冬キャンプ一覧

冬キャンプ用のアウトドアグッズをご紹介します。

レインボーストーブの炎が赤一色!?ガラスに映る炎の色が悪い時は?

レインボーストーブのガラスに映る炎の色が、美しい七色から赤一色(オレンジ一色)になってしまいました。汚れを掃除したり、火力調整をしてみたりしましたが、結局は物凄く単純な原因でした。レインボーストーブの色が悪いとお悩みの方は是非ご参考にしてください。

こたつキャンプのやり方!使いやすいこたつのサイズや熱源を考える

キャンプメーカーから公式ギアも発売され、一つのキャンプスタイルにもなりつつある、こたつキャンプ。AC電源を活用するタイプと、湯たんぽを使うタイプとがあります。今回はこたつキャンプのやり方とこたつの種類、そして選び方などをご紹介していきます。

冬キャンプって何するの?冬キャンプの楽しみ方おすすめベスト3

冬キャンプって何するの?何が楽しいの?と聞かれることがあります。答えは人それぞれ違うと思いますが、私が冬キャンプでやること、楽しみにしていることをご紹介します。勝手ながらランキング形式で書いていきますので、ご参考にしてください。

秋〜冬キャンプのシュラフに!コールマンのフリースEZキャリーの感想

コールマンのフリース生地のシュラフ、「フリースキャリーEZ スリーピングバッグ」を買ってみました。肌触りが良く、気持ち良いので、深い睡眠が取れます。おすすめのシュラフですので、実際に使用してみた感想をブログに書いていこうと思います。

【初心者向け】冬キャンプ入門!注意点と必要な道具、防寒対策は?

冬キャンプに興味があるけど、何を買ったらいいか分からない、という方も多いと思います。今回は初心者向けに、冬キャンプに必要な道具や防寒対策のコツ、そして事故を起こさないために注意すべきことを書いていきます。冬キャンプに初挑戦する方は、ぜひ読んでください。

寒冷地でOD缶を使う!モンベルのカートリッジソックプロテクターの感想

モンベルのカートリッジソックプロテクターは、OD缶(ガス缶)につけるカバーです。ガス缶は冷気に弱く、冬キャンプではその機能を発揮できない場合がありますが、カバーをして保温力を高めることで、より長時間使用することができます。

レインボーストーブの給油口は約2cmしかない!百均アイテムで対応

レインボーストーブの給油口は非常に小さく、一般的な給油ホースでは注ぐことができません。とは言え、レインボーストーブ専用に新しくホースを買うのは勿体ないですし、ホースは持ち歩くのにも邪魔です。そこで、百均で売っている漏斗が役に立ちます。

サーカスtc(Circus-tc)で雪中キャンプに挑戦してみた【ブログ】

テントマークのサーカスtcで、湖も凍る群馬県の赤城湖(大沼)で雪中キャンプをしてきました。コットン混紡で暖かいサーカスtcですが、-10℃を下回る環境下でもキャンプできるのでしょうか。色々と反省点も多かったので、その記録を綴っていきます。

レインボーストーブのガラスが食べ物・飲み物で汚れた時の落とし方

レインボーストーブは美しい七色の炎が魅力的なストーブです。対流型ストーブのため、上に食べ物や飲み物を乗せると過熱・保温ができるのですが、うっかりガラス面を汚してしまうことがあります。そんな時は強くこすらず、激落ちくんを使って汚れを取りましょう。

冬の赤城湖キャンプ場(赤城大沼)でワカサギ釣りと雪中キャンプ【ブログ】

湖が凍り、穴を開けてワカサギを釣れることでも有名な赤城湖キャンプ場に、冬キャンプに行ってきました。標高が高いため、気温が低くなるのはもちろんのこと、風も強く吹いていました。冬に行かれる方は、最大限の防寒具を持って行くようにしましょう。