このキャンプ場に来たからには是非入って行ってください。

※営業情報は予告なく変更される場合がありますので、行く前に必ず公式サイトを確認してください。

温泉好きにはたまらない、本物の温泉付き!

鬼怒川温泉キャンプ場を名乗っているとおり、このキャンプ場には本物の温泉「上滝乃湯」が付いています。

鬼怒川温泉キャンプ場の上滝乃湯

温泉自体はそれほど広いわけではないですが、ちゃんと洗い場も付いており、500円なら十分満足できます。

温泉効果で血行を良くして、ぜひ自然の風を楽しんでください。

ただし、東京と比較して気温も低いですので、湯冷めには注意が必要です。

(特に冬キャンプの際はよく髪を乾かし、湯冷めしないようにしてください。)

さらに、鬼怒川温泉キャンプ場の魅力は、帰りに観光や色々な温泉も楽しめることもあります。

鬼怒川温泉は世界遺産の日光が近く、東照宮(見ざる、言わざる、聞かざるの三猿等)を始めとして、奥日光の硫黄泉の温泉、東武ワールドスクエア等の観光地がたくさんあります。

キャンプだけでなく、温泉旅行目的でも行けるような場所ですので、帰りに観光を楽しんでみてはいかがでしょうか。

キャンプ場から河原に降りて遊べる

鬼怒川温泉キャンプ場の近くには河原があり、降りて遊ぶことができます。

鬼怒川温泉キャンプ場の河原

川の水は綺麗なので、見ていて癒されます。

また、川の流れも穏やかなので、夏には子供連れで賑わいます。

水場は子供にとってはたまらない遊び場です。

お子様と行かれる場合は、ぜひ水鉄砲等の遊び道具を持って行ってください。

濡れた後は温泉に入れるので、気兼ねなく遊びまわることができます。

サイトが少し狭い

本物の温泉が併設されており、河原でも遊べる魅力的なキャンプ場ですが、キャンプ場のサイトは少し狭いです。

区画が定められており、他のテントとほぼ隣接するような形になります。

また、ロープを思い切り張ると隣の区画に出てしまうので、かなり急な角度でロープを張ることになります。

風がなければそこまで不便ではないですが、やはり少し開放感に欠けます。

キャンプ場に広さと開放感を求める方は窮屈感を感じるかもしれません。

とは言え、自分の空間を上手く作ることができればそこまで気になりませんので、どこまで開放感を求めるかが判断基準になるかと思います。

まとめ、感想

鬼怒川温泉キャンプ場は、本物の温泉「上滝乃湯」が併設されているキャンプ場です。

キャンプも温泉も好きな方にとっては、どちらも楽しめるまさに一石二鳥なキャンプ場です。

さらに世界遺産の日光をはじめとした有名な観光地も多数ありますので、観光も楽しめば一石三鳥も可能です。

区画自体が少し小さいですが、上手く設営してしまえばそこまで気になりません。

温泉から出た後のビールは格別ですので、多少区画が小さくても十分行く価値はあると思います。

キャンプも温泉も好きだ!と言う方は一度行ってみてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク